ファシリテーションと組織活性化

2005年03月01日

社員がワクワクして仕事をする仕組み!

3回かけて、ファシリテーションについてお話しましたね。

意見の対立から創造的な解決策を生み出すファシリテーション

「対立」から「解決策」を創造するファシリテーション(2)

「6色ハット法」を会議やコーチングに応用するとどうなる?


ファシリテーションは、今日の記事のテーマでもある「社員がワクワクし
て仕事をする仕組み」を作る上でも、強力に役立つスキルです。
今後、「企業変革」の鍵を握るキーワードにもなってくると思います。

そして今日は、ファシリテーションについての基本を一から学べるブログ
の情報を紹介します。
誰が作っているブログだと思いますか?


それと今日は、2月に読んだ本の中でおすすめトップ1も発表します。続きを読む

procoach at 23:07|PermalinkComments(17)TrackBack(0)clip!

2005年02月27日

「6色ハット法」を会議やコーチングに応用するとどうなる?

24日の記事以降は、ファシリテーションについてのお話をしています。

今日は、ある企業の役員会議の一場面から始まります。

会議の「目的とゴール」「進行の流れ」「ルール」を確認した後、ファシ
リテーター(F)が次のように進めていきました。

F「それでは皆さん、まずは黄色帽子(ハット)をかぶって下さい。今回
  の新商品開発プロジェクトについて、プラス思考で肯定的な意見をド
  ンドン出してください。」

(参加者から肯定的な意見がいろいろ出る)

F「皆さん、次は黒い帽子にかぶり替えて下さい。リスクや懸念や反対意
  見をドンドン出してください。」

(参加者から否定的・批判的な意見がいろいろ出る)
続きを読む

procoach at 21:20|PermalinkComments(20)TrackBack(2)clip!

2005年02月25日

「対立」から「解決策」を創造するファシリテーション(2)

意見が対立した時に、勝つか負けるかではなくて、双方が満足できる結論
を探す方法がある(=ウィン・ウィン)ことを、昨日紹介しましたね。


今日は、ウィン・ウィンの結論を出すためのプロセスを考えてみましょう。
ある新婚夫婦の会話の例で考えてみます。

休日の前日に、1台の自家用車をめぐって対立が生じています。

夫「明日は、僕は課長(上司)の新居に行くんだ。課長は家を建てたばか
  りで、課のメンバーが全員招待されてるんだ。だから車を使うよ。」

妻「ちょっと待ってよ。私はデパートに行く予定なの。だから車は私が使
  いたいの。」

夫「デパートなら電車でも行けるだろう。僕はお祝いに観葉植物を持って
  行くから車がいいんだ。」

妻「私はいろいろ買い物する予定だから、帰りは荷物でいっぱいになるわ。
  それ持って電車やバスにのるのはイヤよ。」

さて、ここからウィン・ウィンに持っていくためには、どうすればいいで
しょうか?
あなただったら、どうしますか?続きを読む

procoach at 21:32|PermalinkComments(21)TrackBack(2)clip!

2005年02月24日

意見の対立から創造的な解決策を生み出すファシリテーション


両親と11歳の男の子、9歳の女の子の4人家族がいます。

今年の夏休みを楽しむために、今のうちに別荘を買おうということになり
ました。

そして、家族の間に意見の対立が起きました。

父と息子は山を歩くのが好きで、母と娘は海で泳ぐのが好きなのです。
別荘の場所を山にしたい父・息子組と海の近くにしたい母・娘組が対立を
始めたのです。

父・息子組は「なぜ山が楽しいのか」を語り、母・娘組は「海の素晴らし
さ」をアピールしました。続きを読む

procoach at 19:59|PermalinkComments(22)TrackBack(3)clip!