2005年05月19日

ほめ方を間違えると逆効果!子どもや部下がいる人に教えよう!

昨日の記事「間違いを指摘しても変わらない!行動改善を促す秘訣は?」
で、コーチングの「承認」についてお話しました。

「承認」は、相手の自己重要感を高め、相手を勇気づけ、相手のやる気を
引き出します。
そして、「承認」を使うことで、相手と自分の間に豊かな人間関係を築く
ことができます。


さて今日は、「承認」の使い方をお伝えしたいと思います。

普段、何気なく相手を褒めている「褒め方」が逆効果という場合もあり、
中にはドキッとされる方もいらっしゃるかもしれません。

人気ブログランキング2 


承認とは、相手の存在を認める行為です。

そして、承認を言葉で伝える場合、次の3つの立場があります。
1.YOUメッセージ
2.Iメッセージ
3.WEメッセージ


YOUメッセージとは、「あなたは○○だね」と、相手のことを伝える伝え
方です。

例えば、「君は仕事ができるね」「よく頑張ったね」「あなた、いい子ね」な
どです。


このYOUメッセージは、相手によっては「承認」として機能しますが、
相手によっては受け入れないこともあります。
例えば、「自分はダメだ」と思ってる相手に、「君は仕事ができるね」と伝
えても、相手は受け入れないわけです。


また、このYOUメッセージは、上から下へ発せられるメッセージです。
つまりメッセージを発する側が「評価する人」で、受け取る側が「評価さ
れる側」になるわけです。

ですから、社員が経営者に対して、YOUメッセージで、「社長、いい仕事
されますね。」とか「社長、よく頑張りましたね。いい経営者ですね。」と
言うと、どこか失礼な感じがしますね。

YOUメッセージは、対等な関係のメッセージではないからです、


YOUメッセージも、時と場合に応じて適度に使うといいのですが、承認
がYOUメッセージにかたよるのは、好ましくないと言われています。
なぜなら、YOUメッセージで人を育てると、その人は「他人からの評価」
を気にし過ぎる人になりやすいからです。

YOUメッセージで育った人は、人に認めてもらうために頑張るようにな
ってしまい、自分らしい生き方を見失ってしまいがちになる傾向がありま
す。


また、ハートフルコミュニケーションの菅原裕子さんは、その著書「子ど
もの心のコーチング」の中で、「ほめ言葉は子どもを支配する。ほめて育
てるのは危険。」と警告されています。

ここで言う「ほめる」とは、YOUメッセージを指しているものと思いま
す。


また、トマス・ゴードン博士が開発した親業訓練講座においても、YOU
メッセージでほめることの弊害を教えています。


例えば、「あなた、いい子ね」というYOUメッセージは、4月9日の記事
でお伝えた「条件付きストローク」になってしまいます。

子どもは、条件付きストロークばかり与えられて育つと、自分に自信が持
てない子になりやすいのです。


そこで、非常に効果的な「Iメッセージ」や「WEメッセージ」や「存在
承認」についてお伝えしたいのですが、この続きは次回にしたいと思いま
す。


あっ、それから、今日は子育ての話もしましたが、・・・。
子育ては何歳になってからでも(子どもが成人していても)やり直しがで
きますので、ご自分の過去の育て方を責めたりしないでくださいね。


(次回に続きます)


<おすすめ本>

トマス・ゴードン博士の本です。

親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方

このブログを、よりたくさんの人に知っていただきたいと思っています。
★ (↓)今日もひと押しお願いします!
人気ブログランキング2
★ (↑)ただ今のランキング順位は?

「今日もツイてる、ありがとう」と言いながら押せば、モチベーションも
アップします!

いつも応援ありがとうございます!          野口


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 母親の心臓  [ エニアグラムコーチング ]   2005年05月20日 18:48
今日は、昨日に続いて親子関係論を。 少女を誘拐監禁虐待していた小林容疑者とその母親の話が、 最近よくマスコミで取り上げられていますが、 それを聞いて、私はあるエピソードを思い出しました。 母親を奴隷にする子どもたち―シュララッフェンランド・シンドロー
2. 子供のほめ方  [ 育児を楽しく♪ 〜最新育児情報〜 ]   2006年10月20日 22:30
最近の息子はいろんなお手伝いをしてくれるようになってきました。 自分の食べた皿を流しまで運んでくれたり。 オムツ換えをすると、使用済みのオムツをゴミ箱へ入れてくれたり。 そんな姿を見ると子供の成長を感じてとてもうれしく思います。 そして息子を褒めてあ...

この記事へのコメント

1. Posted by 大阪の熱い男 ナオ   2005年05月20日 09:09
おはようございます。

昨日はセッションありがとうございます。
昨日お勧めいただいた。

「小さな会社 集客のルール」を
早速買いに行き、
読ませていただきました(フォトリで・・・)

ホント参考になりました。

今朝も朝から読み直しHP制作に取り掛かっております。

また営業戦略に役立つ本紹介してください。

今後ともよろしくお願いします。
2. Posted by kyokohh   2005年05月20日 11:01
はじめまして。ときどき拝見させていただいています。
最強の学習法をやりだしました。
すばらしい情報をありがとうございます。

CTPに参加をして、YOUメッセージについて学習しましたが、上から下へ発せられるメッセージだとは気づきませんでした。

わたしの子も行動改善をぜひ促したいので(笑)、次楽しみにいています。
それと、
>子育ては何歳になってからでも(子どもが成人していても)やり直しがで
きますので、ご自分の過去の育て方を責めたりしないでくださいね
の言葉は、胸に響きます。

3. Posted by rise(リセ)   2005年05月20日 14:24
はじめまして。最近 野口さんのブログにたどり着きました。
穏やかな気持ちになって、居心地が良くて、幸せを感じます。
感謝しています。

今日ご紹介の本2冊、早速買おうと思います。

昨日のフェルメールさんのコメントを読ませてもらって。
私もホームレスさんの200円の雑誌買ってます。
商品を渡してくれた時「ありがとう。応援してます。」と伝えたら
「ありがとう。頑張ります。」と言ってくれました。嬉しかったです。
きっとフェルメールさんも素敵な反応を受け取ることができると思います。

世の中に 人の数だけ受け答えの種類があると思いますが、私の気持ちを
素直に相手に伝える努力を 続けたいと思います。
4. Posted by 成瀬@エニアグラムコーチング   2005年05月20日 18:54
こんばんは。
お久しぶりです。
いつも読ませていただいています。
野口さんのところも子育て論になっていたので、
(またまたシンクロにシティー?)
TBさせていただきました。
ほめるときもYOUメッセージは危険性があったのですね。
気をつけよっと。
5. Posted by 野口嘉則   2005年05月20日 20:47
ナオさん
早速買ったんですね。
ナオさんの行動の速さは、ぜひ見習いたいです。
リニューアルされたHP、楽しみにしています。

kyokohhさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
最強の学習法、やられてるんですね。
嬉しいです。

riseさん
はじめまして。
私のブログ、居心地がいいんですね、嬉しいです。
「人の数だけ受け答えの種類がある」・・・なるほど!

成瀬さん
お久しぶりですね。
トラックバックもありがとうございます。
シンクロしてますね(^_^)
6. Posted by ゆうコミュニケーションyamauchi   2005年05月20日 21:02
野口さん、お久しぶりです。
(・・と言いながら、昨日はお世話になりました!)
「親子コミュニケーション」の山内です。
菅原さんの本はゆうコミュニケーションのブログでも扱ったことがあり、私も愛読しています。

以前、野口さんが紹介されていた『オーケストラ指揮法』のなかにも、誉めたり叱ったりすることの危険性が書かれていました。ここでは、結果について誉めたり叱ったりすることより対策などを質問しながら話し合うことの方が遙かに大切だと言っていました。

ところで、この本とてもおもしろかったです。まだ先のことですが、29日のブログで取り上げさせてもらおうと密かに思って、読み返していたところでした。記事になったらご案内させてくださいね。
7. Posted by フェルメール   2005年05月21日 07:18
YOUメッセージという言葉は面白いです。

この前のコメントに書いた
200円の雑誌を売っていたおじさんは
実は、昨日の朝は見かけませんでした。
場所を移したのかもしれません。

「頑張ってください」より
riseさんの「応援してます」のほうが素直な言い方ですね。

次は「応援してます」を使ってみます。
8. Posted by 野口嘉則   2005年05月21日 20:57
yamauchiさん
オーケストラ指揮法は、ほんとに多くの気づきを与えてくれる本ですね。
また、記事になったら、教えてください。

フェルメールさん
例のおじさんはおられなかったんですね。
フェルメールさんの行動力に拍手です!
9. Posted by 山口美和   2005年05月24日 09:59
野口さんへ
ここ数日、高齢のかたとお話する機会がありました。
障害のあるお子さんを育てられた女性のかたは、
「うちの娘が自立すると言ったときに、あ、これで子育ては終わったんだと
 思いましたよ。今は、私、第2の人生を楽しんでいますよ。」
とニコニコとお話していただきました。
素敵なかたとお会いでき、新たな刺激をもらいました。
10. Posted by 野口嘉則   2005年05月25日 15:36
山口さん
その方は、子育てでもいろいろな経験をされ、そして今は、第2の人生を楽しまれてるんですね。
11. Posted by 西木 裕司   2005年06月21日 16:42
先日、私のブログで「A子さん」と野口さん?のお話を掲載しました。

勝手にすみません。

その時に頂いたコメントです。

私の祖父は「子供は育つもの、育てるものではない」といつも言っていた
そうです。
親だから育てているなんて思うことがおこがましい、子供と一緒に自分も
育てさせていただいている感謝の気持ちがなければ親の資格などない。
人間は死ぬ瞬間まで勉強だ。

私も子供からいろんなことを学んでいます。

このブログに出会えた私は本当にツイている!
12. Posted by イプログダイレクトの店長   2005年09月14日 06:48
(わくチャレ挑戦中)
西木さんのおじいちゃんの
「子供は育つもの、育てるものではない」というのがいいですね。
オトナもコドモもみんな、生徒なのですね。
13. Posted by Happy   2005年09月21日 09:37
(わくチャレ挑戦中)
子育ては何歳になってからでもやり直しができる・・・とてもうれしい言葉です 希望のひと言でした
3人の子供たちにこのところ意識して「愛メッセージ」おくりまくりしてみています
それぞれの反応がまた面白いです
14. Posted by Happy   2005年09月21日 10:40
(わくチャレ挑戦中) 
子育ては何歳になってからでもやり直しがきく・・なんてほっとする、勇気の出る言葉でしょうか ありがたいです  安心しました
最近こどもたちに「愛メッセージ」送りまくりしてみています
 それぞれの反応もまた面白いです
15. Posted by aki@成功図書館   2005年10月02日 12:42
(わくチャレ挑戦中)

西木さんのコメントにあった、

『親だから育てているなんて思うことがおこがましい、
 子供と一緒に自分も育てさせていただいている
 感謝の気持ちがなければ親の資格などない。』

に感動しました。

上司と部下の関係もこうあるべきだと思いました。
『共に成長する!』
16. Posted by じゅんこアーティスト   2005年11月23日 21:17
きょうのワクチャレの内容で思い出したことがあります。「いい質問ですね」という言い方です。
これを聞くと、ちょっとバカにされたように感じます。(これを言われて喜ぶ私ではありません。ながい間のOL生活で鍛えられ、性格ゆがんでるかもしれないですけど)
YOUメッセージですね。
>メッセージを発する側が「評価する人」で、受け取る側が「評価される側」
対等ではありません。

「ごくろうさま」「お疲れさま」は、本来は上から下に言う言葉だそうで、それを知ってから気軽に社長や上司に言えなくなってしまいました。(あまり気にせず、お疲れさまでしたと声をかけますが)なかなか言葉は難しいです。

17. Posted by yurari   2006年04月19日 07:28
承認、いいところを見つける、それを相手に伝えることの重要さを説いた本が多いですが、実際褒めたり褒められたりすると素直に受け入れることが出来ない人、自分というのはよくあることです。

人は無意識に人より上に立ちたい生き物の性なのでしょうか。

人間はシンプルなのに、時に複雑ですね。

今日も素敵な一日を♪
18. Posted by 睦月   2006年05月19日 06:19
わくチャレ中です。

「褒める」といえば、YOUメッセージと考えがちです。
それが条件付ストロークになってしまうんですね。
確かに社員から社長に対してそういう言い方をするか・・と考えると
失礼な感じがしますもんねぇ。
野口さんは、わかりやすい例を挙げられるのがとても上手ですよねぇ。
いつも感心してます。
今日もありがとうございます。
19. Posted by らく   2006年12月01日 14:58
らく@わくチャレ中です!

Iメッセージでの承認、どんなんだろう?ワクワクしています。

私は、元々、仕事を役に立てようと探し当てたこのブログなのですが、
子育てに一番役に立っていますV(^-^)V

ストロークが足りていない子供とかの行動を見ると、
その親御さんとかにアドバイスしたくなりますが、
今日の内容で、「やりなおしが効く」って言葉を聞いて少しほっとしました。
いきなり他人にあれこれ言われたら、嫌な気分がすると思うので、
残念なのですが、見て見ぬふりをしています。

私も最初から知っていた訳でもなく、きっと皆が気付くと思います。

自分は母親に一杯抱きしめられた記憶があり、まんまとマザコンに育ちました(笑)

今日も有難う御座います!


 
20. Posted by shino   2006年12月11日 22:18
こんにちわ、野口さん。
とっても興味深い観点です。
確かにYOUメッセ−ジっていうのは
『誰かが誰かを評価する』ことで成り立つ褒め方ですね。
だからYOUメッセージで言われると威圧的な感じがするんですね。
納得です。
しかも私もYOUメッセージに慣れてしまっているから
今の状態がストロークをもらえないように感じているのかも・・・。
これはすごい気付きかもしれないです。
ありがとうございますっ。
21. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年03月18日 16:53
YOUメッセージに偏った褒められ方をすると・・・
@ 人に認めてもらうために頑張る子
@ 自分らしい生き方を見失ってしまう子
@ 自分に自信がもてない子
になりやすい・・・それ、私です。(汗)
30過ぎても、そんな子です。
そして今、子どもたちにも同じようにしているかもしれません。
IメッセージとWEメッセージをちゃんと学ばねばなりません。
でもやはり、気付けて良かった。

今日またやっちゃいました・・・
(自分に自信がもてない)くせに(人には認められたい)ゆえに起こる
家族大戦争を・・・
22. Posted by chiyoko   2007年04月13日 22:28
ワクチャレ83日目。
私、誉めようとするとYOUメッセージ、多いです。反省です。
23. Posted by み〜ぶ〜   2007年06月30日 11:14
野口さん、こんにちは。
わくチャレ中に、母子一体感の記事を読み、気になっていました。
>子育ては何歳になってからでも(子どもが成人していても)やり直しができますので、ご自分の過去の育て方を責めたりしないでくださいね。
安心しました。野口さんのブログの中には、いつも答えが用意されています。ありがとうございます☆
子どもには、ちゃんとIメッセージを伝えていきますと、コメントしたはずなのに・・毎日、野口さんのブログ漬けになっているにもかかわらず、コメントしたことさえも、忘れてしまってます。
怒っているときは、相変わらずYOUメッセージです。
あ〜人生脚本・・って感じです。よくわかりませんね(^_^;)
望む未来を創り出すために、「建設的に」を意識してみます。
今、「建設的」という言葉に、立ち止まってます。
積極的になれるチャンスだと思いたいです。
24. Posted by みぱ   2007年07月10日 10:45
YOUメッセージは上から下へ発せられるメッセージだったんですね。

思いっきり今朝言ってしまいましたよ。うちの店長に。
そんなつもりはなかったんですが、
相手にとっては褒められているとか、承認されているのではなく、
評価されている、と感じているんですね。

西木さんの言葉を借りて。
経営者だから育てているなんて思うことがおこがましい、
社員と一緒に自分も育てさせていただいている
感謝の気持ちがなければ経営者の資格などない。

と思いました。反省します。
25. Posted by 願いを実現☆   2007年07月20日 12:14
「承認」の際
YOUメッセージの使い方は 気をつけないといけないですね
勉強になります。

いつもありがとうございます。

26. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年12月01日 23:50
やっぱり私も間違っていたようです。

自分の価値観から離れるのがイヤだから、
相手を決め付けたりしていたのかも。

」自分に自信がないから、
自分の気持ちを伝えるのを恐がっているのかも。

自分に自信をもって、
相手の感情や考え方を受け止められるようになりたいです。

27. Posted by み〜ぶ〜   2007年12月13日 22:29
毎日が忙しいと思い込んでいる私は、子どもを褒める時も「あなた、いい子ね」とYOUメッセージで、しかも手短に言ってしまってます。
「今」というかけがえのない時間を家族と共に過ごせることに感謝して、できたこと、頑張ったことを心で認めて伝えていきます。
『「今」の積み重ねが「人生」になる。
「今」の生き方が「人生の質」を創る。』
大好きなリノシヨッチ・グノーの言葉と重なります。
野口さん、素敵な言葉☆ありがとうございます☆
28. Posted by ゆかりん   2008年01月05日 09:57
YOUメッセージが上からメッセージだなんて驚きました。
褒めて育てるにも危険性があるんですね。
以前コーチングを勉強していたときに、自分の中でこの2店すごく納得していたつもりだったので、今日の内容は目からうろこです。明日がとても楽しみです。
29. Posted by ニコニコ未来   2008年02月02日 12:02
Iメッセージで相手の良い所を伝えられるようになりたいです。
YOUメッセージで伝えてもなかなか思うようには伝わらず、あれ?!と思うことがありましたが、相手は評価されたと感じるんですね。
逆の立場になれば分かることなのに、気づきませんでした。

自分の価値観、相手の価値観、それぞれ大切に。
人生を信じて、今を楽しく!
自分の失敗や間違いを笑えるような人!
そう意識して今日一日過ごします。
いつもありがとうございます。
30. Posted by プー   2008年02月08日 17:55
 Youメッセージが多かったです。反感をもたれる行為だとは気がつきませんでした。自分の言葉を意識してみます。
今日も気付きをありがとうございます。

31. Posted by ゆういち   2008年02月15日 17:31
自分では褒めたつもりでもうまく伝わらなかったり、逆に「いやみ」と取られることもあります。
YOUメッセージだったんでしょうか。
自分で分からないところが問題ですね。
気付けて感謝です。
ありがとうございます。
32. Posted by き   2008年04月22日 17:04
そういえば褒められてもうれしくないことありますね。
YOUメッセージだったからなのでしょうか
それとも私が自分に自信がないからでしょうか

私が発する言葉にもYOUメッセージが必ずあると思います。
自分の言葉に注意してみます。
33. Posted by てるね   2008年08月30日 15:13
>子育ては何歳になってからでも(子どもが成人していても)やり直しができますので、ご自分の過去の育て方を責めたりしないでくださいね。
とてもありがたいお言葉です。
今では子育てに関する本を見ても、もう遅いし…、
なんて思っていました。
今からでも読んでみたいと思います。(^^♪
34. Posted by あゆ   2008年09月26日 18:13
同じほめることでも、YOUメッセージの存在を知っているとのと知らないのでは、効果が変わってきますね。

勉強になります。
35. Posted by マーガレット   2008年10月17日 20:44
野口さん、こんばんは。
「あっ、今のはYOUメッセージかも・・・」って
気づくことができるようになりました。と言いつつ
「子育ては何歳になってからでも(子どもが成人していても)
やり直しができますので、ご自分の過去の育て方を責め
たりしないでくださいね。」
野口さんの言葉に救われています。
いつもありがとうございます☆

野口さんの新刊、とても楽しみにしています!(*^_^*)
36. Posted by アーナンダ   2010年03月02日 02:35
>>
例えば、「君は仕事ができるね」「よく頑張ったね」「あなた、いい子ね」な
どです。
<<

苦しい生き方になりがちな言葉です。
Iメッセージについての記事を楽しみにしております。

『親業』
今買ってみました。

今秋には父親になるので、
すこしずつ勉強したいと思います。

いつもありがとうございます。
37. Posted by shige   2011年05月21日 23:54
め言葉はついついYOUメッセージになりがちだなぁと
度々感じております(汗)

しっかり意識して直すよう、努力していきたいと思います。

とはいってもすぐに忘れてしまう僕です。

何か工夫をしないとなぁと考えています。

今日もありがとうございます。
38. Posted by リリィ♪   2011年05月24日 10:41
子育ては子どもが成人していてもやり直しができる
って、心強いです。
ありがとうございます。
39. Posted by 進化   2011年07月08日 23:00
褒めて育てることにも弊害があったんですね。
何事も過ぎるとダメということですかね。
83日目ありがとうございました。
40. Posted by 四ひきのこぶた母さん   2011年09月08日 08:30
>子育ては何歳になってからでも(子供が成人していても)やり直しができます

非常に有り難いメッセージです。

コブタは、三匹成人してます。
良かった〜 母さん頑張る!

今日も、ありがとうございました。
41. Posted by 山中一弘   2012年06月08日 17:08
相手を伸ばそうと褒め言葉を考えるよりも、
前日の記事で紹介されていたようにまず相手のことを、
「重要人物である」
という気持ちを持って接する態度が大事だと感じました。

自分の心を変えると、
出てくる言葉も自然と変わるような気がしました。

野口さん今日もありがとうございます。
 
42. Posted by 気功整体士:津原   2012年11月07日 17:06
Iメッセージできてるかな?

未だしっかりとしたものがない中、
子供を褒めております。

いつもありがとうございます。
43. Posted by hide   2013年07月20日 06:51
こんにちは。

YOUメッセージでほめてますね。

ほんと子育ては深いですね。

Iメッセージを早く理解して、

子育てします。

ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔