2011年03月25日

ぜひやっていただきたい2つのこと


こんにちは、野口嘉則です。



今、“疑似被災”ともいえる心理状態になっている人が、
日本全国に増えているそうです。

被災地にいるわけではないのに、
震災の惨状を毎日のようにテレビ映像で見続けた結果、

不安感や無力感に襲われたり、
常に気が張っていて、緊張が解けなくなったり、
無気力になったり・・・

まるで自分が被災したかのような心理状態になってしまう
わけですね。



このような心理状態に陥らないためにも、
テレビの見過ぎには注意した方がよさそうですが、

実際に、そのような心理状態になってしまっている場合は、
どうすればいいのでしょう。





簡単にできて効果的なのは「身体からのアプローチ」です。

人間の心と身体は密接につながっていますので、
心の状態は身体にも表れます。

たとえば、上記のような心理状態になっているときは、
呼吸が浅くなっています。

そこで、深い呼吸をすることが有効なのです。

まず最初は大きなため息をつくように、一気に息を吐き切り、
その後は、吐く息を意識しながら呼吸を続けます。
吐くときは、なるべくゆったりと深〜く吐きます。
吸うときは、自然に空気が入ってくるのにまかせて。

こんなかんじで10分〜20分くらい深い呼吸を続けます。

こうして身体を整えることによって、
心のあり方を整えることができるのです。



他には、ストレッチや体操をしたり、
好きな音楽を聞きながら体を動かしたり、
声を出して笑ったり、
歌を歌ったり・・・などもよさそうです。



「身体からのアプローチ」の他には、
「自分の気持ちを誰かに話す」 というのも効果的ですね。

不安感とか無力感とか罪悪感とか・・・
自分が抱えている感情について話してみる。

話すと気持ちが整理されてきて楽になります。

友だちどうしや仲間(グループ)で話を聞き合うというのも
いいですね。



また、話し相手が見つからないという人には、
「書く」というのも一つの方法です。

第二次世界大戦中に、
2年間に及ぶ隠れ家生活を送ったアンネ・フランクは、
日記を書くことを、心の支えと慰めにし、
希望の灯をともしつづけました。

書くことも、心を整える絶大な効果があるのです。



以上、「身体からのアプローチ」と「自分の気持ちを話す(書く)」の
2つの方法をお伝えしましたが、
どっちの方法であれ、そのベースになるのは、
「自分を大切にする」というスタンスです。

何よりもまず、自分を大切にすることです。



「被災地の人の苦労を考えると、自分は楽をしてはいけない」 と、
自分を追いこんでしまう人もいますが、
自分が疲弊してしまっていたら、復興の支援もできません。

まず自分を大切にし、自分の心と身体をしっかりケアし、
十分にエネルギーを蓄えるからこそ、支援もできるのです。



そして、自分の持ち場で、自分の役割りを全力で果たす。
明るく元気に、自分の仕事や自分の学びに取り組む。

それこそが日本の復興につながりますし、
それは強力な支援でもあるのです。



それから、この度の震災に関して、
無力感を感じておられる方も多いようです。

災害のあまりの惨状を見て、
「義援金も振り込んだし、節電もしている。しかし、その程度
しかできない。これほどの大災害に対して自分は無力だ」
などと感じてしまうようなケースです。



どんな小さなことでも、自分にできることを皆がやれば、
それは大きな力となるものと思います。

そして僕からの提案なのですが、
ぜひ、次の2つのこともやっていただきたいと思います。



(1)祈る

心には偉大な力があります。
心で強く認めたこと、心でありありとイメージしたことは、
現実化しやすくなるのです。

被災地に食糧や物資がどんどん届いているイメージ、
東日本が復興し繁栄しているイメージ、など
「こうあってほしい」と思う状態をありありとイメージし、
それが実現しつつあることに感謝の祈りを捧げます。

ある知人は、イメージの中で、原発に対して、
「今までたくさんの電力を提供してくれてありがとう」と伝え、
原発が静かに休む姿を想像したそうです。



(2)目の前の人に親切にする

いま目の前にいる人に対して、
やさしい言葉をかけたり、笑顔で接したり、
親切にします。
惜しまず愛を出すのです。

人の心は深いところでつながっていますから、
あなたが、あなたのいる場所で発した愛は、
深いところで被災地の人々にも届いています。



以上、2つのことを提案しましたが、
もちろん、募金や献血や節電・節水など、
できることは小さなことでもやっていきたいですね。



<情報>

・詩集『くじけないで』の柴田トヨさんが、
「被災者の皆様に」という詩を作られています。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110317/trd11031714340007-n1.htm



・広島で原爆を被爆して、左半身に大やけどを負いながら、
妻子に会うため長崎に移動した山口彊さんは、
長崎でも被曝されました。
つまり二重に被曝し、
二度も大量の放射線を浴びられたわけですが、
2010年に93歳で亡くなられるまで、
核廃絶の思いを世界に向けて伝え続けられました。

その山口さんの映画が7月に公開されます
YouTubeの動画もあります→ http://ow.ly/4m1nY

2009年の年末に、
映画監督ジェームズ・キャメロンが山口彊さんの病室を訪問し、
原爆をテーマにした映画の構想を話したのですが、
それを聞いた山口さんは「私の役目は終わった」と告げられ、
そして、その2週間後に亡くなられました。

その山口さんが、よく語られた言葉が、
「All For One, One For All(皆は一人のために、一人は皆のために)」

今の僕たちの心に強く響く言葉ですね。




procoach at 14:52│Comments(15)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by ようこ   2011年03月25日 21:17
5 野口さん、こんばんは。
始めてコメントします。
鏡の法則を書店で手にしたときから私の人生は変わりました。
野口さんのブログや紹介していただいた本から日々多くのことを学ばせて頂いております。
ありがたい気持ちでいっぱいです。
前を向いて生きていくことを教えて下さった野口さんに
心から感謝しています。
ありがとうございます。
2. Posted by じゅんこアーティスト   2011年03月25日 22:30
4 『バタフライ・エフェクト 世界を変える力』を読んでいました。
「自分は本当に世の中の役に立っているのだろうか?」

「あなたのちょっとした行為がめぐりめぐって大きな影響を及ぼ
すのです」とありました。

よい波動を送ろうと思いました。まさに野口さんが言われている
ように、目の前の人・近くの人に感じ良く接しようと思いました。
とりあえず形から(外見から)笑顔で接する。そうすると相手も
笑顔をかえしてくれて、こんどは本当に笑顔になれます。

4月上旬にチャリティマラソン大会に参加します。元々は世界の
子供たちへの支援の大会ですが、参加費は震災復興の支援にもな
るようです。なんだ、私も役にたってるじゃないって思いました。
3. Posted by ラナ   2011年03月25日 22:57
ありがとうございますm(_ _*)m
メルマガで送っていただいて、とても大切なことを分かり易く書いてくださっているなと思いましたので、勝手ながら、私のブログでもご紹介させていただきました<(_ _*)>
4. Posted by あずき   2011年03月26日 10:05
初めまして。いつもブログを読ませて頂いてます。
被災地ではないのにずっと緊張が無くならなかったので、野口さんの記事に書かれていることをこれからやってみたいです。

原発にお礼を捧げる話にとても感動しました。
批判よりも感謝の気持ちを持つことが大事ということに気付かされます…。
5. Posted by 田中伸一   2011年03月26日 11:15
5 野口さん、ブログ更新ありがとうございます。

「祈る」は、本当に大きな力になると思います。
一人ひとりの力は、小さいかもしれませんが、みんなで祈ると、とてつもなく大きな力になります。
私もこの祈りに参加します。

柴田トヨさん、山口彊さんの情報もありがとうございます。
6. Posted by Maygreen   2011年03月26日 21:18

************************************
自分の持ち場で、自分の役割りを全力で果たす。
明るく元気に、自分の仕事や自分の学びに取り組む。

それこそが日本の復興につながりますし、
それは強力な支援でもあるのです。
************************************

野口さん。
目の前の自分に出来ることに 全力をつくす。
それが 日本の復興につながる。
自分ができること
 まずは自分の幼いこどもの命を守る。
 すこし後ろめたさがあったのですが、
 吹っ切れました。



震災の後、↓ こちらをいつもいつも思っていました。

「私たちに与えられた もっとも大切な役割は、宇宙のエネルギーを循環させること」
「宇宙のイメージは 循環のイメージ。
我慢して滞らせずに 自由に選択してまわしていく」

 BY 佐藤伝さん 「感謝の習慣で人生はすべてうまくいく」より

野口さんの教えてくださったことが
全て 自分の中で 暖かく灯っています。
いつもいつも 感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。

7. Posted by 源一郎   2011年03月26日 23:49
5 野口さん。ブログ更新ありがとうございます。私も、福島原発に感謝の念を毎日送っていました。我々のために休むことなく、毎日働き続けてくれていました。本当に感謝です。でも人々は怖れました。マイクロシーベルの数値が、どうのこうのと毎日報道されています。原発も被災したのです。私は原発にも意識はあると思ってます。ごめんね。大丈夫だよ。そして、ありがとう。って言ってあげてます。原発も、僕のせいでごめんなさいって声が聞こえます。泣いてます。私は抱きしめながら、大丈夫だよ。大丈夫だよ。あなたのせいじゃないよ。って言ってあげてます。アンパンマンって漫画があります。でもアンパンは実際、喋りません。それと同じで、原発も喋ると思い原発の気持ちになってあげると、本当に涙がでます。癒してあげましょう。童心になりましょう。優しくなりましょう。
8. Posted by みなみ   2011年03月27日 01:46
野口さん、こんばんは。
娘と一緒にわくチャレさせてもらっています。
2010年9月から、野口さんの2004年12月27日のブログから読み始め、ノートにまとめ、たくさんの事を学ばせてもらっています。

9. Posted by みなみママ   2011年03月27日 02:07
野口さん、こんばんは。

11歳の娘と一緒にわくチャレさせてもらっています。

2010年9月から、野口さんの2004年12月27日のブログから読み始め、ノートにまとめ、たくさんの事を学ばせてもらっています。
本当にありがとうございます。

海外に住んでおり、自分達に出来ることが少なく、無力感を感じていました。
でも「どんな小さなことでも、自分にできることを皆がやれば、それは大きな力となる」のですね。
そして、自分を大切にし、自分の心と身体をしっかりケアし、十分にエネルギーを蓄え
そして、祈り、いま目の前にいる人に対して、惜しまず愛を出します。

野口さんに出会えた私たちは本当に幸せです。
10. Posted by 桜香蒼   2011年03月27日 06:33
野口さん、おはようございます。

 全ては必要な経験、とは思っても、政府の対応にはどうしても怒りが抑えきれません。
 しかし、それも、お灸を据える程度で現政権を望むような人たちの考え方を変えられなかった、という点で、私自身の責任でもあると考えることにしました。
 今後は二度と、こんないい加減な政治を行わせないよう、一人ひとりがもっと真剣に、自分の住んでいる国のことを考えなくてはいけないと、身近な人間から広めていこうと思いました。そのためにも、自分自身もっと勉強しなくてはと、身の引き締まる思いです。
 これも、募金節電節水の他にできることだと思います。
11. Posted by ももねこ   2011年04月02日 19:00
5 野口さん。はじめまして。最近このブログに出会い、今修行中?です。

原発に感謝の念を送るのと同時に今頑張っている現地の方にも感謝してやまないのですが
ネットで東京電力の幹部の住所を載せている掲示板を偶然見てしまい、悲しい気持ちです。
どうしてそんなことするんだろう…と
責めてはいけないと思ってはいるのですが。

東京電力の社員のご家族に、誹謗中傷がむやみにいかないように祈るしかないのでしょうか?

12. Posted by きらきら   2011年04月14日 11:49
野口さんへ

はじめまして、私は心眼力と鏡の法則を読んでから、野口さんのブログをたまに拝見しています。

震災後、野口さんの言葉が欲しくて、アクセスしました。
今回のブログはまさに自分の事を言われていると思うくらい、まったく同じ症状になっていました。
私は5カ月になる待望の子供がいます。ずっとライブでテレビを見ていたので、すっかり疑似被災状態になりました。
募金をしても、家でいるだけの私は役に社会の役に立っているのかと悩みました。

私は東海地方に住んでおり、連日のニュースで、連動地震が起こると放送されているので怖くて仕方ありません。
また東日本で大きな余震と大津波が来たらと悪いことばかり考えていました、起きるか分からないことを想像していました。

私は正直まだ頭が恐怖心から抜け出せません、一人になることができません。子供にも笑顔を見せられませんでした。そして、急性ストレス障害になりました。
本当に被災された方にしたら何言ってるんだという感じですよね。

それから、家族や友達に積極的に会うようにしました。
外出すると、みんな普段通りに動いていいるのを感じて大分良くなりました。
まずは元気を出して、身体を直します。
そして、沢山幸せの念を送り、祈ります。






13. Posted by 加藤君代   2012年02月23日 07:21
おはようございます。先日、梅のつぼみの写真にコメントさせていただきました。今朝千葉は雨です。でも春を予感させるような雨です。傘をさし、いつもの散策路を歩きました。梅は開花していましたよ。雨に打たれ春のしずくをつけて、そのいじらしいほどの可愛さに足が止まりました。大震災は間もなく一年を迎えますね。
昨夜、福島大館の卒園、卒業のドキュメントを見ながら、子供たちのたくましいほどの姿を見て、ホロリとしました。この番組を国会議員は大切な時間をヤジの応酬などで費やすなら、全員が心して見たらよい・・などと思いました。子供たちの心の奥に残る消えない傷、それを案じている沢山の大人。情愛のあふれる東北魂に触れました。不安の時代を迎えていますね。新しい価値観を見出す時代に私たちは生かされていますね。
14. Posted by リリィ♪   2012年03月09日 20:19
野口さん、ありがとうございます。
擬似被災状態だった
1年前の状況が蘇るようです。
15. Posted by shige   2012年03月09日 23:48
僕も無力感を感じました。

野口さんの教えてくれた、祈ること、人に親切にすること
今、改めて心に刻みたいと思います。

ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔