2006年01月08日

歴史の法則に学ぶ


こんにちは、野口です。

前回の記事「宇宙のリズムとモーツァルト」で予告しましたとおり、
今日は「地球のバイオリズム」というお話をしたいと思います。


ふつうバイオリズムというと、人間の身体や感情の周期の波のことを
想像する人が多いと思います。





私がお話したい「地球のバイオリズム」とは、もっと大きなスケールの
お話です。

次の記事をまだ読んでない方は、まず先に読まれた方が理解しやすいと
思います。

地球の秘密と「幸せな成功」

謎が解けた!



さて、故 村山節(むらやま みさお)氏の話をしましょう。

村山氏は、何人もの統計学者たちから、
「ここ数十年の世の中の動きを、最も正確に言い当てている人」と評価
された歴史学者です。



村山氏は、世界の歴史が“ある法則”によって動いていることを発見し、
その法則から、世の中の動きを非常に正確に言い当てました。

たとえば、ソ連が崩壊するずっと以前から、ソ連の崩壊を予告しました。



さて、村山氏は、どんな法則を発見したのでしょう?



村山氏が発見したのは、次のような法則です。

「東洋文明と西洋文明は、入れ替わりながら時代をリードしてきた。
 その周期はちょうど800年で、800年ごとに、東洋文明と西洋文明が
 交互に時代をリードしてきた。
 この800年周期は、非常に正確で、過去に一度の例外もなく、規則
 正しく繰り返されてきた。」



つまり、西洋文明がリードする800年の後に、東洋文明がリードする800
年が続き、その後、また西洋文明がリードする800年と続きます。

これが、完璧に規則正しく繰り返されてきたというのです。



もっと正確にいうと、東洋文明も西洋文明も、それぞれ次の周期を繰り返
しているのです。

・春の時代(文明の黎明期) ・・・400年間
   ↓
・夏の時代(文明の成長期) ・・・400年間
   ↓
・秋の時代(文明の爛熟期) ・・・400年間
   ↓
・冬の時代(文明の衰退期) ・・・400年間
   ↓
・春の時代(新しい時代の黎明期)
   ・
   ・
   ・



そして、この周期の波が、東洋文明と西洋文明では、ちょうど800年
ずれているのです。

つまり、西洋文明が秋の時代から冬の時代に移行して衰退していく時、
同時に、東洋文明は春の時代から夏の時代に移行して栄えていくのです。



こうして東洋文明と西洋文明は、800年おきに時代の主導権を交代し
ながら、歴史を引っぱってきたことになります。

これを発見した村山氏に対して、多くの歴史学者が、
「800年周期だって?そんなバカな!」と反論を試みようとしましたが、
調べれば調べるほど、村山氏の考えの正しさを証明する結論に至ったの
です。



そして、村山氏の発見は「文明法則史学」と言われ、
林英臣氏をはじめとする研究者たちによって、
さらに研究されるようになりました。



この800年おきに入れ替わる東洋文明と西洋文明の周期を、
波の図にすると、DNAの二重らせん構造にそっくりです。

これはまさしく、地球のバイオリズムです。



人間に男と女がいるように、動物にもオスとメス、植物にもオシベとメシベ、
磁石のプラスとマイナス、さらには、「陰と陽」という考え方もあります。

同様に、文明にも東と西の2つが存在することに、何か共通した法則があり
そうですね。



さて、東洋文明と西洋文明の主導権が入れ替わる時期(=転換点)は
800年に1度やってくるわけです。

この転換点の時代には、必ず次の3つのことが起きています。



(1)異常気象、地震などの天災の頻発
 ↓
(2)ある地域で深刻な食糧難
 ↓
(3)民族の移動と戦争



過去、転換点においては、必ずこの3つの出来事が起きたそうです。

前回の転換点は十字軍遠征の時代でした。
その時は、東洋文明が衰退して、西洋文明が栄えていく転換点でした。



そして、その次の転換点が、ちょうど今の時代にあたります。
今回は、西洋文明に替わって、東洋文明が世界をリードし始める転換点
です。



西洋文明は、頭脳(理性)の文明でした。
分析を得意とし、科学を発達させました。
論理的で合理的で効率的なのが特徴です。
操作的という言い方もできるかもしれません。

東洋文明は、精神(感性)の文明です。
融合を得意とし、精神文化が土台になります。
あるがままを大切にし、執着を手放すことに価値を置きます。



どっちが良いとか悪いとかではなく、それぞれが役割をもって、交互に
歴史を発展させているわけです。



すいぶん前から、欧米諸国でも、東洋的なものが脚光を浴び始めていま
すね。
今後さらに、脚光を浴びていくのでしょうね。

また、私の知人にも、日本人以上に日本文化に精通していると思える
アメリカ人がいます。(完全に脱帽です)



もちろん西洋的なものが不必要になるわけではなく、それらも大切にし
ていきたいですね。



さて、東洋的なもののキーワードは、・・・
「こころ」「感性」「精神文化」「融合」「アナログ」「ファジー」「スロー」
「自然」「あるがまま」「手放す」
などでしょうか。

たしかに、今の時代、こういった考え方を強めることでバランスが取れて
いくように思えます。



あなたのワンクリックが私の「バイオリズムエネルギー」を充電してくれます(^_^)
★ (↓)今日もひと押しお願いします!
人気ブログランキング2
★ (↑)ただ今のランキング順位は?
「今日もツイてる、ありがとう」と言いながら押せば、あなたのわくわくエネ
ルギーもアップするかも!


procoach at 22:06│Comments(38)clip!自己実現の心理学 

この記事へのコメント

1. Posted by じゅんこアーティスト   2006年01月08日 22:51
経済の流れが「物」から「こころ」に移っていると思います。
もう物はあふれています。物では幸せになれなくなっています。
人は忙しく、疲れ、癒し系のものがずいぶんと好まれているの
ではないでしょうか。いやしの音楽もまだ当分好まれるでしょう。
(私は大好きです)ファーストフードから徐々にスローフードに
きりかえ、健康に気をつける人もいるでしょう。

これからは東洋系のものと環境、おおいに関心を持ちたいものです。
じゅんこアーティストでした。(^_^)…
2. Posted by nikki   2006年01月09日 01:53
はじめまして!
800年周期説、どこかで聞いた事ありましたが、日本が発祥の地だったとは。
今が転換期なのですね。わくわく☆

これからも遊びにきまーす。
3. Posted by 鈴木秀一郎   2006年01月09日 02:41
文明800年周期説、今にして実感を感じながら読ませていただきました。
転換点の条件である(1)は万人が認めるところですね。 
(2)は北朝鮮が近い線にあるように思いますし、最近中国では、一部の
農民が自活出来ず、配給生活しているそうです。
河川や土壌の汚染、地下水の不足、経済格差など中国が食料問題で崩壊し、
(3)に移行する可能性は高いような気がします。
さて東洋のリーダーはどこにいるでしょう?
松下政経塾も選挙出馬のハク付けの機関になっているという話もあります。
果たして日本にリーダーシップを取れる人材が居るや否や?
でもこのブログにこれだけ人が集っているということは、まだまだ日本人も
捨てたものではないという証拠のような気がします。
野口さんの情報発信と、それを生かそうとする人の志に期待しています!
4. Posted by 早稲田命   2006年01月09日 02:47
こんにちわ。ブログランキング、クリックさせていただきました。
僕は早稲田を目指している現役生です。本当は慶応も好き。でも、父が慶応だから、早稲田に決めました。同じじゃ嫌なんです。
僕は以下の3つのブログを読んで、
早大受験のやる気を保っています!

1位 現役女子大生芸能プロ社長の日記
(22歳・政経学部4年の天才女社長が熱く語る)
   http://blog.livedoor.jp/riddler/

2位 闘う早大生:夏川潤香の「日本を洗濯します!」
(小泉総理が愛読しているという噂の注目ブログ)
   http://yaplog.jp/uruka_natukawa/

3位 輝女KIRAJYO 輝女ブログ
(社会貢献を目指す女子大生サークル。
早大生も参加しています。
メンバー登録受け付け中)
http://kirajo.jugem.jp/

この人たちとキャンパスで出会えるように頑張ります。
5. Posted by 明夫   2006年01月09日 04:05
これからは心の時代ですね。
6. Posted by ゴールデンマネージャー   2006年01月09日 04:18
野口さんこんばんは確かに今は東洋の時代なりつつあると思います。中国やインドが経済発展をしてますね。それと物質的なことより心に関するが多くなってますね。癒しやメンタル的なことに関心があるようになってきてると思います。
7. Posted by ガッツ   2006年01月09日 06:07
物事の変化を日々追うのも大切ですが、
数若年単位で俯瞰すると別の世界が見えるのですね。
キーワードとして東洋的な事に注目したいです。
8. Posted by うるとらまん   2006年01月09日 07:15
野口さん、8日はありがとうございました。やはり直接会って皆様とワイワイはいいですね。最近、文明の衝突(特にキリスト圏とイスラム圏)が言われますが、それだけでは片付けられない大きな波が何度もやってきていると感じています。
9. Posted by 加藤ユミコ   2006年01月09日 08:24
800年周期ですか。
なんて人間の私たちから見れば長い時間を
かけて入れ替わるのでしょう。
そのちょうど転換点を生きている私たち。

この野口さんの文章を最初に読んだときは、
『なんてラッキーなんだ!』と思いました。
ちょうど衰退期でなくて良かったと。でも
もう一度今朝読んでみると、転換点を生き
る私たちが何をするのか、ということを考
えようと思いました。
10. Posted by まゆ   2006年01月09日 08:48
おはようございます★

春夏秋冬サイクル(バイオリズム)の影響力の大きさ、
その不思議さを知って、毎日の生活に取り入れています。
“流れってあるよなぁー”と、なんとなく感じていたこと(自分)の
大まかなうねり・リズムが分ると、おもしろいですよ。

1日の間、月間、年間、年ごとの流れ。
文明にもそれがあったなんて!

不思議なのですが、なぜかとっても腑に落ちる気がしました。
私たちは「ガイアの子」なのですものね。

今日も感動をありがとうございました。
ちなみに、春1年目のまゆでした。


11. Posted by bigpapa   2006年01月09日 09:31
今日もありがとうございます!
今日のお話しを読んでいて、つくづく我々生き物は
「生きている」のではなく「生かされている」んだな〜と思いました。
野口先生とこのブログ読者の皆さんに出会えた私は本当にツイている!
12. Posted by フェルメール   2006年01月09日 09:46
欧米の考え方は、
物質主義です。

日本人には、体質的にあってないんですよね。

「お金は、大事だよ〜」と
保険会社のCMで流れても、
おかねを所有する競争になったら、

大部分の人は、
嫉妬だとか、不満だとか、文句だとか悪口だとか、
イヤな気持ちになりませんか?

それよりも、お金持ちの人たちの中にある、
豊かな精神を学んだほうがいいと思います。

物質的に困ってない人たちが、
どんなことを大切にしているか、
その答えが、アジアの精神にあるのではないでしょうか?
13. Posted by ライフバランス   2006年01月09日 10:10
『歴史の法則に学ぶ』

 文明800年周期のお話、勉強になりました。
 21世紀は我々東洋人がリードする番なんですね!

 一つ疑問です。

 西洋文明と東洋文明、今後もそれ以外の文明はないのでしょうか?
14. Posted by dais35   2006年01月09日 10:35
800年周期説。初めて知りました。。。
スピリチュアルな時代になってきている気がしました。

いつも勉強になります。
ありがとうございました!
15. Posted by 瑠璃   2006年01月09日 14:55
今、モーツァルトの「ピアノコンサ−ト」を聞きながらこれを書いています。

800年周期、全然知りませんでした。

戦争や異常気象、地震など世界はどうなってしまうのかと思う事もありましたが、これらは転換期に起こるべくして起こっていることなのですね。
世の中の見方を変えなければいけないと思いました。

それにしてもこれからは「東洋の時代」、希望が湧いてきます。
とても考えさせられました。

ありがとうございました。
16. Posted by aiko+aska   2006年01月09日 22:26
はじめまして!aiko+askaと申します。

西洋と東洋という区別は間違いなく人間が創造したものなのに、
それがDNAのような自然が作り上げたものに酷似している構造を
形作っているという事実は面白いですね☆

物質と精神、東洋と西洋、
それぞれがまったく異なったものであればあるほど、
両方に個性が感じられておもしろいのですが、
それらがつながって何かを形作っているということを知った時、
これまでとはまた違った世界がひらけるのでとっても魅力的です♪
学ぶ、調べるだけの歴史がすでにある、ということはとても
恵まれていることなんだなーと思いますね〜。でわわ
17. Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru   2006年01月09日 23:30
東洋のキーワードいいですね。
じっくり考えてみます。。。
18. Posted by 湯浅 忠雄   2006年01月09日 23:53
シンガポールで仕事をしているものです。中国に毎月、仕事で行っています。明日からも北京です。
「800年周期」は、理屈としては面白いのです。
しかし、現在の東南アジアの人々や中国の人々の多くは、西洋的な価値観をとても尊んでいます。しかし、それは表面的なことばかりで、一言でいえば、拝金主義です。


また、経済発展の著しいといわれる中国では、公害がひどく、香港から深センをみると、スモッグで覆われているのが、はっきりとわかります。北京も
上海もスモッグは、危険レベルです。


経済発展という点だけをみれば、インド・ベトナムを含め、成長をすると思います。でも、それはあくまで、マクロの、グラフ上の増加であり、決して、心が豊かになったとはいえないと思います。

もっと心の教育をアジアに広めなければ、アジアの経済成長は、単なる
19世紀の西洋の植民地政策の副作用で、終始すると思います。





19. Posted by コタニヒデアキ   2006年01月10日 10:39
野口さん、
あけましておめでとうございます。
(おそい目ですいません)
今年もよろしくお願いします。

今日のお話、
さまざまなバランス機能によって世の中がうまく回るんですね。
800年周期説を発見した村山さん、
それを聞いて松下政経塾を作った松下幸之助さん、

日本人ってえらいなー、ってすごく思います。
そのこころ、大事にしたいですね。

ありがとうございます。
20. Posted by miwa   2006年01月10日 15:38
野口さん、いつもありがとうございます!
800年周期は聴いたことがありますが、その時は時代は繰り返されるんだなと思いました。
今、ちょうど東洋周期としてこの時間を皆様と共有できる事は、嬉しい事だと思います。
心の意識をちゃんと気づいていきたいと思いました。
いつもありがとう!感謝してます!
21. Posted by 人事労務屋・田代   2006年01月10日 21:19
野口さん、こんばんは。
恥ずかしながら800年周期説初めて知りました。
人事労務(HRM)の世界でも、転換期を感じます。
これは必然だったのですね!
すばらしいお話をありがとうございました。

尚、応援プロジェクトに参加させて戴きました。
宜しくお願い致します。
22. Posted by じゅんこアーティスト   2006年01月12日 00:17
aiko+askaさん 野口さんのブログに来てくれたのですね。
健さんの「豊かさへの感性を高めるセミナー」おもしろかったですね。
またセミナーでお会いしましょう。
野口さんランキングのカウント、増々すごいです。
ひたすら走っています。(^_^)…
23. Posted by norinori   2006年12月23日 09:34
いつもありがとうございます。
これから医学の世界も西洋から東洋へと転換していくのでしょうか。
少なくともリハビリテーションの世界では、その流れがでてきているように感じます。運動・行為を外部観察される結果を分析することだけでは、運動・行為能力改善の限界がいわれてきてます。結果の原因となる内部事象(学習された内部モデル)へのアプローチが重要視されはじめています。
今回のお話を読んで、世の中全体のパラダイムシフトの流れの裏づけを強く感じました。
知っていれば得することが多いですね。ありがとうございます。
24. Posted by あち   2007年01月10日 16:57
あちです。

10年前に病院で出会った患者さんのことを思い出しました。

交通事故の後遺症の痛みに悩まされているフリーのカメラマンでした。

お薬やリハビリに痛みの改善が見られず。。。

アロマや石や瞑想や音楽を用いて、ご自身でヒーリングをされてました。

西洋医療の限界と心の医療である東洋医療への興味が湧き上がったことを思いだしました。

そういえば新人ナースの頃「脈で体と心がみられなくちゃいけないよ。」
と教えてくれた患者さんもいました。

チャングムはまさに東洋医療の原点でした。

答えは患者さんのなかにある。。。貧しい人に大切なのは医者でなく健康でいられる知識。。。

医療と教育現場の東洋の復活が楽しみです。

ダライラマも宗教の融合を宣言されてましたね。

楽しみでわくわくしてかました!

ありがとうございます。
25. Posted by み〜ぶ〜   2007年02月02日 20:31
野口さん、スケールの大きい話ですね。
転換期によって、バランスが保たれているのなら、その時に起きる出来事を乗り越えられるよう、愛と知恵を身につけておきたいです。
一年先のこと、一ヶ月先、来週、明日、今夜、1分後・・・想像もつきませんが、新しい春を平和な気持ちで迎えられるように、生きたいです。
語り伝えていくことは、大切なことだと思います。
野口さんのブログに感謝しています。
26. Posted by み〜ぶ〜   2007年02月20日 20:42
野口さん、今日もありがとうございました。
今日、気づかせていただきました☆
転換期を乗り越えられるよう、
愛と知恵と『勇気』を身につけたいです。
27. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年03月27日 12:16
      すごい!!!!

「地球は生命体」もすごかったけど、
「800年周期のラセン構造」もすごい!
それに、松下幸之助さんの(即、実行)力にも脱帽です。

確かに世の中は(物質文化)から(精神文化)に変わってきていると思います。

ああ、太極拳での(気の流れ)もラセンだって教わったな・・・
まだ実感できてないけど。

壮大なスケールのお話で「私もその大きな流れの一端を担ってるんだ・・」
っておおきな気持ちになれました。 ありがとうございます。
28. Posted by 願いを実現☆   2007年08月07日 14:10
800年周期の法則ってものすごく壮大ですね

今東洋的なものがますます脚光を浴びているのにはこの法則があったなんてすごいですね


遅ればせながら私がいまこのブログをはじめ精神世界に興味を持ちはじめたのもその流れに乗っているということかな と思うとちょっとうれしいです。

29. Posted by 蓮きち   2007年12月15日 00:50
すごーい。面白い。
この世の作りはシンプルなんですね。
いろんなことが思い浮かびます。

これから、未来はどうなるのか不安だったけど、
新しい時代がまたくるんですね。

東洋と西洋。昼と夜。
東洋が寝てる時、西洋ががんばっていてくれて、
西洋が寝てる時、東洋ががんばっている。
どっちも欠けちゃあいけない気がします。

これからが楽しみ!!!!
30. Posted by ようこ   2008年03月07日 12:53
生きている地球
東洋文明と西洋文明の周期を、波の図にすると、DNAの二重らせん構造
 西洋文明は、論理(合理性)の文明でした。分析を得意とし、科学を発達させました。
 東洋文明は、精神(感性)の文明です。融合を得意とし、精神文化を発達させるのが特徴です
今は東洋文明が世界をリードし始める転換点
 人々の心が、物に溢れかえって見えなくなっていてとても心配でした。このブログを見て安心しました。地球が良くなる、人々の心が温かくなる事を信じて、歩み続けます。
31. Posted by archi   2008年11月15日 16:35
転換期に起こる3つの事が、まさに今起こっていますね。
津波や地震に始り、食糧危機、世界同時株安…
不安になることが多くありますが、
これも西洋から東洋文明へ移行する途中なんですね。
そしてまさに「こころ」「感性」「精神文化」「融合」「アナログ」「ファジー」「スロー」に注目されているのではと思いました。
32. Posted by aoiumiaruku-v.v   2009年03月05日 15:30
5
文明もここまできて、
とうとう転換せずにはいられないところまで来たようですね。
ちょうど800年経ちましたか・・

地球もまさかここまで汚染されるとは思っていなかったかもしれません。
800年前の地球は想像できるけど、
800後の地球は、私には想像できません。
33. Posted by 田野上晴樹   2009年06月05日 23:17
5 800年周期とは

初めて知りました。

色々勉強になります。

今の現代に生きる私は幸せです。

野口さんのブログ楽しみに全部読んで

野口さんをたくさん紹介したいです。
34. Posted by 山中一弘   2010年02月28日 02:53
東洋的なキーワード、
「融合」「ファジー」「自然」「あるがまま」「手放す」
によって、これから800年間、
東洋が独走するのではなく、
西洋と「融合」し、「あるがまま」、「自然」に、
人類の文明が進歩して、
文明の進歩がやがて、
この星の進化となればいいなと感じました。


35. Posted by      2011年02月21日 16:18
ネットの世界でも、今、実名ネット社会と匿名ネット社会が衝突してるよね。

実名は、西洋の個人主義的価値観が前提だろう。匿名は、東洋の個を隠す協調的価値観が前提だろう。

東西の800年周期説を前提とすれば、今後は匿名ネットの方がネット社会の主流になって実名ネットの方が敗北する方向に進むと思われる。
36. Posted by shige   2011年11月10日 22:51
転換期の1から3、すべて当てはまってますね。
ではこれから、西洋文明が衰退し東洋文明が成長期に入るんですね。

西洋が築いた土台の上に、どんな東洋文明が成長していくのか、
とても楽しみです。

800年生きてみたくなりました(笑)

ありがとうございます。

37. Posted by リリィ♪   2011年11月12日 20:24
うわ〜
これからも楽しみですね。
ありがとうございます。
38. Posted by マーガレット   2012年04月22日 21:25
野口さん、こんばんは。
今、同じ時代に生まれて、
野口さんのご著書たちに出逢えて、
こうして学ばせていただけることに
心より感謝しています。
今日のお話を心で感じて生きてゆきたいです。
いつもありがとうございます☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔