2013年11月

2013年11月21日

打たれ弱い、根気のない心理状態を脱するには?


現代の子どもや若者の顕著な傾向として、
多くの心理学者が次の2点を挙げています。

・打たれ弱い

・根気がない
(ものごとをやり遂げるまで継続することができない)



現代において、この2つの傾向は、
子どもや若者だけに限らず、
三十代から四十代くらいの人にも多くみられる傾向では
ないでしょうか。

ちなみに私も、三十代後半くらいまでは、
非常に打たれ弱く、また、根気のない人間でした(^^;



では、私たちは
どのようにすれば打たれ強い人間になれるのでしょうか?
どのように根気を養っていけばいいのでしょうか?

この問いに対する私なりの答えは、
私の著書『「これでいい」と心から思える生き方』の中で
述べたのですが、

このブログ記事では、
著書の中に書き切れなかったことも含めて、
補足的なお話もしたいと思います。

「これでいい」と心から思える生き方
「これでいい」と心から思える生き方




まず、今の若者の現状を見てみましょう。
続きを読む

procoach at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月11日

子どもの心理的自立を妨げているものは何か?家族関係の健全度は何によって測るか?


こんにちは、野口嘉則です。

今回は最初に、

日本社会に根強く存在する
「子どもの心理的な自立を妨げる要因」についてお話しし、

その後、家族関係の健全度を計る基準についても
少し触れてみたいと思います。



では、話を始めますね。

私たちが心理的・人格的に成長していくためには、
「挫折」や「失敗」や「思いどおりにならない状況」を
何度も経験することが不可欠です。
続きを読む

procoach at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月10日

幸せな恋愛をするためには「孤独を楽しむ力」が必要


こんにちは、野口嘉則です。

今、孤独になってしまうことを怖れるあまり、
絶えず誰かとくっついているか、群れているかしないと
安心できない人が増えているようです。

この現象を心理学者の諸富祥彦さんは、
「ひとりじゃいられないシンドローム」と呼んでいます。



学校や職場で
一緒に食事をする相手(ランチメイト)がいないことを怖れたり、
一人で食事をする自分に劣等感や惨めさを感じてしまうことを
「ランチメイト症候群」といいますが、

これも「ひとりじゃいられないシンドローム」の一種ですね。



この「ひとりじゃいられないシンドローム」の影響で、
最近の若者たちの恋愛に二つの傾向があるそうです。
続きを読む

procoach at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!