2005年08月30日

なぜ、わかっちゃいるのにやめられない?

前回の記事で、望む人生の実現するためには、“望む人生を実現するにふさ
わしい考え方・生き方”をすることが不可欠だ、という話をしました。


そして、私たちが望む生き方を実現するのを“妨げるもの”も、私達の中に
あるという話をしました。
この“妨げるもの”を解消することが、“望む人生を実現するにふさわしい
考え方・生き方”をする近道であり王道
です。


今日は、例(架空の話)を挙げながらお話します。

人気ブログランキング2 

商店経営をしている I さんには、妻と3人の子どもがいます。

I さんは、「よい夫でありたい。よい父親でありたい。家庭を安らげる場
にしたい。」と、以前から思っています。
しかし、現実はというと、I さんの家庭では夫婦喧嘩が絶えません。



I さんは、妻の言動に腹を立てることが多く、すぐに怒鳴りつけてしまい
ます。
自分のやり方に対して、妻から反対意見を言われると、すぐにカッとなる
のです。

また、何かを「やってほしい」と妻に頼んだ時に、妻から断られると腹が
立ちます。



腹が立って怒鳴りつけると、妻も負けてはいません。
こうして夫婦喧嘩が始まります。

I さんは決して自分からは謝らないので、妻が冷静になって謝ってくるま
で喧嘩が続きます。
また、子どもが妻の味方でもしようものなら、子どもに対しても怒りをぶ
つけてしまいます。



そして、I さんは後でいつも反省します。

「心の広い人間になりたい。すぐに怒ったりせず、いつも冷静でいたい。」
と思うのです。
I さんは妻と子どもを愛していて、よい夫・よい父親になりたいと心から
思っています。



では、なぜ I さんは、すぐに腹を立てて、妻や子どもに怒りをぶつけてし
まうのでしょうか?



この謎解きをする上で、以前の記事でご紹介したABC理論が役に立ちま
す。

同じ出来事に出会っても、人それぞれ反応の仕方が違います。
たとえば、自分のやり方に対して、妻が反対意見を言ってきた時に、すべ
ての夫が I さんのように腹を立てるわけではありません。



「なるほど、そういう考え方もあるのか。」と、妻の意見に興味を持ち、
参考にする夫もいます。

「俺は自分のやり方でやりたいけど、助言してくれたことはありがたい。」
と妻に感謝する夫もいます。

「二人で話し合って、よりよいやり方を探ろう。」という夫もいるでしょう
し、妻の意見を聞いているふりをして聞き流す夫もいると思います。



同じ出来事に出会っても、人それぞれ、「その出来事に対する受け止め方」
が違うのです。
その結果、「どんな感情を抱き、どんな行動を取るのか」が違ってくるわけ
です。

そして、出来事に対する受け止め方を決めているのは、その人のビリーフ
(信じ込み)なのです。



A=Affairs(Activating Event)=出来事
B=Belief=信じ込み
C=Consequence=結果(結果として起きる感情や行動)

出来事(A)を、その人の信じ込み(B)で解釈し、結果としての感情や
行動(C)が起きるわけです。



I さんの場合、「妻が反対意見を言ってくる」という出来事(A)に対して、
結果的に(C)腹を立ててしまいます。
どんなビリーフ(=信じ込み・B)を持っているのでしょうか?



例えば、次のビリーフ(信じ込み)を持っているかもしれません

・妻は夫のやり方を理解し支持するべきだ
・妻は夫のやり方に反対するべきではない

これらのビリーフを持っていると、反対意見を言う妻を、「なぜか、その場
では受け入れられない」ということになりそうです。



しかし、夫も妻も、違う環境で育ってきた人間ですから、実際は意見が違
うのがふつうの現実です。
自分のやり方を理解してもらえないということは、日常的にあるはずです。

ところが、上の2つのビリーフを持っていると、そういったふつうの現実
を受け止めることができません。



「現実に臨機応変に対応できないビリーフ」を、アルバート・エリス博士
は、「非合理的ビリーフ」を呼びました。
「・・・であるべきだ」「・・・であらねばならない」というビリーフは、
ふつう「非合理的ビリーフ」です。



一方、現実に臨機応変に対応できるビリーフを「合理的ビリーフ」と言い
ます。

例えば、「妻は夫のやり方を理解するにこしたことはない」というビリーフ
(=合理的ビリーフ)を持っている夫だったら、妻に反対意見を言われた
時に、少しがっかりすることはありますが、激怒したりすることはありま
せん。



健全な「合理的ビリーフ」の特徴は、ファジー(=あいまい)です。

「妻は夫のやり方を理解するにこしたことはないが、そうでないこともあ
りうる。」というように、融通の利いた受け止め方ができるのです。



また、腹が立つと妻に怒鳴りつける I さんは、次のビリーフを持っている
可能性もあります。

・相手を変えるためには、怒りをぶつけて、イヤな思いをさせるのがよい
・相手に気づかせるためには、相手を非難するのがよい



このように信じていると、相手を変えるために、攻撃的なスタンスを取っ
てしまうのですが、実際そのやり方は逆効果になることがほとんどです。

これらも、非合理的ビリーフと言えそうです。



他にも I さんはいくつもの非合理的ビリーフを持っている可能性があります。

例えば、

・自分の考え方のほうが、妻の考え方よりも常に正しい
・妻は夫からの協力要請を断るべきではない
・家族は父親を立てるべきだ
・負けてはならない(常に勝たねばならない)
・謝ることは負けることである



いずれにせよ、「よい夫・よい父親になりたい」と思うのであれば、自分の
中の非合理的ビリーフを見つけて、それを解消するトレーニングをすること
が、最も根本的にして、最短の近道なんです。



前回の記事で、マリリン・モンローの人生に触れましたが、次の2つの謎
解きについては、「人生で繰り返してしまうパターンの出所は?」という記
の中で、「人生脚本」として紹介してあります。

・マリリン・モンローは、どんなビリーフを持っていたのか?
・なぜ彼女は、幸せな家庭生活を夢見ながら、それを実現することができ
なかったのか?



では、次回に続きます。


このブログを、よりたくさんの人に知っていただきたいと思っています。
★ (↓)今日もひと押しお願いします!
人気ブログランキング2
★ (↑)ただ今のランキング順位は?

「今日もツイてる、ありがとう」と言いながら押せば、モチベーションも
アップします!

いつも応援ありがとうございます!          野口


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. あなたのビリーフは?  [ コーチになろう! ]   2005年09月18日 18:42
コミュニケーションに欠かすことができないのが「聴く」こと。それこそ「耳たこだ〜」と聞こえてきそうです! でも、人の話を“聴ききる”のは、そんなに簡単なことではないというのも正直なところです。 「なぜ、私は聴けないのか?」これが中央公民館講座2回目のテ....

この記事へのコメント

1. Posted by mar   2005年08月30日 23:18
今日も良い話をありがとうございます。

過去の記事へのリンクもつけていただいているおかげで、
そちらも興味深く拝見しました。
数週間ほど前からほぼ毎日のようにアクセスしていますが、
まだ読んでいない過去の記事もたくさんあるので、
関連する話が出た機会に、このような形で教えていただけると
新参者としては大変ありがたいです。

いつも、黙って読んでいるだけでしたが、
一言お礼を申し上げたくコメントさせていただきました。

また、書籍として出版されることも楽しみにしています。
これからも頑張ってください。
2. Posted by Hikari   2005年08月31日 00:21
野口さん、こんばんは。
わくチャレも継続していますが、同様に、
こうして以前話題になったことでも、繰り返し
違った言い方やアプローチで触れさせていただけますことは
本当にありがたいことと思います。
私たちは、それが徹底的に腑に落ちるまでは
どのように素晴らしい話でも
忘れてしまえるからです。
私もまた、人生脚本に立ち戻る時期が来たのかな?
と思いつつ、次の記事を待つことにします。
3. Posted by ちゅる   2005年08月31日 10:22
野口さん、はじめまして!

今年初めぐらいからほぼ毎日拝見させていただいております。
私は受験生なんですが約一週間前に試験が終わり
結果発表まで、わくチャレに参加しようと思ってます。

いつも拝見して思うのですが
こういう人間の心理って表現が難しいのに野口さんのブログは
わかりやすいんですよね。体系立ってますし。

今日のビリーフや以前書かれてたドライバーを
まず認識して認めることから改めてスタートしてみます!

もうだいぶ遅いのですが、
ドライバーの記事と愛は動詞だ!っていう記事が一番心に残ってます。

最近お忙しそうですがお体に気をつけてがんばってください☆

4. Posted by ブルボン@大窪   2005年08月31日 11:43
ほんとに思い込みって難しいですよね。

自分じゃ認識できてないんですから。。。

しっかりしたコーチ・相談者が近くにいればいいですね。

その前にしっかりと自分でセルフコーチング出来るようになりたいですね…
5. Posted by smooth@マインドマップ書評   2005年08月31日 12:32
野口様

いつもためになる記事ありがとうございます。
ウチの夫婦は仲がいいのですが、それでもたまに家内の言動に
「アレ(汗)?」となってしまうと、つい論破(笑)して
傷つけてしまうことがあります。

そういうのも、勝ち負けの問題じゃないですよね・・・。

今後は気をつけたいと思います(汗)。
6. Posted by フェルメール   2005年08月31日 21:14
「非合理的ビリーフ」とは、
ある意味、いき苦しい信じ込み 
のことですね。

非合理的ビリーフが少ない人ほど、
楽しい人生を送れるし、

逆に非合理的ビリーフが多い人ほど、
つらく苦しい人生になってしまうと思います。

自分もこの非合理的ビリーフが多い人間ですから、
このビリーフが少ない人と話すと、
とてもためになるんです。
7. Posted by てつじ   2005年09月01日 07:20
おはようございます!

私も結構、非合理的ビリーフを持っています。
でもトレーニングすることで解消することができるのですね。
少しほっとしました。
「わかっちゃいるのにやめられない」
「わかっているけど行動に移せない」
こういった自分を改善していきたいですね。
8. Posted by まのっち   2005年09月01日 21:10
今日の記事を読みながら、ビリーフチェンジの前にまずは自分が今、心地よくない状態(C)にあることをキャッチし、受け止めることが大事だなぁ。。。と思いました。
そしたらどんなビリーフに自分が使われているのか、見ることが出来るかも。
どんな反応する自分でも、それをいいとか悪いとか自己評価するんじゃなくって、“ただそうなんだ。”と受け止めることから始めたいな。そう思いました。
野口先生の記事はいつも、自分の可能性を考えさせてくれます。
今日もありがとうございました。
9. Posted by 野口嘉則   2005年09月01日 23:04
marさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
メッセージ嬉しかったです。

Hikariさん
わくチャレ、やってますね!
私自身、人生脚本には、定期的に向き合う必要があると思っています。

ちゅるさん
はじめまして。コメント嬉しいです。
試験が終わって、わくチャレに挑戦されるんですね。Weicome!
10. Posted by 野口嘉則   2005年09月01日 23:09
ブルボンさん
自分で認識できてないってところが、思い込みのやっかいなところなんですよね。
見つけ方も、紹介する予定です。

smoothさん
ご夫婦、仲がいいんですね。
私も妻を論破してしまい、後で反省することがあります(^_^;
(土井英司さんのイベントでお会いできるのを楽しみにしています)

フェルメールさん
「いき苦しい信じ込み」とは、まさしく非合理的ビリーフの特徴を表してますね。
私も、未処理な非合理的ビリーフがいくつもあります。
11. Posted by 野口嘉則   2005年09月01日 23:12
てつじさん
トレーニングの方法についても、追ってお伝えしていく予定です。
おたがい、自分をよりよく改善していきたいですね。

まのっちさん
お久しぶりです。
おっしゃるとおり、自分を見つめる時は、いい・悪いの評価を手放して、まりのままに受け止めることが大切ですよね。
12. Posted by 西木 裕司   2005年09月03日 21:57
私は今まで妻にいい思いをさせてあげたことがないので

今は夢に向って挑戦中です。

このブログに出会えた私は本当にツイている!
13. Posted by runa   2005年09月04日 22:15
はじめまして。
私は今日初めてこのブログを拝見させていただき、考えさせられました。
自分を知るって中々簡単なようで難しいですよね。
そんな中で「合理的ビリーフ」「非合理的ビリーフ」という観点から自分を見つめなおし、自分を知っていこうかな?と思いました。
対面する全ての事柄において、自分の価値観を基準にとらえるのではなく、相手の立場にたって物事を判断することが必要だなって思い始めた矢先でしたので、とてもタメになるブログに出会えたこと、とても嬉しく思います。
これからも楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。
14. Posted by 野口嘉則   2005年09月04日 22:26
西木さん
夢にチャレンジしながら、奥さん孝行されるんですね。
私もそうします(^_^;

runaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
たしかに、自分を知るって簡単なようで難しいところがありますね。
これからも、よろしくお願いします。
15. Posted by アリス   2005年09月08日 20:42
野口さん、いつも勉強になっています。

 私にも強いビリーフがあり、困っているのでご意見をお聞きしたいのですが、たとえば「人との約束は守るべきだ、守れないときはその時に速やかに連絡すべきだ」というもの。これを「守れなくても連絡しないよりした方がいい」と置き換えることは自分はできないので、指導をしても平気で約束を破る人とは良い人間関係をつくることはできず、感情的にもなり、ストレスも溜まります。
 そのような場合でも人を許容するには、どうすればいいのでしょうか?
16. Posted by 野口嘉則   2005年09月08日 22:42
アリスさん
コメントありがとうございます。

そのような場合で許せるようになるには、ビリーフを書き換えるのが一番だと思いますが・・

許せるようになる意外に、私が思いついた解決法は、
・約束を破る人へのリクエストの仕方を工夫する
・約束を破る人とは、なるべく関わらないようにする
・約束を破られることを想定して、対応策を考えておく
(もうやられてるかもしれませんね)
17. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年06月27日 01:02
ああ・・・
健全な「合理的ビリーフ」の特徴は【あいまい】であること。
そうでした。
私の非合理的ビリーフ
    @ 完璧でなければならない
    @ 人より優れていなければならない
少しは緩和できてるかな・・・

ただ、今までの自分とは違う
「その出来事に対する受け止め方」は少しずつできてきています。

今一番大切にしているのは(モチベーション)です。
一日一日頑張っていくぞ〜。
18. Posted by じゅんこアーティスト   2007年09月04日 08:49
3 私もアリスさんと同様に「人との約束は守るべきだ、守れないときはその時に速やかに連絡すべきだ」との思いがあります。
先日そのようなことがありました。取引をやめようかと思いました。自分の怒りをなんとか置いて、ことが終了しました。
一事が万事ということもありますから、ちょっとしたことが、その人の人格すべてをあらわしている、という場合もあると思います。
19. Posted by みぱ   2007年10月13日 11:19
「・・・であるべきだ」「・・・であらねばならない」的な
考え方をよくしています。
ABC理論を聞いてからは少しづつ変わり始めている
気もしますが、まだまだかなー?

先日も、人に許すことをできるようになっても、
自分にできていないようじゃ、本気で人を許している
ようになっていないんじゃないか?と
言われグサっと心に刺さりました。

言ってくれた方には本当にありがたい言葉をいただいたと
感謝しています。
もっと勉強します!でも、楽しく。無理せず。じっくりと。
20. Posted by aoiumiaruku-v.v   2008年05月10日 23:44
5
以前とても大切な人に「幼稚だ」と言われたことを思い出しました。
それは(非合理的ビリーフ)をそのまま持っているということだと気づきました。
非合理的ビリーフに縛られていると
成長しにくいし、楽しく生きられないですよね。
自分の思い込みが、自分の感情を不自由にする・・・
答えは自分の中にある・・
まさに鏡の法則ですね。
21. Posted by マーガレット   2009年06月11日 18:47
野口さん、こんにちは。
私のいつものスタート地点です。
スタート地点も少しづつ、ゴールの方へ動かしています。
「非合理的ビリーフ」は、定期的に向き合う必要があるんですね。
なんだか安心しました。
野口さんのブログはすごいです。
初めから読ませていただいてよかったです。
今日もありがとうございます☆

22. Posted by アーナンダ   2009年12月08日 15:11
8月分も読み直しました。

類友の法則から、
自分の意図を相手に写している。

ネガティブな感情は
全てコチラが作り出しているのか・・・

改めて
自分のことを考えさせられていて、
素晴らしいガイドになっております。

いつもありがとうございます。
23. Posted by リリィ♪   2011年08月30日 08:27
ありがとうございます。
非合理的ビリーフに気付き、
解消したいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔