2008年01月08日

低空飛行から高度を上げ、大いなる人生を生きよう


明けまして おめでとうございます!

2008年がスタートしましたが、
あなたは今年をどんな年にしようと思っていますか?

あなたが今年を素敵な年にするために役立ちそうな情報を、
このブログでもお届けしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。



さて、昨年末に書いた記事で、
「これまでの人生で、あなたの心に響いた言葉を教えて下さい」
と、お願いしたところ、

たくさんの方が、ご自分にとっての大切な言葉を披露して下さい
ました(^^
ありがとうございます!!



心があたたかくなる言葉

勇気が湧いてくる言葉

癒される言葉
    ・
    ・
    ・

コメント欄が、とても素敵な“名言集”になりましたね!



私も早速、いくつかの言葉を手帳にメモしました(^^

とっておきの言葉を分かち合ってくださった皆さん、
ありがとうございます!!

それから、ブログ3周年のお祝いメッセージもすごく嬉しかった
です(^^




さて今回は、年の始めにふさわしいテーマを選んでみました。

まず、自分が空を飛べると、想像してみて下さい。
そう、スーパーマンのように(^^





そして、北海道から沖縄まで、飛行によって日本を縦断すると
します。



ただし、地上30センチの超低空飛行しかできないとしたらどう
ですか?

目の前に現れるほとんどのものが、あなたの飛行を妨げます。
塀、家、植物、三輪車、自転車、歩行者、犬、ポスト、交通標
識・・・、

スタートして数分でヘトヘトに疲れてしまいそうです(^^;



では、地上2メートルを飛行できるとしたらどうでしょう?

妨げとなるものは、ずいぶん減りますね。

それでも、油断していると、家々や木々や交通標識にぶつかっ
てしまいます。
歩行中のチェ・ホンマン選手(身長218センチのK1選手)にぶつ
かるかもしれませんし(笑)、
バスやトラックなどの大型車にも注意しないと危険です。

やはり日本縦断となると大変そうですね。



では、地上10メートルだったら?

ますます飛行は楽になります。
ビルや煙突、送電線、鉄塔などにぶつからないよう、気をつけな
いといけませんが、飛行はかなり楽しめそうです。



では、地上1000メートルだったらどうでしょう?

こうなると、ほとんど妨げは無くなります。
あなたは眼下に見える様々なものに妨げられることなく、それら
を景色として楽しみながら、快適に飛んで行けるでしょう。




さて、この記事を読みながら、

「自分は今、人生でどのあたりの高さを飛んでいるんだろう?」
と考えた人もいるかもしれませんね。




飛行する高さを決めているのは何でしょうか?
ちょっと考えてみてください。




ある会社に営業マンとして就職した人がいるとします。
仮に太郎君としましょう。

もし太郎君が目標や希望を持っていなくて、ただ漠然と仕事を
し始めたとしたら、彼はたくさんの問題にぶつかるはずです。



たとえば・・・
「うちの会社には困ったものだ。まず、成果主義なのが問題だ。
結果を出せないと給料が安い。そのくせ、『入社したばかりの
俺に、こんな難しい仕事をやらせるのか?』って言いたくなる
くらい、大変な仕事まで任されてしまった。安月給な上に仕事
が大変だなんて、やってられない。それから上司の○○課長
も厳し過ぎる。あんな仕事人間の下では、仕事も楽しめない。
先輩には気難し屋の△△さんがいるし、職場の雰囲気も最悪
だ。家から会社まで、電車を2回も乗り換えなきゃ行けないの
も面倒だ。困ったものだ」

こんな感じになるかもしれません(^^;
様々なものが妨げとなる低空飛行の状態ですね。



しかし、太郎君が仕事上の目標を持てば、問題だと思ってい
たことがチャンスに変わったりします。

たとえば、営業マンとしての目標を達成することに意欲を持て
ば、成果主義であることは、むしろ好ましいことになるでしょう。
それでも、上司が厳し過ぎることや、気難し屋の先輩がいるこ
とは、太郎君にとって問題かもしれません。

これは妨げがいくぶん減って、地上2メートルといったところで
しょうか(^^



さらに太郎君が、自らの人生のビジョンを持つとどうでしょう?

太郎君が大きな夢(たとえば、事業を起こして成功したいという
夢)を持ち、その実現のためにも自分に力をつけたい、と思うよ
うになれば・・・
こうなると、ほとんどの問題が、自分を磨くチャンスに変わりま
すね。

「夢を実現できるかどうか?」「成功できるかどうか?」という
根本的不安は残るかもしれませんが、ささいなことを問題視
せずに、余裕を持って進んで行けます。

夢へのコミットにもよるので、高度にたとえるのは難しいかも
しれませんが、およそ10メートルから数百メートルくらいにあ
たるでしょうか。



では私たちを、高度1000メートルを超える世界に高めてくれ
るものは何でしょう?




それは “志” だと思うのです。



ただ、志 という言葉もいろいろ意味で使われますね。

田坂広志さんがご著書の中で、“志”という言葉を次のように
定義されていますが、私がここで言う “志” の意味としても、
とてもわかりやすいので引用させていただきます。


--------------------------------------------------

志とは、

与えられた人生において、
己のためだけでなく、
多くの人々のために、
そして、世の中のために、
大切な何かを成し遂げようとの決意。



『未来を拓く君たちへ』(田坂広志 著、くもん出版)より
--------------------------------------------------




また、田坂さんは、“野心”という言葉と比較して、“志”を次の
ようにも定義されています。


--------------------------------------------------

野心とは、己一代で何かを成し遂げようとする願望。

志とは、己一代では成し遂げ得ぬほどの素晴らしき何か
を、次の世代に託す祈り。



『これから働き方はどう変わるのか』(田坂広志 著、ダイヤモ
ンド社)より
--------------------------------------------------



つまり“志”とは、私心を越えて、世の中のために何かを
成し遂げたいという想い


さらに、自分の代では成し遂げられないような何かに取り
組み、未来の世代に素晴らしい何かを遺そうとする想い




こんな“志”を持つ人の人生は、何者にも妨げられません。

まさに、高度1000メートル以上の飛行です。




人は “志” を持つことで、大きな事を成し遂げる能力が磨かれ、
大きな人間に成長します。



吉田松陰という人物がいますね。

彼の私塾である松下村塾からは、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博
文、山県有朋、入江九一、品川弥二郎など、明治維新の原動力
になった重要人物が多く輩出されています。



一つの私塾が、日本の歴史を変革するような人財を多く輩出した
ことだけでも驚嘆に値しますが、さらに驚くことに、松陰が松下村
塾で教えたのはおよそ2年間です。

彼のもとで、行動力ある人物が短期間にたくさん育った秘密は何
でしょう?



松下村塾の標語は「立志」でした。

そして松陰は、こう言っています。
「志を立てて、以って万事の源となす」



松陰は、「まず志を立てることからすべては始まる」と考えたので
す。



また松陰は、「志がなければ、学問をすることさえ弊害になる」
と言っています。

「志なくして始めた学問は、進めば進むほど、その弊害は大きい。
大事に望んで進退をあやまり、節操を欠き、権力と私欲の前に屈
する」



志のない者が知識や知恵を使って成功しても、権力と私欲におぼ
れて道を誤ってしまう、というわけです。

企業のトップやエリート官僚たちの不祥事が相次いで発覚するの
は、まさに志のないことが根本的な原因だという気がします。




さて、話しを松陰に戻しましょう。

彼は30歳にしてこの世を去りましたが、彼の志は松下村塾門下
の志士たちに受け継がれ、明治維新という、世界にも例のない
無血革命につながっていったのです。



高い志を持ち、その志に向かって生きるならば、それに共鳴する
人が集まってきて、仮に自分の代でそれを成し遂げられなくても、
いずれそれは成し遂げられるのですね。




ちなみに、松下幸之助さんが、松陰の松下村塾をモデルにして、
松下政経塾を創設されたのは有名な話ですね。

「松下政経塾は何の塾ですか?」と質問されると、松下さんは、
「志の塾です」と答えておられたそうです。



志に関する、松下幸之助さんの言葉も2つ紹介します。



「志を立てるのに、老いも若きもない。
そして志あるところ、
老いも若きも必ず道は開けるのである」

「志とは、自分の力を超えた存在に、
自分という有限な存在を
同化させていく作業なのである」




おたがい志を抱き、私達の生き方が未来へ受け継がれていく
ような、そんな大いなる人生を生きたいものですね。




<追伸>

今日の記事を読んで、
「今は自分のことに精一杯で、志を抱くような気持ちになれない」
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合は、まず、「自分がワクワクするような目標を持つ」か、
「楽しいと思えることを探し、それを楽しむ時間を生活の中に確保
する」か、どちらか(あるいは両方)を実践してみてください。



自分の中のワクワクや楽しさが育ってくれば、自然に、周りの
人を喜ばせたくなります。
そして、周りの人の幸せに貢献する喜びを味わえるようになれ
ば、世の中にも貢献したいという気持ちが湧いてきます。



また、「今は落ち込んでいて、目標を持ったり、楽しいことを探し
たりする気になれない」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合は、焦らないでください。
「今は自分の心を癒す時期だ。自分の内面とじっくり向き合おう」
と考えることもできると思います。



いずれにせよ、
「自分が今いる場所こそ、自分にとって最適な場所なんだ」 と
考えてみると、何をすればいいかが見えてくると思います。




<ブログの更新情報を リアルタイムに知る方法(便利です)>

最近、RSSリーダー(フィードリーダー)を使う方が増えています
ね。
これはとても便利で、時間も節約できるので、私も使い始めまし
た(^^

RSSリーダーを使えば、あなたの好きなブログが更新された時
に、その情報をリアルタイムに知ることができます。



たとえば、このブログを読む場合も、更新されたかどうかを知る
ために頻繁にこのブログを訪れなくても、RSSリーダーに登録し
ておけば、更新情報があなたのRSSリーダーに、自動的に届き
ます。

お気に入りのブログがいくつもある場合は、それらをすべてRSS
リーダーに登録しておけば、それらのブログの最新記事を、一覧
で見ることができるのです。



★簡単な方法

私のブログをRSSリーダーに登録する方法は簡単です。

特に簡単な方法として、My Yahoo をRSSリーダーとして使う
方法を、お教えします。

1.まず、Yahoo のページで、My yahoo のアカウントを作る。

2.私のブログの左サイドバーの上から2番目の、
 「ブログ更新のお知らせ登録ボタン」のコーナーの
 中の、「My Yahoo に追加」 ボタンをクリックする。

3.新しく開いたページの「My Yahoo に追加」ボタンを
 クリックする。


以上で完了です。

これで、私がブログを更新するたびに、あなたのMy Yahoo
ページに、更新情報が届きます。



他にも登録したいブログがあれば、My Yahoo ページに登
録できます。

そして、インターネットを開いたときに最初に表示されるペー
ジをMy Yahoo のページにしておけば、インターネットを開く
たびに、お気に入りブログの新着情報を一覧で見ることがで
きます。



「Yahoo よりも Google が好きだ」という方は、
iGoogleGoogleリーダー のページでGoogleアカウント
を作り、私のブログの左サイドバーの上から2番目の、
 「ブログ更新のお知らせ登録ボタン」のコーナーの 中の、
「+ Google」 ボタンをクリックして下さい。



また、goo RSS リーダー(ウェブ版)は携帯にも連動してい
るので、携帯でブログを読まれる方には便利です。
これを使う場合は、goo ID を作って、「ブログ更新のお知ら
せ登録ボタン」のコーナーの中の「+ goo RSS リーダーに
追加」 ボタンをクリックして下さい。



★もう一つの方法

他にも様々なRSS リーダーがあります。

どのRSS リーダーをお使いの場合でも、下記のURLアドレス
を、あなたがお使いのRSSリーダーに登録する方法で、私の
ブログの登録は完了します。

http://coaching.livedoor.biz/index.rdf




以上、RSSリーダーの使い方についてのお知らせでした。

私は、パソコンやインターネットなどの操作に疎いほう(い
まだにExcel などは使ったことがありません・・)なので、
RSSリーダーとやらも、自分で使うことは敬遠しておりまし
た(^^;
今回、友だちに使い方を教えてもらったのですが、意外に
簡単に使えたのでホッとしております。




procoach at 21:47│Comments(61)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by ぽん   2008年01月08日 22:55
いつも楽しく拝見させていただいております。
ところで野口さんのブログはフォントが非常に小さく見づらくて、アクセスする度にブラウザの設定でフォントを大きくしていたりするのですが、敢えてそのような設定をされているのでしょうか?


2. Posted by 野口嘉則   2008年01月08日 23:24
ぽんさん、ご指摘ありがとうございます。

調べたところ、ブラウザーによっては、文字が小さくなって
しまっていたようです。
(私の友人では、Internet Explorer 7 を使っている友達が、
そうなっていました)

ある程度、修正できました(^^

感謝いたします。
3. Posted by コーチJUN   2008年01月08日 23:25
5

野口さん今日も素敵なお話ありがとうございます。
この「志」という言葉とても響きました。

この「志」という話で思い出されるのは
ソフトバンクの孫 正義さんの話です。

孫さんは「三百年の大計」というのかかげています。
300年経ってもテクノロジーの進歩を味方に発展して
いける会社を育てたいというのがその真意のようです。

自分が経営している時ではなくその後の会社の
未来も考えて経営しているスケールの大きさに
感動したのを覚えています。

今はまだ小さいかもしれませんが私はコーチとして
誰か1人の幸せのお手伝いができた時に、その幸せの
波が次の人に伝わって波になり、その波がまた次の
人に伝わり、そうやってやがてたくさんの人の
幸せへのきっかけになれたらいいなと思います。

「志」を持つ大事さを実感しました。
ありがとうございました


4. Posted by こういち   2008年01月08日 23:28
野口さんへ
はじめまして
僕はいまとてもつらいです
生きるのがとても嫌です
明日が来るのがとても辛い
以前はこのサイトの記事を読んで勇気をもらっていました
いまはどんな素晴らしい記事を読んでも、前向きに生きることが困難になりました
心が弱いのはわかっています
でもどうしようもないのです
長文失礼いたしました
5. Posted by 笑顔☆☆   2008年01月08日 23:42
5 あけましておめでとうございます。初めて書き込みします。
今年のアタシの目標ゎ笑顔でいること。周りの大切な人みんなに笑顔を伝染させること。笑顔でいるだけで、元気になる。勇気も持てる。アタシも頑張っていいんだって思える。だから笑う。アタシはそこからです。いつもブログで優しい気持ちになれます。野口先生!本当にありがとうございます。
6. Posted by takehiro   2008年01月09日 00:55
5 志のお話、ありがとうございます。

最近やっと志を抱く準備ができてきたようです。
松田松陰さんのお話や、松下幸之助さんのお話は聞いたことがあったのですが、志を抱くには至っていませんでした。

これから生きていく上で、
「人の役に立ち、それが次代に繋がっていく」ようなことを成し遂げようと思います。

いつもありがとうございます!
7. Posted by 阿部直樹   2008年01月09日 01:11
あけましておめでとうございます☆
今年もいろいろ勉強させていただきます

僕は今ビジネスを始めたばかりで、なかなか上手くいきませんが、志だけは常に忘れずにしたいと思います

いつも、素晴しい記事ありがとうございます☆
8. Posted by あかひげ   2008年01月09日 03:08
5 いつも『気付き』をありがとうございます。

『志』とっても良く解りました。

去年の中頃より、自分の中で「将来の夢と云うか、こうなりたい!」と云うことが、割りとハッキリして来ていました。

「治療家として、難病や現代の西洋医学では治らないと、諦めている方を何とか治して差し上げたい! 私の持っている技術で、多くの人を楽にして差し上げたい!」と強く思う様になっています。

その頃から、何でも旨く行っている感じがします。(実際は結構いろんな事が起こっていますが・・)

これが『志』なんでしょうか?

今にして思えば、ちょうど『鏡の法則』や野口先生のブログと出会った頃と一致しますね。

ありがとうございます。

野口先生には、感謝!感謝!です。



9. Posted by ひで◎   2008年01月09日 06:05
人生の計ここにありです!
ありがとうございました!!
10. Posted by トンタット   2008年01月09日 07:46
今日のお話を読みながら先月亡くなった父の志を強く感じました。(父は整形外科医として一生を尽くし、勤務先の病院で67歳という若さで突然心臓発作のため亡くなりました。エレベーターの中で倒れました)兄弟が3人ですが、兄が整形外科医、弟が農業(有機栽培)に従事しています。私はNYで2人の息子(3歳、6か月)の子育て中です。
父は、3年ほど前に医療制度が変わったために自分の医院を続けることが困難になり、友達からの要望もあり総合病院に勤務していました。父が生前、弟にだけ話していた将来のプランがありました。兄といっしょに医院を運営することはもちろんですが、入院ベッドを入れて、弟が入院患者さんたちに有機栽培された野菜を仕出しするというものです。もちろん、父はこのために貯蓄していただろうし、自分もますますがんばろうという志があったと思います。
11. Posted by トンタット   2008年01月09日 07:47
私がそれを聞いたのは、父が亡くなってからお通夜の日でした。NYから駆付けたときは、もちろんとっくに父は死の床に伏していました。泣いても泣き切れませんでした。父は、同じく祖父、祖母を高校生のときに亡くしています。父は祖父の志(同じく医師)を受け継いでここまでひたすら医療に一生を捧げてきたのでしょう。本当に働く姿がある意味孤独にうつっていたこともあり、父の志に対する情熱が忘れられません。私は、父を超えられるかわかりませんが、自分の死まで時間がなくなってきたような気分で日々過ごしています。ショックも1年ぐらいすれば和らぐんでしょうが、志を果たせるように悔いなく生きていこうと思います。長くなってしまい申し訳ありませんでした。


12. Posted by ニコニコ未来   2008年01月09日 09:20
ワクチャレをはじめて数ヶ月経過。自分のペースで日々チャレンジ中。
少しづつ気持ちの変化に気づくものの小さなことにこだわり、低空飛行の私。あまり成長を感じられなかったのですが、その原因が今日の記事でわかりました。
>「まず志を立てることからすべては始まる」
そうかぁ、今の私には志がなかったんですねなるほど。納得です。
新年を迎えたばかりの今、この記事を拝見できてうれしいです。今から「志」意識したいです。何か物足りなさを感じていたのも、きっと志が明確でなかったからかもしれませんね。
2008年、ワクワクしならが思いやりと感謝の心をもって、自分の人生をつくっていきたいです。

今年もお世話になります。よろしくお願いします
13. Posted by 藍   2008年01月09日 12:34
はじめまして(*^_^*)
いつも楽しく読ませて頂いております。
ポッドキャストも、野口さんの声がとても温かく、また、ワクワク感が伝わってきて、とても好きです!

半年前くらいから、字が小さくて少々読みづらかったのですが、今日からまた大きくなって読みやすいです〜!
ぽんさん、私からもありがとうございます。
14. Posted by つぼちゃん   2008年01月09日 12:55
5 あけましておめでとうございます(^O^)
今日初めて、野口さんをしたう方たちのコメントを読みましたが、刺激受けますね。僕の周りの人達に野口さんのブログ等を紹介しても興味を持つ人が少なくちょっと寂しく思ってました。皆さん輝く人生おくれるといいですね。
15. Posted by じゅんこアーティスト   2008年01月09日 21:52
4 「みんな自分のことで精一杯で、人のことまで気にしていないんだよ」
友人に言われ、あーそうだなと、ホッとしたことがありました。
私の活動で足踏みをしていたことがあり、そんな時に言われました。

>「自分がワクワクするような目標を持つ」

ウォン・ウィンツァンの音楽を聴き、目を閉じて、上空を飛ぶユリカモメ
のような気分で、今考えています。自分が楽しくて相手も喜んでくれること、
小さなことでも出し惜しみしないで、やっていきますね。

今年もあなたに増々良いことが起きますように。by じゅんこアーティスト
16. Posted by 捲土重来!   2008年01月09日 22:15
あけましておめでとうございます!
新年一発目に相応しい、元気の出る記事を
ありがとうございます!
「志」いいですね。わたしも見失いかけてた
とこだったので、大いに元気づけられました。
そういえば、自分が心から一生懸命になれた頃には
「志」があったなぁ…どこでなくしたんだろう?
でも、志を取り戻すには今からでも遅くないですね。
頑張ります。
17. Posted by フェルメール   2008年01月09日 22:28
5 自分の見方です。

「うちの会社はありがたいものだ。
最初は芽が出なくても、
地道な努力が実を結べば、
成果主義が支払ってくれる。

入社したばかりで、
わざわざ、手ごたえある仕事をやらせていただけるなんて
ありがたい。

安月給で、仕事がハードなうちに、
せっかくだから、自分を鍛えて(磨いて)おこう。

上司は仕事主義すぎるから、
人間味ある心遣いに餓えているに違いない。
これは大きなチャンスだ。

気難し屋の先輩は、
感情表現が下手で苦労されていたのだろう。
ちょっとしたアドバイスにも大きな感謝をしてくれる。

職場の雰囲気は最悪だから、
地位のピラミッドの底辺から、
大いに環境改善をしていこう。

家から職場まで、2回も乗り継ぐのだから、
将来的に、職場近くに引っ越そう。
引越しが楽しみだなぁ。

ああ、ありがたい。」
18. Posted by 笑顔☆☆   2008年01月10日 02:09
5 皆さんの書き込み拝見いたしました。皆さんの経験されたことを通じて思ったことが聞けて良かったです。ありがとうございます。アタシはとても両親に心配ばかりかけて本当申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただどんなときも家族はアタシの一番の味方です。今アタシにできる家族孝行をしています。小さい事ですが、家族みんな笑顔でありがとうと言われるのが、今のアタシの幸せです。皆さんありがとうございます。
19. Posted by 光希   2008年01月10日 04:51
5 私は人の喜ぶ顔を見るのが凄く嬉しいです。いつも買い物に行くと自分の物以外にも買い物をするのでとても時間が掛かりますがそれも楽しいです。そして早く会って渡したいと思います。
私は人が悲しんだり苦しんだりする姿を見るのはとても辛いです。世界が平和でみんなが笑顔でみんなが幸せになるために出来る事は、優しくする事だと気付きました。その為にペイフォワードを大切にしていきます。
20. Posted by ブルーベリージャム   2008年01月10日 20:37
高さを決めているもの、私は経験だと思います。

人は自我を意識した頃から様々な壁にぶち当たります。
もちろん、初めての経験ですから戸惑います。
あれこれ試行錯誤しながら乗り越える人もいれば、もがき苦しむ人、挫折する人さまざまです。
でも、その壁はその人が乗り越えられる高さであること。

周りには人がいます。
苦しかったら周りの人にアドバイスもらえばいいのです。
乗り越えかたを教えてもらえばいいのです。
同じ経験した人たくさんいますからp(^-^)q

ぶち当たって乗り越える、
ぶち当たって乗り越える、
同じ壁が来ても乗り越えかたがわかるからすぐにかわせる。
その繰り返しでだんだん高く飛べるようになる。

最後に、
もし、人から相談かけられたら、
困っている人がいたら、
それが過去に乗り越えた壁だったら、
その人にアドバイスして欲しい。
心からそう願います。
21. Posted by 浜口   2008年01月11日 09:51
低空飛行しては反省しまくりです。
昨日もパートナーに怒って疲れさせてしまいました。 
私の気持ちに同調することなく結論を言うパートナーに
むかついて・・・。

怒る前に「悩んでるから私の気持ちを聞いてほしい」と伝えればよかったなと反省中です。
怒るって疲れるし相手もその倍疲れますよね。

私の志は・・・まだ何も浮かびません(-_-;)
ただ、愛する人を幸せにできる人間でありたい。
野口さんのブログを読むといつもそう思います。

このブログをずっと続けてほしいです(^−^)
応援しています!
22. Posted by mountain man   2008年01月11日 13:59
こんにちは、野口さん

吉田松陰の志や他にも日本には、世界には、たくさんの志があって今につながっているんだなと感じました。それを自分も次につなげたいと感じました。

今年は大学を卒業する年です。しかし未だに進路が決まっていなく、もんもんと悩む毎日が続いていました。仕事とは、人生とは、自分とは、などを知りたく最近になり本田健さんの本を読んでいます。今は、自分がわくわくすることをして「自分がワクワクするような目標を持つ」ようになればいいや。そして少しでも世の中や次の世代に貢献できるようになればいいや、と落ち着きました。

今年もこれを読んでいるあなたにたくさんの素敵なことがおきますように。
23. Posted by セイシュウ   2008年01月11日 15:25
師匠 いつもありがとうございます。

昨年から、志や、やるべき事、やりたい事などハッキリしてきています。

かかえている家族が多いので、母仕事が大変で、少ししか成果が出せていませんが、絶対に達成するまであきらめず、世の為・人の為に頑張ろうと思います。

野口師匠は、今、なくてはならない存在になっています。いつも、楽しみにしています。
24. Posted by Hollywood Girl   2008年01月12日 04:15
遅ればせながらあけましておめでとうとうございます。本年もたくさんお世話になると思いますのであらかじめそれに先立って心より感謝申し上げます。今年は実り多く幸せあふれる素晴らしい輝く年になると確信しています。今年も宜しくお願いします。

”志”に関連して。ここに、John Lennon によるImagineの歌詞と、▲ング牧師(Martin Luther King Jr.:1月中旬月曜のアメリカはMartin Luther King Jr. Day祝日でお休みで〜す!)によるかの著名な20世紀のアメリカを代表する演説"I have a dream"を捧げます(両者とも引用したかったですが長文のため割愛)。夢は大きく!!
25. Posted by よっちゃん   2008年01月12日 16:15
野口さん、遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

志の話、ありがとうございます。
いつまでも、忘れたくないものですね。
飛行の話もすごくわかりやすい例えですね。
自分の現在の高さを知る。
目標達成には欠かせない大切なものですよね。

いつも、心に響くお話しありがとうございます。

RSSリーダー
知りませんでした。
便利な機能ですね。
早速登録させていただきました。

26. Posted by Hikari   2008年01月12日 17:24
野口さん、今年もよろしくお願いします。

 私が今の職業についたのは、恩師から「あなたは僕の後継者になるんですよ。」と、やけに強引に言われたのがきっかけでした。
 全面的に人様のお役に立って生きるこの仕事を、自分の枠組み以上に成し遂げたいと思うとき、自分一代ではとうていできません。自分と違った資質の持ち主を育てて、自分の志を継いでもらう幸せ。恩師はそんなことを考えていたのかもしれません。
 今は私自身が後継者にしたい!と思う人を得ました。私が知っていることとこの人の資質を合わせたら、恩師も私も成し遂げられなかった世界が開けるに違いないと確信。ものすごくワクワクします。時間は残り少ないのですが、毎日全身全霊で後継者育成中です!

 自分がしていることの意味が、野口さんのこの記事でより深く理解できました。ありがとうございました!
27. Posted by ゆうたん.   2008年01月12日 21:55
5 野口さんこんにちは
“志を持って生きる”大事な事ですね!それと野口さんの言葉“喜ぶか忘れるか(日時計)”を今でも時々思い出します。いつも前向きな気持ちと勇気を与えてくれる野口さんに感謝すると共に、今年もよろしくお願いします!
28. Posted by たけのこ   2008年01月12日 23:43
野口様、&ご学友の皆様、あけましておめでとうございます。
今年も、一年間、勉強させていただきます。よろしくお願いいたします。

「志とは、己一代では成し遂げ得ぬほどの素晴らしき何かを、次の世代に託す祈り。」・・・すごい!

自分が定義していた志とは、野心でしかないと気づかされました。「志」とは心の高さも広さも、桁が違うんですね。新年早々に良い気づきを得ました。ありがとうございます。
日々の仕事に追われ、自分自身のことにしか目が向かなくなっていました。しかし、僕らは常に、次世代への期待や希望を持ちながら仕事すべきですね。
今年の抱負をもう一度再考し、志を立てます、。
29. Posted by あゆあゆ   2008年01月13日 00:08
はじめまして☆
はじめて、ブログを、読ませて頂きました☆
もっと早く、来れば良かったです…。
30. Posted by ぽんぬ   2008年01月13日 09:25
こんにちは(^O^)初コメントです♪
このブログに出逢ったのは二年前。当時人を許せずマイナスな感情で死んでました(笑)なんでこんなに不幸なの!!と思ってましたが、今では自分を変えるきっかけをくれた、大きな幸せだったと心から思えます(^-^)その人に感謝するとともに、大事なことを教えて下さった野口さんに心より感謝しています。ありがとうございます。これからも読ませていただきます♪
31. Posted by コルティ   2008年01月14日 06:05
5 大晦日に野口家を見習い、夕日に一年間ありがとうと家族で手を合わせました。
それだけでも新年の気持ちが更に新たになりました。
家族で夕日をながめるのは久しぶりで、子供達もお日様ありがとうと言い、お空がとっても綺麗だね、としばらく空を見上げていました。

2008年もよろしくお願い致します。

新年から素敵な言葉、ありがとうございます。
志を持って、子供達が生き生きと夢を持ち、良い環境で伸び伸びと安心して暮らせる地球にしていきたいです。

文字もとっても読みやすくて嬉しいです♪
感謝します。
32. Posted by ぼのぼの   2008年01月14日 21:15
5 初めてカキコミします。

わたしはいつでも、
「自分が今いる場所こそ、自分にとって最適な場所なんだ」と、
思えない私でした。
どこかにもっと居心地のいい「楽園」がある、と考えていました。

今、家庭内で問題があって、
冷静に考えたら、気が狂いそうな悲しい出来事がおこっっているのですが、
不思議と落ち着いて冷静に見ている自分に、驚いています。

それは、以前「3ヶ月間ワクワクチャレンジ」をしたことや、
このブログで紹介された本をいくつか読んでいたためだと思います。
その問題が起こったとき、本の内容を反芻している自分がいました。

このブログと出会い、自分なりに取り入れたことで、
少し高度を上げて飛べるようになったようです。
今抱えている問題も、きっと納得できる解決をむかえられると、思います。

これからも野口さんのブログ、読ませてください。
今年もよろしくお願いします。
33. Posted by はっとり さちこ   2008年01月15日 10:47
5 浮かんだ言葉がありました。「視点」と「第3の眼」です。

今ここで自分を味わうという視点を第1の眼とすると、今ここを味わっている自分を味わう自分を知る。それが、第3の眼ってイメージです。

そのときの自分は未来の自分かもしれません。
もしかしたら、と〜〜〜ても背の高いガリバーかもしれません。
そして、産まれたときに授かった「自分が生きている意味を知っている自分」かもしれません。

どんな自分になるのか?
あれこれ想像するのは、自由。(もっちろん!)
で、どの自分を選ぶのかも自由。(もっちのろん!)

ならなきゃならないわけじゃない。
そんな気分になれないときは、一休み。

知っておこうと思うのは、
いつでもどこでも、
誰もみてないし、
なってみたいときに、
「もしも・・・」ってやってみていいということ。

そんな「自由」「開放」「選ぶ」なんてことも感じてきました。

感想でした。
34. Posted by 幸之助   2008年01月15日 21:22
初めてコメントさせて頂きます☆

いつも役立つメルマガを頂きありがとうございます♪


「志」ですか。

僕はまだ「志」を持とうと思いながらも、

自分がそこまで大それたことができるのか?

というセルフイメージと格闘中です(笑)


でも「志」で思い出すのは

ソフトバンクの孫正義氏の次の言葉ですね。


『私のような人間がいないと私のような人間がいないと日本社会は変わっていきません。』


この言葉を読んで、「すっげー!」で純粋に思いました
35. Posted by めぐみ   2008年01月16日 02:33
■12歳の少女のスピーチの衝撃 を見て、もしかしたら、動物園でしか動物が生きていかれなくなる日が来るかもしれない、と感じました。少女の「地球上の美しい野生動物を野生のままずっと見ていたいし未来に残したい」夢と私の幼い頃の夢が被りました。自分でできることから環境問題に取り組んでいきたいと思います。以前書かれたブログ「地球は自分で呼吸して生きている」を一緒にMLで回して頂けたらもっと嬉しかったです。ありがとうございます
36. Posted by イナ   2008年01月16日 14:13
あけましておめでとうございます。
そしてブログ3周年おめでとうございます!!
野口さんのブログのおかげで、仕事での人間関係や
仕事を覚える事が遅いといった劣等感など長い間悩んでいた事を
少し前向きにとらえる事ができるようになりました。
本当にありがとうございます。
過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えられる。って
すごく励みになる素敵な言葉ですね。
私は落ちこんだ後、良し頑張ろうと思った時や
負けそうになったりした時に、
この言葉を思い出してパワーをもらっています!!
(落ち込んでいる最中に思いだせたら、もっといいなって思います)
これからは行動力を付けて行くことが目標です!
まだまだブログにお世話になります、宜しくお願いします。
37. Posted by コロリン   2008年01月17日 00:43
4 考え方次第ですよね、何事も。前向きな考えと低空飛行な考えとが葛藤します、私の場合は(笑)
38. Posted by さっちん   2008年01月17日 17:47
5 あけましておめでとうございます!
そして、3周年おめでとうございます。
私がこのブログに出会って、もうすぐ2年になります。
社会人1年目だった私も3年目を終えようとしています。

「志」「立志」
今回の記事を読ませていただいて、
中学2年で行った「立志式」を思い出しました。
将来の夢(つまりは「志」)の作文を書き、文集にし、
クラスの代表者は式で発表するというようなものでした。
あの頃、思い描いた志とは違う道を歩んでいますが、
ふとそのことを思い出し、とても心に響きました。

今回も素敵な話をありがとうございました!
今後も楽しみにさせていただきます!!
39. Posted by ムッシュ   2008年01月20日 09:15
5 はじめまして。
いつも、野口先生には、学ぶことが多く、初めて書き込みさせていただきます。
 しあわせな人生を歩みたい。それが自分にとってのテーマ。そのテーマを実現させてくれる秘密が野口先生の言葉や文章にありそうです。
 特に、最近はiTunes store の番組を携帯し、何度も何度も繰り返し聴いています。それがとても効果的であることを実感しております。
 本当にありがとうございます。感謝を込めてかきこみいたしました。
40. Posted by 核兵器をなくせ   2008年01月21日 07:05
5 今回の記事も最高によかったです。
41. Posted by いしばし   2008年01月21日 10:21
志という言葉にゾクゾクしました!
今年は自分の志を明確化します。
そして志のある人間として生きていきたいです。
ありがとうございます。
42. Posted by むひ   2008年01月21日 13:51
4 いつも楽しく読んでいます。しかし今回の話、ひっかかるところがあるのです。
「志」、すごくよいと思います。
ただ、例に「自分が空を飛べると想像してみて下さい」を持ってきたのはなぜでしょうか?飛行と仕事を比べて「高度を上げる=仕事に志を持つ」と位置づけてよいのでしょうか?
というのも、地上1000mを飛行することがよいことだとは思えないのです。高く飛べば、障害物はほとんどなくなります。
しかしその一方、地上に何があるか、何が起きてるかが見えなくなってしまいます。地図の様に上から形を眺めるだけで、その中で何が起こってるのかは見えません。これは、仕事に置き換えた場合、よくないことではありませんか?上辺だけを見ることになりませんか?
43. Posted by むひ   2008年01月21日 13:51
地上1000mを飛行することに「志」の側面があるように「中身が見えなくなる」側面があると思い、しっくりきませんでした。
もし他の例えがあれば教えていただきたいと思います。自分でも考えているのですが、なかなか適切な例が思い浮かびません(^_^;)

44. Posted by ike   2008年01月21日 21:06
いつも楽しみに読ませていただいてます。
今回は、田坂氏の定義する志に深く深く感じ入りました。
吉田松陰が志を重要なものと考えていたのもうなずけました。
いつもインスパイアしていただき感謝します。
では、今年もよろしくお願いします。
45. Posted by 仁   2008年01月22日 07:56
目が覚めるような記事をありがとうございます。
私なりに人生のビジョンと目標を持ってやってきましたけど、私には志がなかったことに気がつきました。
私の人生を通じて世の中のために何を成せるか。これが今年のテーマになりました。
今とてもわくわくしております。
46. Posted by もっちママ   2008年01月22日 21:29
野口さん、こんばんわ。ありがとうございます。

今回の”志”の話を読みながら、いま、読んでいる「シークレット」を思い出していました。何がどうオーバーラップしているのかはっきりしませんが、自分は、目標を立てる前の段階にいるのだと思います。私がこれからすべきことをしっかり見つめ、考えて、少しずつ高度を上げて飛んでいきたいと思っています。
今年は、昨年に続いて”行動の年”として、少しでいいから前へ、小さな変化をしていきたいと思っています。
自分にもキャッチフレーズをつけてみました。「ありのままに。心を見つめるヒーラー」と。こうなるように進んでいきます。ありのままに。
今年もよろしくお願いいたします。
47. Posted by yama   2008年01月24日 00:13
2006年ごろから、野口さんのブログを楽しみに拝見しています。最近は、ポッドキャストなども聞かせてもらってます。ボクも再度一念発起、ブログで自分の活動を発信することにしました^−^
48. Posted by ルシモ   2008年01月24日 09:14
5 野口さん、はじめましてm(_ _)m
私は、気功の先生から鏡の法則の本を勧められて、初めてこのブログを知りました。
こんな素敵なお話が無料で見られるなんて驚きです。とても感謝しています。
毎日、空いた時間に拝見させて頂いているなか、志"のお話を見て感激しました。
私は、息子に志温という名をつけました。まだ息子は先生のブログと同じ3歳ですが、その意味をいつか話してやれたらいいなぁと思います。
49. Posted by オズマン   2008年01月24日 11:15
5 野口先生
ありがとうございました


この記事で
ロザ・パークスを思いました
彼女の志が
今も受け継がれています



私も自分自身の志を持って
自分にできることから
始めてみます!!


野口先生に
また勇気をもらいました
ありがとうございました

50. Posted by aoiumiaruku-v.v   2008年01月25日 00:17
志の高さに、飛行の高さを照らし合わせて、
わかりやすいですね。
そして、視野が高くなると、
問題だと思っていたことがチャンスだったとわかったりしますね。
宝物とも言える出会いから、このブログに巡り合い、
この一年いろいろやってきて、ほんとによく分かります。
自分にぴったりの人生が展開する・・・
今日もありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
51. Posted by プー   2008年01月25日 11:41
おはようございます。
「志」について 
自分がこれから再就職するにあたり、家族のために働きたいのか?それとも、自分の可能性の限界にチャレンジしてもう一花咲かせたいのか?わからなくなっていました。怖くて踏み出せない自分がいます。
低空飛行でぶつかるものは、自分で作り出したものや、自分の思い込みだったりするのかも。
もう一度、どんな自分でいたいのか、ワクワクしたいのか、向き合う時間が必要なのかなあ?     感想でした

52. Posted by NY   2008年01月26日 21:29
5 はじめまして。
ブログを拝見させて頂いております。
昨年、とある専門学校の先生が、進路ガイダンスに来て下さって、「鏡の法則」を勧められました。そして、つい一ヶ月位前に、「鏡の法則(漫画版)」を買いました。とても素晴らしい事が書かれていたので、何回も読んでいます。正直、忙しいので実際には試した事はありませんが、今日からでも試してみたいと思います。

また、自分はブログをやっています。ブログで、野口さんのブログを紹介したいのですが、URLを貼っても宜しいでしょうか? 許可を得てから貼りたいので…
53. Posted by 椰子の実   2008年01月26日 22:13
はじめまして。ここは私の心のプラネタリウム。ふと見上げた星の不思議さと互いの関係を気づかさせてくれる様な心のオアシス。野口さんはコペルニクスやガリレオの様。
昨日見た"The Lake House"、2年の時間を乗り越えて恋をするという不思議な話、始めは文章問題を解く様に辻褄を合わせようとしてたのですが、大事なことは、自分にとって大切な人、事にすでに出会っている事にいつ気づき、それに向かって努力するかどうかだ、と気づきました。野口さんのお話の要点が少しづつ、見えてきた気がしました。
54. Posted by マオバー   2008年01月28日 15:26
5 今年から 参加させてもらいました マオバーです
ポッドキャストは 暇があると繰り返し聴いてます
ブログも 過去にさかのぼり読ませていただいております
対人関係から 欝になり 苦しんだおかげで いろいろなことをきづかせて貰い 自分を知ること認めることを 学んでいるところです  

自分が今いる場所こそ、自分にとって最適な場所なんだ

わたしは まずは そこからの再スタートです

わたしが よく思い出す句があります
”五月雨を 集めて速し  最上川 ”
一滴一滴が 集まって  大きな流れになるんですものね  みんな 大事なんですよね
55. Posted by ちょーぴー   2008年01月31日 14:14
5 はじめまして、
去年より拝読させて頂いております。
この記事での投稿ではありませんが、

毎回読むたびに
じわじわと溢れ出てくる感情が
クセになりつつあります。
いつも有り難うございます。

私は、教員をしております。
そこで、その中で紹介されているものを
パワーポイントを使って、
簡単な紙芝居風の教材を作ろうと思っています。
そんな使い方をするに当たって、
使い方に問題はないのでしょうか?
回答が頂ければ幸いに存じます。
よろしくお願いします。

56. Posted by 笑顔☆☆   2008年02月01日 00:46
5 いつも楽しく拝読しています。このblogには温かい言葉が沢山あって、学ぶことも多く書き込みのある皆さん!いつもありがとうございます(o^-^o)私は今エステサロンで勤めています。女性の癒しの場。ご来店頂く皆様、最終目標はみな同じ。綺麗になること。接客の際いろいろなお話しを聞き悩まれてる方本当に多く、日々自分のふがいなさに肩を落としてます。ここで学ぶことを出会う方一人ひとりに伝えていきたいです。
57. Posted by 城戸   2008年02月01日 01:19
5 野口様

先週、鏡の法則の漫画を買いました。
このブログに去年12月に初めて訪れたのですが、
感動の毎日です。私は、去年 後厄でした。

去年の12月29日に学生時代の友人を癌で亡くしました。
お通夜の晩も友人の親父と弟さんと葬儀場で一夜を
過ごすぐらい中のいい友達でした。

なぜか、このプログを読むと心が癒されます。

ただ、昔からポジティブな性格ですが、

これのプログを読んでよりいっそう、自分に

自身が持てるようになりました。

ただ、まだまだ心では志を持って、

野心を捨てたいと思っているのですが、

なかなか実現できません。

是非とも、一度、私のブログに遊びに来てください。

58. Posted by やまぴー   2008年02月03日 19:57
こんにちは。このコメントを読まれている皆さん☆
私は野口さんのファンのひとりで〜〜〜す
皆さん仲良くしてね〜〜〜
59. Posted by kk   2008年02月24日 09:47
5 天使の目線ですね。
どうしても目先の未来、現実が気になって
自分の意志にそって飛ぶことが難しくて、
長い間悩むだけの無駄時間を過ごしてきましたが、
それも無駄とは思わず準備期間ではないかと思えるようになりました。世間の常識から考えると、本当に遅いスタートですが、歳なんか関係ない。そうですよね。
世間には勝たねばならない、でも、苦しい、
自分が嫌いでコンプレックスだけで生き延びて空虚しか心になかったような自分ですが、それも今は関係なし。
自分の意思、志を「我がまま」「アウトロー」なんて思っていてそんなことを思う自分にもコンプレックス。
でも心のそこから生まれたものは本物であるということ。志高く、自分で納得する人生を、人に迷惑をかけずに更に人のためになるように。
60. Posted by リリィ♪   2012年01月27日 19:47
私は今どのくらいの高さを飛んでいて
それをどれだけ味わっているだろうか?
どうしたらますます楽しめるだろうか?
そう思いました。
ありがとうございます。
61. Posted by shige   2012年01月28日 00:46
自分にとっての志が何なのか、未だ迷走中の僕です。

追伸にあった、
「自分がワクワクするような目標を持つ」か、
「楽しいと思えることを探し、それを楽しむ時間を生活の中に確保する」

というのは、是非やってみたいなと思いました。

ワクワク、楽しく、高度を上げて人生を進んでいきたいです。

ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔