2017年10月08日

人間関係で繰り返してしまうパターンを解消するための切り口。


おはようございます、野口嘉則です。

今回は、

人間関係において繰り返してしまうパターン
を解消するための切り口、

をお話しします。



その前に、
オンライン自己実現塾のご案内を
しておきますね。

お申し込み締め切り日は、
今週の水曜日(11日)です。
http://noguchiyoshinori.com/



では、話をはじめましょう。



僕たちは人間関係において、
自分特有のパターンを繰り返しがちです。



たとえば、高校生のころの僕は、

自分が周囲から受け入れられていない
という気がして、
自ら心を閉ざしてしまう、

というパターンを繰り返していました。


また、20代前半のころの僕は、

相手の機嫌を気にするあまり、
自分の気持ちをいつも抑えてしまい、
言いたいことを言えない、

というパターンや、


相手からの評価が気になり、
そのままの自分では低くみられてしまう
気がして、
無理をして、自分を演じてしまう、

というパターンを繰り返していました。



こういった自分特有のパターンは、

多くの場合、
自分が子どものころの親との関係や、
親から受けたメッセージに、
大きな影響を受けています。



別のケースでお話ししましょう。

かつてワーカホリック(仕事中毒)だった
A子さんは、
当時、心身ともに疲弊していました。

会社の仕事を遅くまで頑張ったうえに、
自宅まで仕事を持って帰ることもありました。

体調を崩して熱があるときも、
仕事のペースを落とすことなく働きました。

典型的なワーカホリックだったのです。



あるとき、心配した友人から、
「2〜3日休暇を取って、
やりたいことでもゆっくり楽しんだら?」
と言われたのですが、

ゆっくり楽しんではいけないような気がして、
休暇を取れませんでした。

楽しもうとすると罪悪感を感じるのでした。

それに、
「自分のやりたいことは何だろう?」
と考えても、
答えが見つかりませんでした。



A子さんは、子どものころ、
親から、

「イヤなことでも頑張って
一生懸命努力しなさい」

「油断してはいけません、
ホッとしてはいけません」

「逃げてはいけません」

というメッセージを繰り返し言われて
育ったのでした。



その結果、A子さんは、

「満足してはいけない」
「楽しんではいけない」
「もっと頑張らねばならない」

と駆り立てられるようになったのです。



そして、何ごとにも力が入ってしまい、
気ままに楽しむことができなくなってしまった
のでした。

目標を達成しても、
充分に達成感を楽しむ間もなく、

「もっと頑張らなきゃ」
「まだまだできる!」
と自分を駆り立ててしまうのでした。



A子さんは、
自分のこの生きづらさの原因が、

親との関係や
親から受けたメッセージにあることは、
わかっていましたが、

それにどう取り組んだらいいのか
わからなかったのです。



その後、A子さんは、

心理学を学び、
親との関係を見つめ直す方法を知ることで、
そこにちゃんと取り組めるようになり、

ついには親のメッセージの呪縛から
自分を解放することができ、

人生を楽しめるようになったのです。



以上、今回は、

僕たちが人間関係において繰り返す
パターンの背後に、

「親との関係」や
「親から受けたメッセージ」の影響がある、

というお話をしました。



さて、
今回の話はこのあたりにしまして、

最後に再び、
オンライン自己実現塾の
ご案内をしますね。
http://noguchiyoshinori.com/


昨日に引き続き、

オンライン自己実現塾を受講された方の
ご感想を紹介したいと思います。


=====================

清水美恵子さん
 主婦


この講座を受講する前に、
書店に並ぶ本をいろいろ読み漁っていたのですが、
感動はするもののどれも上手く実践できず、
違和感を覚えていました。

そんな状況の中、この講座を受講しました。

野口先生からの教えは、
心理学の初心者の私でもわかりやすく、
日々の生活の中で実践しやすいものばかりでした。

特に、7コラム法には大いに助けられています。

以前は、何かあると眠れなくなったり、
食べることができなくなったりと、
心が大きく揺れていたのですが、

7コラム法を日常生活に取り入れるようになってから、
その揺れがとても小さくなり、
軽くなっていくことを実感しています。

自分の感情を受け入れ、
自分とちゃんと向き合うことが、
次第にできるようになっています。

今までは自分に対して
厳しく責めてばかりいたのですが、
今のこのままの自分が
まるごと大好きになってきています。


親との関係性についても
振り返ることができました。

親の期待に応えるために頑張り続け、
さらに周りの評価を気にして、
「足りない足りない」と高みを目指してきた私。

他人軸で生きてきたため、
いつも軸がぶれて、
自分を苦しめていたことにも気づけました。

そして、野口先生からの学びの中で、
この部分がどんどんゆるんできていることを
日々感じています。

実際、親との関係も改善され、
自分のことを大事にできるようになりました。


今、自分づくりと自己実現のための学びに
ワクワクする私がいます。

学ぶことが本当に楽しいのです。

この学びを自分のライフワークにして、
ここからの人生後半を思いきり楽しみたいと
思っています。

こんなステキな学びを届けていただいた
野口先生には
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に本当にありがとうございました。

=====================


=====================

川野信哉さん
 会社経営者


私は2002年に、
犬の訓練を提供する事業で起業し、
お店は3店舗になりました。

しかし、
スタッフとの関係での悩みが多く、
意志疎通の難しさを痛感していました。

売上も伸び悩んでいました。

しかし、
このオンライン自己実現塾を受講して、
自分づくりに取り組むようになってからは、
変化が起きました。

私は、両親との関係をはじめ、
未完了だった課題に気づくことができ、
それらに取り組むことで、
心の中の整理をつけることができました。

その結果、イライラすることが少なくなり、
スタッフを信頼できるようになると、
何を変えたわけではないのに、
低迷していたお店が最高売上を出し、
それをキープできるようになってきたのです。


また、特に境界線についての学びは、
私にとって大きかったです。

私は両親との関係において、
我慢することが多かったのですが、

境界線をしっかり引いていくことで、
無理をすることがなくなり、
両親の不器用な愛情を感じることが
できるようになってきました。

また、妻との関係もよくなってきており、
妻が自分を認めてくれるような発言も増えました。


私は、感性だけではなく理論もないと
頭に入ってこないタイプですが、
理論的な裏づけもしっかりと学ぶことができました。

感性と理論の両方のバランスが、
野口さんのオンライン自己実現塾ならでは
だと思います。

この講座を受けて、
本当に良かったと思います。

目の前で起こっていることの意味も、
しっかりと受け止められるようになってきました。

これから先の道のりはまだまだ長いのですが、
「自分のペースでよい。誰かと比較しなくてよい」
と心から思えるようになりました。

これからの未来にどんなことが起こっても、
乗り切れる自信がつきました。

将来の自分が楽しみです。
本当にありがとうございました。

=====================



以上、今回も、
オンライン自己実現塾を受講された方の中から、
お二人のご感想を紹介しました。



お二人のご感想に共通することとして、

親との関係をしっかり見つめ直され、
そこにあったパターンを変えられたことで、
自己受容が進み、楽になられた、

ということがありますね。



この記事の前半でも述べましたが、

僕たちは、

自分が子どもだったころの
親(養育者)との関係に、

大人になっても
大きな影響を受けています。



ですので、
それを見つめ、それに取り組むことで、

たとえば、
自分を責めてしまう傾向だとか、
人間関係において繰り返しているパターンなどを、

変えることができるのです。



親との関係において、

過去に傷ついたこと、
あるいは今も縛られていること、

それらにしっかり気づき、
それらを癒したり、ゆるめたりすることで、

僕たちは、
親の影響下から脱することができ、

自分らしい人生を
自分で選んでいけるようになるのです。



そんなことにご関心のある方は、

オンライン自己実現塾で
ご一緒に学んでみませんか?
http://noguchiyoshinori.com/






procoach at 08:00│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔