2005年05月15日

人財育成と子育てに共通する「人を育てる極意」とは?

12日の記事以降、「人に対するプラス思考」というお話をしています。

前回の記事では、意識のアンテナを立てる方法をお伝えしましたね。


さて今日は、「人を育てる極意」についてお話します。

この極意は、人材育成や子育てにはもちろん、人間関係そのものを育てる
のにも、パワフルな成果をもたらします。

人気ブログランキング2 

経営学者ダグラス・マグレガーの「X理論Y理論」はご存知の方も多いと
思いますが、まず、これを使って「人を育てる極意」を説明したいと思い
ます。


マグレガーによると、職場におけるリーダー(経営者や管理者)の「部下
に対する見方」には、2つの見方「X理論とY理論」があります。

X理論とは、「部下は、アメとムチによってコントロールしないと動かない。
人は基本的に怠惰である。」という見方・考え方です。
つまり、「いい仕事をすれば給料が上がる」などの報酬こそがモチベーショ
ンの源泉であり、また、働かない者には、減給したり、叱ったり、厳しく
監督する必要がある、と考える考え方です。

「性悪説的な人間観」とも言えます。


一方、Y理論は、「性善説的な人間観」と言えます。

「条件さえ整えば、部下は、周りから言われなくても自発的に動く。人は
基本的に仕事を楽しむ。」という考え方です。
「部下は必要なだけの創造力を持っている」「仕事をすること自体の楽しさ
が、モチベーションの源泉である」という見方でもあります。


以上がX理論とY理論です。

さて、ここで考えていただきたいのですが、「X理論」と「Y理論」では、
どっちが正しいと思いますか?


まずはぜひ、ご自分なりの答えを考えてみてください。


「X理論」と「Y理論」では、どっちが正しいか?

これについては明解な調査結果が出ています。


答えは、「どっちも正しい」です。


つまり、「X理論(性悪説)」的な見方で部下を見る上司の下では、その上
司の見方どおりの、「言われないと動かない部下」「報酬と罰則がないと頑
張らない部下」「自主性に欠ける部下」が育つのです。

その上司の見方(=X理論)が正しかったことが証明されます。
その上司の信じたこと(=「部下は怠惰である」)は証明され、その上司は、
ますますX理論を信じるようになります。証拠があるのですから!

「やっぱり、人間というのは怠惰な動物だ。自分の部下達が何よりの証拠
だ。彼らはアメとムチがないと動かないではないか。私の考え(X理論)
は正しかったし、私の指導法は間違っていない!」ということになるわけ
です。


一方、「Y理論(性善説)」的な見方で部下を見る上司の下では、その上司
の見方どおりの、「自主性・創造性を発揮する部下」「仕事を楽しむ部下」
が育つのです。

その上司の見方(=Y理論)が正しかったことが証明されます。

「やっぱり人間というのは勤勉で働き者だ。条件さえ整えば、自発的に行
動するし、創造性を発揮する。自分の部下達が何よりの証拠だ!」


もちろん、すべての部下が、上司の「見方」に100%左右されるわけでは
ありませんが、その上司(経営者)の部下を組織単位(チーム単位)で見
ると、明らかに上司の「見方」が組織に多大な影響を与えています。



名著「7つの習慣」の著者であるコヴィー博士も、次のような体験をされ
たそうです。


コヴィー博士の息子の一人が、学校にうまく適応できず、成績もかなり落
ち込んでしまいました。

その息子は、人と接することにおいても未熟で、また、スポーツも苦手な
子どもでした。


コヴィー博士は、何とか息子を助けたいと、必死になりました。

息子が前向きになるように「頑張るんだ!絶対にできる!」と励まし、息
子が少しでもうまくできた時には、彼が自信をもてるように「いいぞ、そ
の調子だ!」と励ましました。
他人が笑おうものなら、「からかうんじゃない。息子は頑張っているんだ
から。」と怒りました。


コヴィー博士は、息子を支え、サポートしようと努力しました。
しかし、息子は完全に自信を失ったままでした。

コヴィー博士の努力は、まったく報われませんでした。


そして、コヴィー博士は、あることに気づいたのです。
「息子に対する、自分の見方に問題があるのではないか?」と。

コヴィー博士は、自分が心の奥底で、「息子は基本的に劣っている。あるい
は、何かが足りない。」という意識で、息子を見ていたことに気づきました。
「自分が助けてやらないと、息子は自立できない」という見方で、息子を
見ていたのです。


「だから、自分の努力が報われなかったのだ。」と気づきました。

表面的な行動や言葉をどう変えてみても、息子に実際に伝わっていたメッ
セージは、「おまえにはできない。だから、おまえを守る必要がある。」と
いうものだったのです。


そこで、まず「息子に対する見方」を変える必要があると気づいたコヴィ
ー博士は、息子の独自性と可能性を信じるよう決意し、彼の邪魔をしない
ようにしました。

親として、息子を信頼し、尊びました。


こうして、息子に対する見方を変えた結果、息子には次のような無言のメ
ッセージが伝わりました。
「おまえを守る必要はない。おまえは、十分にやっていける。」


その結果、息子は自信に満ち始め、勉強においても、友人関係においても、
スポーツにおいても、目を見張るほどの成長を見せたのです。

何年か経って、彼はスポーツでは州のベストプレイヤーに選ばれ、学校で
はクラス委員に選出されたのです。
(以上、「7つの習慣」キングベアー出版 より抜粋して要約)


これも、「息子に対する見方」が、実際に彼の成長に大きな影響を与えて
いた例です。

X理論からY理論にパラダイムシフト(=ものの見方を転換すること)し
たことで、息子が大きく変わったのです。



アメリカのローゼンタールがやった次の実験も有名です。


まず、小学校のあるクラスの生徒全員に知能テストをさせ、担任の教師に
は、その正確な結果を伝えず、次のように伝えました。

「このテストは、将来の学力の伸びが確実に予測できるものです。ただ、
研究中なので、テスト結果を教えることはできませんが、将来伸びる子の
名前だけ、先生に教えましょう。」


しかし、そこで教えられた数人の生徒の名前は、実際は知能テストの成績
に関係なく、ランダムに選ばれたものでした。(そのことは、担任の教師
には秘密にされました)

その1年後に再び知能テストをしたところ、名前をあげられた子は、そう
でない子に比べて明らかに成績が上がっていたのです。


つまり、担任の教師が「この子は伸びる子だ。」と信じた通りの結果にな
ったわけです。

このように、「信じていることが実現すること」を、心理学ではピグマリ
オン効果といいます。



松下幸之助さんは、成功の秘訣を聞かれた時に、「学歴がなかったので、誰
もが偉く見えた。社員を尊敬できた。」とおっしゃったそうです。
経営の神様と言われた松下幸之助さんも、「Y理論の人」だったわけです。


X理論で人を育てても、Y理論で人を育てても、結局信じたことが実現す
るのであれば、どっちを信じた方がいいのでしょうか?

そうです!自立的・自発的・創造的な人財が育つのは「Y理論」なのです。



では、次回に続きます。



<今日の宿題?>

・まず、「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。

 →<質問>
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」



<おすすめ本>

今日は、組織向けの話が多かったので、おすすめ本は、今日の話を子育て
に応用するのに参考になるものを選びました。


Y理論的な子育てとは何かについて、とても分かりやすく教えてくれる本
です。
子育てについてたくさんの本を書かれてる平井信義先生の本です。
  ↓

愛を伝え、まかせて待つ教育


「子どもが困っていると見ていられない」「子どものことが心配でたまら
ない」「子どもの望むことは何でもかなえてやりたい」こうした子どもへ
の過剰な心配・関心が、子どもの「自立」を妨げてしまうことを教えてく
れます。
子どもに対して、「Y理論」で見直すきっかけになる本です。

子供を愛しすぎてダメにする親―わが子を「自立」させないと、何が起きるか!

このブログを、よりたくさんの人に知っていただきたいと思っています。
★ (↓)今日もひと押しお願いします!
人気ブログランキング2
★ (↑)ただ今のランキング順位は?

「今日もツイてる、ありがとう」と言いながら押せば、モチベーションも
アップします!

いつも応援ありがとうございます!          野口


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 賢くなる魔法の教え、ピグマリオン効果  [ あゆりん流『賢い子育て考』 ]   2005年05月15日 09:55
ヘ(~∇~*ヘ)))))... ...(((((ノ*~∇~)ノウヒョヒョヒョ♪ いきなりたくさんの人が見てくれたみたい。 こりゃー、書きがいがあるわ。 今日は息子君、テスト返しの日。 期末テストが全部帰ってきて、結果は・・・ 平均点86点!!お見事!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパ
2. いいところをいっぱい見て!  [ あゆりん流『賢い子育て考』 ]   2005年05月15日 09:56
これは、5ヶ月の時。ソファでテレビを見ている。。。 ちなみに我が家では、テレビを見る時間を制限するようなことはしなかった。 【 TV 】    ( ̄ *) 今も、よそのおうちでは、ゲームやパソコンの時間を決めてるところもあるみたいだけど、うちは全然お
3. 形から入る  [ 気づきブログ【毎日の気づきにチャンスあり】 ]   2005年05月17日 10:46
最近、お天気が不安定ですが、みなさん風邪などひかれていないでしょうか? ここに初めて来られた方、こんにちは、はじめまして。 気づきブログのかんかんです。 いつも来ていただいている方。 いつもご訪問ありがとうございます。 さて、今回のブログはタイト
4. 虹とポジティブ♪  [ Deeper SatShn ]   2005年05月17日 19:15
先週の日曜日はお天気雨でしたね。 久しぶりに虹がキレイにかかっていました。 ついつい写メを取ってしまいました 虹ひとつで意外と嫌な雨を忘れて、良い事があったかのように プラス思考(ポジティブ)に考えてしまいました さて経営参画について・・・ 私の...
5. 2/13 人を育てる極意とは?  [ 画像チャンネル ]   2006年02月13日 01:01
5 こんばんは  画像チャンネルです  ワクチャレ14日目になりました。 きょうも…
6. 8日目 「人を育てる極意」  [ わくわくチャレンジ★ ]   2008年02月08日 17:23
人財育成と子育てに共通する「人を育てる極意」とは? 本文中から抜粋・引用します。 今日の内容は、とてもためになります。 ★職場における上司の「部下に対する見方」には、2つの見方「X理論とY理論」があります。 X理論とは、「部下は、アメとムチによってコ....

この記事へのコメント

1. Posted by あゆりん   2005年05月15日 10:02
野口さん!

2つもトラックバック、貼らせていただきました。ぺこ <(_ _)>
来週からいよいよ子育てコーチング講座が始まります。
事前アンケートを見ていたら、
「こういうところを直してほしい。」
「こういうことができるようになってほしい。」
という意見がいくつかあり、(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・と思っていたところ、
このブログで「そうだった!」と思い出すことができました。
ありがとうございます。

自分でも書いておきながら、ついつい忘れちゃって・・・
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

私は息子に、「もう1人で十分やっていけるよね。」なんてよく言います。
冷たいのかなー?なんて思ってましたけど、
いいんですよね、これで。

2. Posted by 井上   2005年05月15日 13:21
野口さん、こんにちわ。「X理論Y理論」知りませんでした(苦笑)
今日も勉強になりました。
3. Posted by Hikari   2005年05月15日 16:46
野口さん、こんにちは。
自分のブログでも書いたことがあるのですが、
私、ピグマリオン効果を実践・体感したことがあります。

無条件に「このグループは1年後には素晴らしい成績を上げる」と信じてしまってから向き合うようにしたわけです。
結果は、本当に信じたとおりになりました。故あって、なかなかツワモノぞろいのグループだっただけに、周囲の人々はその結果に目を丸くしていました。

先に「この人は必ず成果を上げる」と決めてしまうと、自分の正しさを証明したいばかりに、常にその人の成果の部分に焦点を当てることになるのが、この効果の秘訣なのだと思います。
4. Posted by じゅんこアーティスト   2005年05月15日 22:21
コーチングを学ぶつもりはまったくないのです。
でも野口さんのブログを読んでるとついつい吸い込まれてしまうのです。
すごいなコーチングって・・・(本当に毎回読むのがたのしみです)
5. Posted by 「個人ブランドプロデューサー」 比嘉晃司   2005年05月15日 23:23
野口さん、こんにちは
私は基本的にY理論を支持しております。ただ私のサラリーマン時代の経験ですと、X理論は上司の報告が非常にやりやすく、結果を出せなくても「ちゃんと厳しく指導した、全て本人が悪い」と上司に報告できるので、いい加減にやるのであればこれは本当にいい加減に使うことができます。
もちろんX理論の優れた点も多くあると思いますが、一番上の人間がY理論を支持することを明確にしない限り、組織の中ではX理論が中心となるようです。
6. Posted by emipon   2005年05月16日 01:11
はじめまして!(^_^)
みしゃりんさんとこから来ました★
私も前向きになれるでしょうか?
7. Posted by 植木屋の恋愛事情・株式上場2005   2005年05月16日 09:29
毎回、目から鱗というか、そうか!と納得と

驚きでいっぱいです。

生かせればよいのですが・・・。
8. Posted by Mac   2005年05月16日 14:07
はじめまして。
内容の濃さに脱帽です(汗)
私も、これからの時代はY理論でないと厳しいかな?と
思います。
X理論では自由な発想などが生まれにくいような気がします。

9. Posted by なっちゃん   2005年05月16日 16:54
最近コーチングに興味を持っているんですが、身に付けるのはなかなか難しそうですね。
人には固定観念があるから、読んだり訊いたりしたことを急に実践することはできないし、、、。ちょっとずつ自分のものにしていきたいと思います。
自己成長ってたいへんだあー
10. Posted by ミミ   2005年05月16日 18:54
今日 会社を辞める人がでました。リフォーム会社です。去年5月に私は入りましたが この一年間で15人も辞めています。残る人より辞める人の方が多い・・・ 負けないぞ!!と思うと ここへ・・・
11. Posted by 野口嘉則   2005年05月16日 23:50
あゆりんさん
トラックバック&コメントありがとうございます。
ピグマリオン効果の記事も、プラスの言葉がけの記事も、すごく勉強になりました。
子育てコーチング講座、楽しくなりそうですね。

井上さん
コメントありがとうございます。
「X理論Y理論」お役にたったようで嬉しいです。

Hikariさん
コメント嬉しいです。
ピグマリオン効果を体験されたんですね。
とても興味深いお話をありがとうございます。
12. Posted by 野口嘉則   2005年05月16日 23:54
じゅんこアーティストさん
いつもコメントいただき感謝です。
「すごいなコーチング」・・私もそう思っています。

比嘉さん
コメントありがとうございます。
「一番上の人間がY理論を支持することを明確にしない限り、組織の中ではX理論が中心となる」・・・まったく同感です。

emiponさん
コメントありがとうございます。
本当に望むなら、みんな前向きになれるそうですよ。
13. Posted by 野口嘉則   2005年05月17日 00:00
植木屋の恋愛事情さん
コメントありがとうございます。
「目から鱗」の言葉、嬉しいです。

Macさん
はじめまして。
特にこれからの時代はY理論のリーダーが求められてますよね。

なっちゃん
「ちょっとずつ自分のものに」・・・そうですよね、あせらずにじっくりと。
おたがい自己成長していきましょう。

ミミさん
コメントありがとうございます。
その会社で頑張っておられるんですね。
14. Posted by 西木 裕司   2005年06月16日 18:48
私は結果が同じであれば、X理論よりもY理論の方がお互いが成長できる

のではないかと感じました。

おそらく、このブログを読み始めてそう思ったのだと思います。

このブログに出会えた私は本当にツイている!
15. Posted by Happy   2005年07月06日 15:25
(わくチャレ挑戦中)
 毎日わくチャレの質問と答えをノートに書いています そのノートの後ろのページから 長所発見ノートをスタートさせました
 ただ思うだけでなく 書いてみることでわかること気づくことがたくさんあるんですね
 Y的な考え方ができるとき・・私に限って言えばそういう時は自分自身に精神的余裕があるときなんじゃないかと思います
いつでもY的な人でいられたら 私の理想の私に近づける気がします
16. Posted by 野口嘉則   2005年07月07日 15:54
西木さん
私もY理論の方を好みます。
西木さんに読んでもらって、ツイてる!

Happyさん
ノートを作られたんですね。
「書いてみることでわかること気づくことがたくさんある」・・・同感です。
たしかに、自分に余裕があるときは、Y的になれますね。
17. Posted by イプログダイレクトの店長   2005年07月08日 06:36
(わくチャレ挑戦中)
「X理論Y理論」、コヴィー博士の話、ローゼンタールの実験、私にとって、すべて新しく、大変興味深い内容でした。ありがとうございます。後でまた何度も読んでみます。
18. Posted by イプログダイレクトの店長   2005年07月09日 03:48
「世界は私たちの中にある」「現実は私たちの心により創られる」「神様とはすなわち私たちのこと」、そんな言葉が今、思い浮かんでは、消えています。
19. Posted by 野口嘉則   2005年07月09日 21:54
イプログダイレクトの店長さん
「世界は私たちの中にある」
「現実は私たちの心により創られる」
「神様とはすなわち私たちのこと」
・・・どの言葉も深みがあって、とても印象に残ります!
20. Posted by モモ   2005年07月31日 00:42
異動してきた部下に、部下につくスタッフのことを「スタッフは本当に優秀、すごくいいスタッフ組織だから」ということをよく言っています。本当にそう思っているから言っているのですが、もしかしたら、ピグマリオン効果も生み出していたかも…と思いました。いやいや、私がそんなことを言わなくっても、今のスタッフ組織は維持できていた可能性は高いのです。そう思うとピグマリオン効果とは殆ど関係ないですね(汗;
「X理論、Y理論」「ピグマリオン効果」学生時代が懐かしくなりました。
21. Posted by てつじ   2005年08月17日 21:30
こんばんは!
「信じていることが実現する」
ピグマリオン効果とはすごい効力を持っていますね。

松下幸之助さんの話を見て、
謙虚になることもY理論の人になることに繋がるのかな、
と思いました。
謙虚になることで、他人を尊重することができ、
いいコミュニケーションが築くことができる、と考えます。

「わくチャレ」もY理論の自分を育てる上での大事な糧となっています。
いつもありがとうございます!
22. Posted by じゅんこアーティスト   2005年09月14日 20:43
何に対しても誰に対しても、ついつい相手を(心の中で)
責めてしまいます。
Y理論で扱われず、認めてもらわずに来たからかもしれない。
心がゆがんでいたと思う。
けれども最近は、だんだんと気持ちを変えています。
そしてなおかつ、自分のことを下げないようにもしています。
相手と対等な自分で振舞うことも一つの課題としています。
23. Posted by 睦月   2006年03月14日 20:10
ワクチャレ14日目です。
私もY理論の人になりたいです。
周りにも自分にも・・・。
24. Posted by yurari   2006年05月17日 10:32
今日の宿題。

自分をもっと信頼したいですね。

心から信頼できたら、自分にはどのように接するだろう。。
大丈夫だよ、何も心配する必要はないよと声をかける。落ち込んだ自分を認めてあげる。

こんな感じかな。
今日はそれでは自分を信頼してY理論を実践してみます。
25. Posted by kurome   2006年06月26日 12:30
わくちゃれ14日目です。
性善説、性悪説・・・。思えば、いつのまにか、だまされないように、人に仕事を押し付けられないように、自分の正当性を確保できるようにといった考え方になっていたようです。
心に余裕をもち、Y理論を地でいける人になりたいです。

もっと信頼したい人は、自分です。
心から信頼し尊敬できたら、自分への接し方は、怒っていようが、泣いていようが、笑っていようが、そのままの自分でいいとまるごと認められると思います。
26. Posted by Dr.佐藤富雄の弟子   2006年07月29日 08:54
「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。
→職場の従業員のみんな

「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」
→今でも信頼していますが、もっと信頼し尊敬できたら、今まで以上にY理論で接することができるようになると思います。
Y理論組織をこれからも作っていきたいです!
27. Posted by シルビア   2006年08月02日 07:04
野口様 いつもありがとうございます。

わくわくチャレンジ14日目

「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。
どなたかもおっしゃってますが、
私自身です。

「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」

安全な道を選ぶのではなく、心が本当に求めるほうへと
大胆に行動できるようになると思います。
リスクを負うことの楽しさを味わい、勇気を持ち、
遊び心を持って行動する。
そうできるのは自分を信じているからです。
28. Posted by らく   2006年08月09日 09:47
こんにちは!
らく@わくチャレ遅れ気味・・・です。
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」
もっと沢山の感謝の気持で接することが出来ると思います。
もっと実力を引出す接し方に変わると思います。
少しずつ解ってきたような気が・・・。
ワクワク・・・。
29. Posted by か   2006年09月05日 17:00
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」
あすかさん
もっと自分の気持ちをぶつけて
『私はこうしたら良いと思うんだけど、どう思う?』
って聞けると思う。

むずかしい…
30. Posted by きりん   2006年09月18日 01:51
「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。
 −−私にかかわるすべての人です。
 
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」
 ーー「どうしてできないのか」ではなく、「どうすればできるようになるか」に移行でき、快適な風土に近づけると思います。

私自身どうして工夫しないのか?不満ばかりなのか?ということを考えておりました。自分が大切にされたいように、誰もが必要とされたいのですよね。
がんばります。

31. Posted by shino   2006年09月23日 22:28
こんにちは、野口さん。
「Y理論」ですか・・・。
これって人を育てるための極意でもあり、、
相手といい関係を築くための基本でもありますよね、たぶん。
相手を信頼し、同時に自分も信頼してもらえるように。
そして、信頼しあえた相手に油断して怠慢な態度をとらずに
常に相手を思いやり、尊重し
お互いに成長&尊敬しあえる関係を保てるように。
これができる人間になりますよっ、私は。
32. Posted by みるく 広島の大学生   2006年09月26日 01:26
・まず、「この人のことをもっと信頼したい」と思う人
はじめは、信頼したいって思う人がいない‥と思いましたが、みなさんのコメントを読んで。
自分ですね。自分のことはまったくといっていいほど、信頼していないような。。
 →<質問>
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか。」

そうですねぇ、、自分にもう少し素直になれたりするでしょうか?周りの人へのコミュニケーションのとり方なんかも変わると思います。
33. Posted by アキ   2006年10月22日 14:33
こんにちは。
「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。
  ⇒一人という制限がなければ、一人でも多くの人と答えましたが、
   一人選ぶということなので…私(自分自身)です。
   私という存在を認めなければ、
   私にとって、何も始まらないと思いますので。
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」
  ⇒どんなことにも自信が持て、
   すべての物事をプラスにできる(考える、行動に移すなど)。
34. Posted by purupuru   2006年11月05日 00:19
ピグマリオン効果って、そういう風になるわけ・・・。フーン、すごいね!
単なる自己暗示と思っていたけど、色々な使い方があるのですね。
野口さん、ありがとう。感謝!
35. Posted by 英語関係   2006年11月05日 22:26
「この人のこと、もっと信頼したい」と思うのは生徒です。生徒たち?「信頼していたら、どんな風に接しますか?」→今みたいに口うるさくなくなると思いますが、それで本当にいいのかはなはだ疑問です。以前いた学校より、個性が強く、悩みも多く、いろいろな事情を抱えた生徒たちです。正直毎日全員と面と向かい合っている感じがしない毎日。でも、自分のクラスの生徒たちは、依存性が強くなり、自立しなくなるのを以前から感じていました。私の中に、彼らを信頼していない部分があるのだと思います。でも、ココロから信頼するってどういうことなんだろう。難しいです。生徒というより、そもそも私は自分以外の人をいろんな面で信じていない、という根の深いことにも気づき。
36. Posted by ゆこ   2006年11月21日 19:19
14日目です。時間があるときに一日に二つ三つと考えることもあるので、
早めにゴールに到着してしまいそう。
人を心から信頼するのって、とてもハードルが高い。
特に一度裏切られた(・・と自分が感じた)人は、二度と信じたくないと
心を閉ざしてしまいます。
Y理論を身につける・・・形から入るのか??〜どうやって??難しい。
しかし最初からあきらめてしまっては、ワクワクチャレンジをしている
意味が無いので、まずは自分を心から信頼してみます。
37. Posted by つねさん   2006年11月27日 11:08
Y理論の実践に、形から入ろうと思い、以前の尊敬する上司の考え方・仕事の進め方をまねようと日々、努力しています。まずは、人を信頼し、その人が力を発揮しやすい環境を作り、長所のみをできるだけ見るように心がけるのが良いんですね、きっと。子供に対しても同じだと感じます。
越智啓子さんの本の中で、「すべてはうまく言っている」という「かに踊り」があるのですが、疲れたときや悩んだときは、その踊りをしながら、前向きに考えるようにしています。14日目に入りましたが、日々、楽しみながら勉強をさせていただいています。
38. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年01月21日 01:49
先生が「この子は伸びる」と思ったとおりの結果になる・・・
私も先生をやっていますので、身に覚えがあり恥ずかしい気持ちです。
「おまえはいい子だ。じゅうぶんやっていける!」
子どもを信頼して、そういう目で見て育てていきたいと思います。
今日からどんどんいい先生になれる。ありがとうございます。
39. Posted by chiyoko   2007年01月28日 02:41
ワクチャレ14日目。
相手を、自分を責める私です。「条件さえ整えば出来る」。毎日言い聞かせたいです。

・「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。
    ⇒周りの人皆、と思ってたけどやめて「自分」
→<質問>
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」
    ⇒自信がついて、笑顔になる。いろんな事を喜べて、プラス思考・     行動になる。

ワクワクです!


40. Posted by きょうこ   2007年01月30日 11:27
ワクチャレ5日目(2枚目)です。(1/28)

Y理論もピグマリオン効果も、結局自分がどう考えているか、
どんな目で周りを見ているかなんですよね。
人のいいところを見れば、いいところが沢山目につくし、
人を信じれば、自分も信じてもらえる。
短所も見方を変えれば、長所です。


「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。

自分と言いたいところですが、父です。

その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?

ワクチャレを始めてからだいぶ変わりましたが、優しくなると思います。
”ダメな人”、”肝心のときに当てにならない人”というレッテルを
貼ってしまっているので、剥がす努力をしています。
貼ったきっかけもしっかり覚えているだけにかえって始末が悪い。
41. Posted by 願いを   2007年03月26日 12:09
投稿が遅れました。3/24の取組みです。
この課題日、尊敬したいけど、ある一部分が苦手な人と会う日でした。
なので、そのTさんをもっと信頼したい人としました。
その接し方への質問の回答は見つかりませんでした。
それで、ひとまず、「まずは自分がきちんとTさんを受け止めてみよう」とだけ思って接しました。
その結果なぜかTさんは私によく語りかけてくださいました。
課題とは少し違うかもしれないけど、不思議だなと思いました。

X理論とY理論、確かにどちらも正しい。だけどY理論で人とは接していきたいと思いました。そのためには自分が大きくならないとですね。
42. Posted by 願いを実現☆   2007年03月26日 12:12
連続ですが、帰宅後、皆さんのコメントを見ていて
「自分自身」をもっと信頼したい というコメントにはっとさせられました。
その接し方を見つけるのが今の私には必要だと感じます。

43. Posted by マルチェロ   2007年04月06日 23:32
「もっと信頼したい人なんていないなぁ・・」
と思っていたけれど、はっと気づきました。
自分をもっと信頼したい。
いつも心がけて前向きな言葉や態度をとっていたけれど、
私自身に対する見方がネガティブだったからそれくらい
前向きな虚勢(?!)をはっていないと不安でたまらなかったのだろう・・
今日からすこしづつ、自分を信じるポジティブな見方に
変えていこうと思います。

そうしたらきっと、今よりもっと軽快にいろんなことに挑戦と
決断を出せて、すばらしい人生を確信できると思うから。
44. Posted by み〜ぶ〜   2007年04月16日 14:05
野口さん、ただいま!
「○月○日の記事」と「前回の記事」に導かれて、あちこち行ってきました。やっと、今日の、わくチャレメニューに戻ってきました。
>「信じていることが実現すること」
いろんな経験があります。
可能性がいっぱいあるのに、無意識のうちに、自分の中で制限してしまい、悲しくなることも。信じる力は、すごいんですね。
これからは、幸せな気持ちを分けてあげたい、と思えるほどに、信じる力を使います。← ヘンですよね、伝えたい気持ちはあるのですが、記事をいっぱい読みすぎて、混乱してます(^_^;)すみません。
野口さん、今日も楽しかったです、ありがとうございました☆
45. Posted by 洋子   2007年05月13日 17:48
Y倫理有難うございます。新しい思考パターン頂きました。
大きな発見です!!
部下は必要なだけの創造力を持っている」「仕事をすること自体の楽しさ
が、モチベーションの源泉である」という見方でもあります。
「Y理論の人だったら、どんな行動をするだろう?」
もっと信頼したい人 大切な恋人
その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、どのように変わると思いますか?」
好き?と聞かなくなる。自分に自信が無い為に嫌われたら怖いという思いが消える

46. Posted by yukinko   2007年06月24日 10:52
「この人のことをもっと信頼したい」と思う人は、奥さんです。

「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、どのように変わると思いますか?」
行動を確認するような問いかけが自然となくなりお互いを尊重でき不安感が
自然となくなるんじゃないでしょうか?
47. Posted by みぱ   2007年07月07日 11:23
社員のみんなをもっと信頼したい。
任せているようでまったく任せていないんだなって思います。
細かいところが見えてしまうとどうしても
足りない部分が気になってしまうのです。

自分自身も信頼してみんなも信頼して
楽しく仕事ができるように
コミュニケーション・スキルを勉強していきたいです。
48. Posted by RITZ   2007年07月09日 15:55
もっと尊敬したいと思う人、それは私のパートナーです。
もし心から信頼し尊敬できたら...
安心感が持てると思います。
心配したり、相手をコントロールしようと無駄な説教をしたりしなくなれば
相手も私との関係にもっと安らぎを感じると思います。

ずっと「信頼・尊敬できないのは相手のあり方のせい」だと思っていました。
私のその思いが無意識に攻撃的な行動になり、ますますその通りにしていたんですね...

気づいた今がチャンス、「長所発見ノート」から始めます!!



49. Posted by ジェニー   2007年07月12日 11:25
こんにちは。今日もためになるお話、ありがとうございました。
私が信じたい相手は夫です。

夫を信じられるようになったら夫の行動にいちいち気にせず自由にやらせると思います。後、優しい言葉もかけられると思います。

尊敬出来るようになったら「いつもありがとう。」と素直に言えると思います。あと、夫の事を優先して私ができる事をしてあげたいと思います。

早速今日夫が帰ったら、実践してみます。
50. Posted by 美和   2007年08月09日 21:36
信頼したいと思う人…。あえて、私が苦手な職場の人に

したいと思います。心から信頼できるようになったら…

まず、その人に向けての表情や話し方が断然に変わると

思います。自分が相手を信頼していないということは必

ず伝わると思います。逆に、私が相手を信頼することで

関係も良い方に変わっていくのではないかと思います。
51. Posted by プー   2007年08月10日 17:51
信頼したい人は家族です
見方感じ方話し方が変わって楽になると思います
 私が口うるさいのを娘達は「信頼されていない」と受け取っていたんですね。あらためて気付かされありがとうございます
52. Posted by jun   2007年08月18日 00:39
今日もありがとうございます。
「ピグマリオン効果」は聞いていましたが、X理論Y理論については知りませんでした。どちらも正しいなら、Y理論で人と接したいですね。

信頼したい人は父親ですね。
もっともっと「孝」の気持ち、態度、言葉づかいで接することが出来るようになると思います。

53. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年09月08日 00:29
1月にここを訪れたときよりも、今は子どもたちを信じられるようになってきたと思います。
(できた)からいい子だ、とか、(頑張っている)からいい子だ、といった扱い方をしないようになったと思います。
その子は、そのままで充分いい子だ。
たくさんの可能性があって、今はその成長の途中だ、って思えています。
ただ、大人の場合、自分と比べてしまったりします。
まだ自分に自信がないのでしょうか。
これからも(正しいかどうか)というモノの見方を変えていきます。

Q,もっと信頼したいと思う人は誰ですか?
A,親父  と私
54. Posted by 未来   2007年10月05日 09:29
夫と言いたいところですが、まずは私自身を信じたいです。
自分を信じることで、今を幸せだな〜と思って毎日暮らせるようになると思います。そしたら自然と笑顔も増え、プラス思考で、自分のことがスキになれると思うんです。その結果きっと夫への接し方も変わり、「私と夫はラブラブだ!」と信じたとおりになる、そう思います。

>信じていることが実現する
今日も朝から、大切なことを思い出させてくださり、ありがとうございます。

本当、このブログに出会えてツイてる!I am Happy!!!!!
55. Posted by み〜ぶ〜   2007年10月05日 15:28
野口さん、こんにちは。
子育ての極意なんですね。
「信頼」するには、勇気がいりますね。
その時の状況によって、X理論だったり、心の眼が開いているときはY理論だったり・・・。
子どもは戸惑っていると思います。
なかなかX理論からY理論にパラダイムシフトができませんが、少し客観的に見られるようになったことが進歩かなと(^_^;)
素直な心で、感謝力を高める方法を習慣になるまで続けます。
今日もありがとうございます☆
56. Posted by ゆかりん   2007年10月14日 14:54
X理論、Y理論いずれも正解というのは驚きでした。
確かに、両方使い分けなければどちらかだけだと相手の特性に合わせられないとは思っていました。
ちょっと目からうろこです。

今日の宿題
もっと信頼したいと思っているのは「私自身」
心から信頼し尊敬できたらどう接し方が変わるか???
うーん、接し方はどう変わるのかはよくわかりません。
ただ、私自身がもっと堂々と誰に対しても言動しさらに積極的に取り組む、失敗を恐れない前を向いて明るく生きている人間になるとイメージはできます。そうなると、接し方ではないかもしれないけれど、もっと自分の体や心のメッセージに素直に行動するようになりそうです。
57. Posted by 祐一   2007年10月15日 17:02
・まず、「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。
今ぼくがもっと信頼したいと思う人は、取引先のAさんです。
ぼくの仕事のキーマンでありますが、どうしてちゃんと仕事をやってくれないのだろうといつも不満に思ってしまいます。
 →<質問>
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」
その人にもっとアドバイスを求める。
その人にもっと会いに行く。
他人にその人の悪口を言うどころか、すばらしい人ですとふれまわる。
その人のために全力を尽くしたいと思う。

なるほど、信頼出来ない人に思えたのは、ぼく自身の考え方にあったのですね!今までの接し方を改め、上にあげたような態度で接することを心がけてみます。
すごいことに気付かせて頂きました。野口さんありがとうございます。
58. Posted by まっき〜   2007年10月20日 21:34
自分
人の目気にせず、のびのびしたい様にふるまえる。人に縛られず堂々と自分の行動を許す。

元彼
彼の良いところにスポット当てて、可能性に賭けたかった。暖かい場所作ってあげたかった。ごめんねって謝りたい、ありがとうって優しくしてあげたい、ハートを癒してあげたいです。もしもう一度逢えるなら迷わない。
59. Posted by 半熟卵   2007年11月01日 03:53
ワクワクチャレンジ中です(^^)

まさにこのX理論からY理論へのパラダイムシフトを、自分の妹との関係で実感したばかりです。
妹の事を信頼して、「あんたなら大丈夫」とメッセージを送りながら転んでも抱き起こさないようにしていたら、見事に復活してくれました。
アメリカのサイキックに、「厳しい愛を持って見守りなさい」といわれた意味が、最近になってようやく分かってきたような気がします。

「この人のことをもっと信頼したい」と思う人
→プロデュース先のクリニックの院長
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、どのように変わると思いますか?」
→完全に任せきって、自分はクリニックを離れる又はこちらからのアプローチはしなくなる。分からないことがあったらどんどん聞いて教えてもらう。
60. Posted by ぼーい   2007年11月28日 05:19
5 14日目です。

信じることの力は大きいですね。
周りのすべての人を偉大な人と見なし、心の中でそう思う練習をしていけば、人間関係が変わっていきそうです。
61. Posted by minny   2007年12月06日 12:56
こんにちは〜
X理論Y理論は初めて聞く話です。
Y理論的な世の中だったら、穏やかでしょうが、
X理論的な事もないと、やらない人もいるかもしれませんね。

今、子育て中でご紹介にある「子供を愛しすぎて〜」
という本とても興味があります。
とっても心配症で何かから何まで口うるさい親で、
私がなんでもやってしまうので、自発的なところがない
子供なので悩んでいました。
言わないと勉強しないし。。。本を読んでみたいです。

信頼できたらいいと思う人は?
苦手なタイプの人。

信頼できたら。。。。
苦手な人でも、さらっとお付き合いできるような人に
なれたら、ちょっとは受け止める器ができると思います。
62. Posted by 円雀   2007年12月17日 22:35
X理論的な指導は良く行われていると思う。特に、教育界では多いのではないだろうか。
しかし、10月頃NHKで放送された、京都市立堀川高校の場合は、Y理論的な教育ではないだろうか。生徒の自主性を重んじ、生徒自身が自ら信じることを行っていた。その結果、進学にも良い結果が生まれている。非常にうらやましいと思う。
環境さえ整えておけば、勉強にしろ仕事にしろ、自ら率先して行うと思う。
人は誰も幸せになりたい、試験で良い点数を取りたいし、仕事で良い結果を残したい、良い生活をしたいと望んでいると思う。

・「この人のことをもっと信頼したい」と思う人
 私自身を悩ましている人

・「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は……
 自分をいたわるように、心から大切にできると思う。なぜなら、相手が私を悩ましているのではなく、私が悩んでいるから。相手の悩み=自分の悩みだから。

63. Posted by き   2008年01月05日 19:13
わが母は祥論的だと思う
今から変えていくことは可能だろうか・・・。

もっと信頼したいと思う人
 父母、他の従業員

その人への接し方は
 仲良くできると思う仕事がしやすくなりそう
 今はお互いに仕事がしにくいなと思っている気がする
64. Posted by miwa   2008年02月05日 12:19
信頼したい人、それは息子(長男)。

とても心根の優しいいい子だとは思う。でも、気力が萎えやすいところが目につく。返事が面倒くさい、字を書くのが面倒くさい、姿勢良くするのは面倒くさい、両手を使うのは面倒くさい、身支度も片づけも歯磨きも身体を洗うのもみんな面倒くさい。時間もまったく気にしない。いつもぼーっとしている。ああ、挙げればきりがない。当然私は注意する。でも聴かない。忘れる。また注意する。次には怒る。最後は激怒。で、漸く泣きながら行動する。このパターン。ほっておくことも試してみたがやらないまま。どんどんものを無くす。本人は困ってない。先生から私が注意される始末。
どうやったら信頼できるのだろう。私が心から信頼出来たらきっともっと自発的になるかもしれない。そうなったらどんなに素敵だろう。笑顔に溢れた生活になるだろう。もう、息子を小さなことで怒りたくない。
65. Posted by 野乃花   2008年05月01日 22:24
5 2年間残っている言葉をあの時の自分が求めていた本当の言葉を探り答えを出すことが出来ました。泣いてふせていた私の背中をさすり「あなたならできるはず。大丈夫よ」の言葉ではなく本当は「もう充分だよ」の言葉を求めていた事に気がつきました。「よくがんばったね」と自分で自分に言うことができなんだか自信が湧いてきました。ありがとうございました。
66. Posted by てるね   2008年05月18日 13:10
宿題『もっと信頼したい人』…娘です。
「子どもが困っていると見ていられない。子どものことが心配でたまらない。子どもの望むことは何でもかなえてやりたい。」まさにその通りの母親でした。
「信頼してるよ、あなたなら大丈夫」と励ましていたものの、心の底からは信頼できずにいたから、心配したことはよく現実化してたのだと思います。(-_-;) 
本当に信頼して「私が心配しなくても、あなたは十分にやっていける」そう思ってやれる親になりたいです。

『心から信頼、尊敬できたら、その人への接し方はどう変わるか』…う〜ん、娘にいろいろ頼れるようになるし、相談できるようにもなれるんじゃないかなぁ。私にとっても幸せなことですね。その前に、自分を信頼しよう。そして娘を信頼しきれる自分を信頼しよう!(^^♪
67. Posted by ぶろーぐ   2008年06月21日 15:20
⇒もっと尊敬したい人は、父です。

父はあらゆることにルーズでだらしがないので、私はそんな父が嫌でした。一緒にいるのが恥ずかしくなることもしばしばありました。

どうして、私の父はこんなにだらしないのだろう。。と、自分を被害者のように感じることもありました。

そんな父ですが、尊敬できるところがあります。父は私がどんなことをしても受け入れてくれます。私が不機嫌な態度をとったり、無視をしたりしても決して反発したりしません。受け入れてくれます。
本当に心の広い人だと思います。

きっと父は私のことを信頼してくれているのでしょう。
父は本当に大切なことを大切にしてくれる人かも知れません。

そんな父が私は大好きです。また、理想の父だと思います。お父さん、私はあなたのことを信頼していますし、尊敬しています。いままで素直になれなくてごめんなさい。これからはもっと楽しい時間を一緒に過ごしましょう☆
68. Posted by あゆ   2008年09月09日 20:32
「この人のことをもっと信頼したい」と思う人→職場での苦手な人

<質問>
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、どのように変わると思いますか?」→もう少し柔らかな態度で接することができると思う。

自分の思い込みで、相手の見方が変わるのですね〜。
実践してみます。
今日もイイ話ありがとうございました。
69. Posted by マーガレット   2008年09月27日 09:05
野口さん、おはようございます。
表面的な行動や言葉をどう変えてみても、実際に伝わる
メッセージは、どうやって伝わっているのでしょうか、
無意識に信じている力は大きいですね。
あなたのこと、こんなに愛しています。という気持ちを伝えたくて・・・。
相手の心の邪魔をしないようにと、心がけていても、
むずかしいです。
おっと、またできない理由を考えてしまいそう。
「長所発見ノート」の成果が楽しみです☆
野口さんのブログは、いつも次の贈り物を差し出してくださるので、
私は迷うことなく、安心して進むことができます。
ほんとうにありがとうございます☆
70. Posted by Mako   2009年10月05日 17:02
今日の宿題について。私は信頼できる人がまわりに多いので、恵まれてるほうだと思いますが、あえてもっと信頼できるとしたら、もっと質問をする機会が増える気がします。
71. Posted by アーナンダ   2009年12月20日 19:23
子供サッカーのコーチの時、
痛感させられたことがあります。
(私自身コーチの初期はX理論的で、後半の方は、Y理論的接し方の割合が増えていたと思います)

コーチの私が、
『どの子供もドリブルができるようになりますよ』

と話すと本当に全員できるようになります。


コレは私個人の現象かもしれませんがもう2つ。

・子供たちは渡り鳥的にうまくなる
(斎藤一人さんの本からアイデアをいただきました)

一人の子が出来るようになると
(渡り鳥で先頭の鳥)
全員が出来るようになる。
またはレベルアップしていく。

・コーチの想像、イメージ以上に子供たちはうまくなっていく

Y理論かもしれませんが、
この思い込みというか考えを持って7年以上コーチしていたのですが、必ずそうなって行きました。



・まず、「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。

どうしても苦手だな、
ハッキリ言っていやだなと感じる人が
今3人ほどいます。

仮にAさんとお答えさせていただきます。

→<質問>
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、
どのように変わると思いますか?」

見守れるようになると思います。


いつもありがとうございます。



72. Posted by aoiumiaruku-v.v   2010年04月25日 22:28
5
人は(言葉)や(行動)の裏にある
(なんとなくの感覚)を
先にキャッチしてるのでしょう。

「この人のことをもっと信頼したい」と思う人
それは、親父です。

「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、
その人への接し方は、どのように変わると思いますか?」
まず(眼の色)が変わるのではないかと思いました。
イキイキとしたエネルギーのある眼になるでしょう。

父に対して申し訳ない気持ちになってきました。
今日もありがとうございます。
73. Posted by 山中一弘   2011年02月02日 23:57
同僚、上司、親、家族、友人、
いろんな人のことを思い浮かべました。

そして自分は、まるで他人の人生を信頼していなかったなと、
申し訳なく思いました。

本当のところ、自分が周囲の人たちのことをどのように思っているのか、
改めてノートに書き出して、見直していきたいと思いました。

今日もありがとうございます。










74. Posted by 進化   2011年04月18日 00:36
Y理論のように伝わるんですね。。
引き寄せの法則も同じなんでしょうね。
75. Posted by リリィ♪   2011年05月17日 11:34
「Y理論」万歳!
ありがとうございます。
76. Posted by shige   2011年05月17日 18:36
どちらも正しい。

でもどちらかをしっかり選び、自らが心から信じることが
大切なんだなぁと感じました。

今の自分は中途半端な立ち位置だと思います。

しっかり信じよう。

そう思いました。

今日もありがとうございます。

77. Posted by アナキン   2012年03月11日 18:52
・まず、「この人のことをもっと信頼したい」と思う人を一人選んで下さい。

 →<質問>
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、どのように変わると思いますか?」

彼女:もっとこうしたら良いとか、おせっかいじゃなくなる。干渉せずに接することができる。

78. Posted by 気功整体士:津原   2012年10月30日 15:26
<質問>
「その人のことを心から信頼し尊敬できたら、その人への接し方は、どのように変わると思いますか?」

良い返事から入って、
優しく手伝えると思います。

いつもありがとうございます。
79. Posted by yu   2013年06月20日 14:42
主人の事を信頼し、何か提案された時にも否定からかかるのではなく、まず受け入れてから話し合いたいです。
80. Posted by hide   2013年07月11日 06:09
こんにちは。

これまでの学生生活から社会人生活まで、X理論の中で

生活してきました。

それらの経験からX理論では限界があると思います。

人間の無限なる可能性を広げるのはY理論!

納得です。

ありがとうございました。

81. Posted by 愛   2017年05月23日 10:51
この人のことをもっと信頼したい…

私自身のこと。

接し方。
安心する。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔