2005年04月19日

見えないネットワークを通じて広がる情報

今日も引き続き、潜在意識の法則の一面について話します。


13日の記事「シンクロニシティーと成功法則の関係とは?」で集合的無
意識が私たちの人生に与えている影響力についてお話しました。

15日の記事「成功法則が作用しない人はいるのか?」では、集合的無意
識の性質についてお話しました。


以上2つの記事でご紹介した内容がベースになっていますので、まだ読ん
でない方は、先に読んでから今日の記事に来てくださいね。



形態形成場の理論で有名になったルパード・シェルドイレイク博士は、そ
の著書「生命のニューサイエンス」の中で、次のように語っています。
「すべての個体には、同じ種類のものをつなぐ『見えないネットワーク』
があり、1つの個体の記憶は全体につながっている。」

この見えないネットワークこそ、集合的無意識です。



人間のあいだに「見えないネットワーク」があるのかどうかについては、
イギリスのBBC放送が、科学番組「トゥモローズ・ワールド」で、大が
かりな実験を行ないました。

番組の中で、司会者が1枚の「隠し絵」を見せます。

この隠し絵は、一見、地図のようなまだら模様に見えるだけで、何が描か
れているか分かりにくくなっています。
カンのいい人なら、じっと見ているうちに何の絵だか分かってくるのです
が、分からない人も多いのです。

そして、番組の中で、その絵にちょっと補助線を加えて見ると、動物の姿
が浮かび上がってきて、何の絵かが分かります。
こうして、「ある隠し絵の答(=隠されていた絵)」を番組で見せたわけ
です。


そして、この番組を見ることができない国の人たちに、イギリスの人たち
の経験が、見えないネットワークを経由して伝わるのかを検証しました。

これは、世界121都市で、5,000人もの人を対象に実験されました。


イギリスでの番組放送前に、各都市で無作為に人を選んで、隠し絵のテス
トをしました。(番組で見せたのと同じ隠し絵です)
そして、番組放送後にも、やはり無作為に人を選んで、隠し絵のテストを
おこなったのです。

すると、世界中のすべての地域で、放送後の正解率の方が、確実に上昇し
ていたのです。

ちなみに、テレビで見せた隠し絵と違う隠し絵については、どの地域でも、
放送前と後で、正解率に差はなかったのです。


人間の経験は、見えないネットワークを通じて、一瞬にして国や人種の違
いを超えて、世界中に伝わるということが、この実験でも分かりました。


この実験のことは、以前、よみうりテレビの「ワンダーゾーン」という番
組(関口宏が司会) で、「シンクロニシティー」というタイトルで採り上
げられました。
(おすすめ本コーナーで紹介します)


私達は自分の知識の範囲で説明できないものに出会ったときに、「単なる
偶然」と片付けたりします。
あるいは、「そんな非科学的な!」と否定したりすることもあります。
(この場合の「科学的」とは、「自分の知識の範囲で理解できる的」とい
う意味ですね)

しかし、新たな発見がなされ、新たな知識が得られると、今まで「非常識」
とか「非科学的」とか言われてきたことが、説明可能な「常識」に変わっ
たりします。


こうした新しい知識を受け入れる柔軟性は、比較的、女性や若い人の方が
優れている傾向にあるようです。

ただ、今の世の中、大人の男性の中にも、思考が柔軟で、新しいパラダイ
ムに迅速に適応していける人が増えているように思います。
(このブログを読んでくださる皆さんも、そうですね(^_^)


それにしても、ユング博士の功績は大きいと思います。
ユング博士の発見は、今や、トランスパーソナル心理学にも影響を与えて、
さまざまな研究者たちによって、非常に有意義な研究が行なわれています。

集合的無意識やシンクロニシティーについては、今でこそNASAやハー
バード大学で研究され、一般理論になりつつありますが、ユング博士が発
見した当時は、理解できなかった人が多かったようです。

実際、ユングの師匠でもあるフロイト博士は、自分自身がシンクロニシテ
ィーを体験しながらも、「断じて、そんなものは存在しない」と言い張っ
たそうです。


今日は最後に、ユング博士がこの世を去るときのシンクロニシティーを紹
介しましょう。

1961年6月6日、85歳になったユング博士は、スイスにある自宅で寝てい
ました。
そして、この日は天気が大荒れで、自宅の近くに雷が落ちた途端、ユング
博士は息を引き取ったのです。
彼の庭にあったお気に入りの大木が、雷で倒れました。


その数年後、イギリスのテレビ局が「ユングの人生をたどる」という番組
を作りました。
ラストシーンは、彼の自宅の庭でした。
その庭で、アナウンサーが、「ユング博士が亡くなった時、庭にあったお気
に入りの大木に雷が落ちました」というコメントを読み上げていると、空が
一瞬にして曇り、かつて木が立っていた場所に雷が落ちたのでした。
(「シンクロニシティー」フランク・ジョセフ 著 より)

シンクロニシティーという言葉を生み出した心理学の祖に、自然が敬意を
表して、シンクロニシティーを起こしたのでしょうか?


今日は、ここまでにしましょう。


潜在意識の法則は、とても奥が深いので、どの側面のお話からしたらよい
か迷っておりますが、まあ、思いつくままにお話していきたいと思います。

次回に続きます。


<おすすめ本>

シンクロニシティに関するフランク・ジョセフ氏の研究成果をまとめた本。

シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅


よみうりテレビの番組「ワンダーゾーン」の本です。
   (↓)

ワンダーゾーン―人類最後の神秘 人間の謎を追う

このブログを、よりたくさんの人に知っていただきたいと思っています。
★ (↓)今日もひと押しお願いします!
人気ブログランキング2
★ (↑)ただ今のランキング順位は?

「今日もツイてる、ありがとう」と言いながら押せば、モチベーションも
アップします!

いつも応援ありがとうございます!          野口



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 波動学??水からの伝言??  [ ナチュラル ]   2005年09月12日 06:17
細胞は水からもできている 意識で水が変わる。 「ありがとう」と言われた水は きれいな水に浄化されて 「ばかやろう」と言われた水はきれいじゃなくなる。 そんな科学がある。波動学。 「水からの伝言」という本に その実験結果などの写真が...
2. 2/16 最新マーケティングに応用される『百匹目の猿現象』とは?  [ 画像チャンネル ]   2006年02月16日 00:41
5 こんばんは  画像チャンネルです  今日のテーマは (7) 潜在意識の法則を活用してホンモノの幸せな成功を実現する!このブログの心臓部です!      ・ 「最新マーケティングに応用される『百匹目の猿現象』とは?」 です。

この記事へのコメント

1. Posted by エニアグラムコーチング:成瀬   2005年04月19日 20:50
いつも面白い記事をありがとうございます。
いつも楽しみです。
自己保全本能低位とのこと、ご自愛ください♪
野口さんが同じカテゴリーに戻ってくださったのは、
うれしいけど(踊)、私がまたちょっと下に押し出されたのは、
ちょっと寂しい(涙)
でも、見えないネットワークでつながって、
もっと多くの人に読んでもらえるようにしよっと。
これからもよろしくお願いします。
2. Posted by じゅんこアーティスト   2005年04月20日 00:16
きょうは、
>空が一瞬にして曇り、かつて木が立っていた場所に雷が落ちたのでした。
ここで、鳥肌がたちました。

野口さんのお勧めの本すこしづつ読んでます。
「水からの伝言vol.2」が店頭になかったので、「DVDブック 水と音楽 癒しのメッセージ」を買ってみました。
水が音楽で雪の結晶のように成長していく? まったく不思議です。
「成功の掟」・「アダルト・チルドレン癒しのワークブック」も買いました。読みたい本だらけです。
3. Posted by 成瀬   2005年04月20日 10:17
あっ、昨日、言い忘れました。娘さんのお誕生日、おめでとうございます。いいお父さんで娘さんは幸せですね♪
4. Posted by ふじ   2005年04月20日 13:37
こんにちは・・。
老婆心ながら、ワタシも一般書店の注文では
”水からの伝言”は入手できず、ネットを注文を勧められました。

http://www.hado.com/books/page.htm

でも、”言葉を聴かす””聴かさない”のnegative control実験が無いと言葉の効果なのかは信用できませんが・・・。
しかしながら、”水”のもつエネルギーと美しさの価値には 変わることはなく、心を打たれるモノがありますね。
5. Posted by 野口嘉則   2005年04月20日 17:52
成瀬さん
娘の誕生日へのメッセージありがとうございます!(感激です)
いい父親になれるよう頑張ります。
成瀬さんのブログは、とても楽しく読めて勉強になります。
これからも楽しみにしています。

じゅんこアーティストさん
ユングの話は鳥肌ものですよね。
おすすめの本をいろいろ読まれているようで、嬉しいです。
水からの伝言はDVDも出ているんですね。

ふじさん
コメントありがとうございます。
「水からの伝言」の入手先URLまで教えていただき、助かります。
また遊びに来てくださいね。
6. Posted by 山口美和   2005年04月21日 09:33
野口さんへ
「見えないネットワーク」のことがだんだんわかってきました。
野口さんの引き出しの莫大さにただただ驚くばかりです。
「ありがとうございます。」って感じです(^。^)
7. Posted by 野口嘉則   2005年04月22日 17:07
山口さん
お礼の言葉を言っていただき、嬉しいです。
見えないネットワーク、おもしろいでしょ(^_^)
8. Posted by 西木 裕司   2005年06月15日 15:38
最後のユング博士のお話、ぞ〜っとしました

このブログに出会えた私は本当にツイている!
9. Posted by Happy   2005年07月10日 06:41
(わくチャレ挑戦中)
 ここに来ると読みたい本がどんどん増えていきます
 今まで考えたこともなかった分野の本でも読んでみるととても面白くて わくわくします  悩んでいる高校生の息子やお友達にも教えてあげたり貸してあげたりしています 
 こうしてここにコメントを残していくということを決めたとき恥ずかしくてそんなこと続くだろうかと不安の中でのスタートでした でも最近は自分の考えていることを文字にして残す 聞いてもらうということが大切な日課になってきました まだまだはじめたばかりですが がんばれそうな自分にちょっと驚いています  野口さんには感謝の気持ちでいっぱいです これからも楽しんでわくわくを続けます
10. Posted by イプログダイレクトの店長   2005年07月11日 06:37
(わくチャレ挑戦中)
「100匹目の猿」の話、面白いですね。「海でイモを洗うと土が落ちるだけでなく、塩味が効いて、イモをおいしくした」。これはサルにとって共有する価値のある知恵だったわけですね。
「見えないネットワーク」については、わくチャレを始めた直後からある種の直感を感じていました。野口さんともずっと昔からつながっていたような気がしますし、Happyさんとも昔から友達だったような気がするのです。そしてまだ現実世界では名前も知らない人が沢山いるものの、既にその人たちともつながっているという感じです。自分が宇宙の一部であることに今気づいたような気がします。
11. Posted by 野口嘉則   2005年07月11日 23:14
西木さん
コメントありがとうございます。
ユングの話、すご〜いですよね。

Happyさん
本をいろいろ読まれてるんですね。
コメントも残していただき、嬉しいです。
おたがい、わくわくを続けましょう!

イプログダイレクトの店長さん
いつもコメントありがとうございます。
つながっている感覚、分かるような気がします。
すべての人がつながっていると考えると、とても平和な気持ちになれますね。
12. Posted by モモ   2005年07月31日 11:07
「百匹目の猿」船井幸雄さんの本で読んだことがあるのを思い出し、本棚を探しました。ありました!ありました!10年近く前の本ですけれど。シンクロニティは非常に興味があります。ちょっとしたシンクロニティがここのところよく起こるのです。紹介いただいた本注文しました。
追伸:今、娘がビニールプールでシンクロナイズドスイミング(この言葉そのものは使いませんでしたが)をやりたいんだといって遊んでいます(笑)。
13. Posted by てつじ   2005年08月22日 21:28
こんばんは!
先日LOHASの話の時にHappyさんが
「100匹目のサル」について触れられていましたが、
今回の記事を読んで、思わず「なるほど!」と手をたたいてしまいました。
LOHASについて、「100匹目のサル」現象を起こす1匹でありたいと思いました。

「見えないネットワーク」
私にはまだピンとこないところがありますが、
そういったこと感じることが出来たら幸せだろうな、
と思いました。
今日もありがとうございます!
14. Posted by じゅんこアーティスト   2005年09月17日 13:25
まず信じるということが大切なのですね。「見えないネットワーク」を信じます。
この6年間継続して絵の展覧会をおこなってきました。すこしづつ私の絵のファンが増えているんだと信じます。
これからも活動を継続します。私の絵はがきを広げていきます。インターネットの時代だけれど、絵はがきは人の心に幸せ感をあたえます。
「見えないネットワーク」につながる事を信頼します。
15. Posted by non   2005年11月22日 14:59
「見えないネットワーク」、集合的無意識。。。
「病んだ社会」的事件が頻繁に目に付くようになった今、
「これも今の人々の心の現われなのか。。」と思ってしまいました。。

このサイトをなるべく多くの人に教えていい世の中にするため貢献せねばいかんなと思いました。

野口さんをはじめ、ここの皆さんは良い気で溢れています。

これからも頑張ってください!
16. Posted by ピカちゃん   2006年01月29日 10:43
ここまで3日間「集合的無意識」に関して読ませて頂きました。

心底にくいを打たれたように、衝撃を感じ、とても感激しました。

多分これが私の探していたものの一つだと思います。

ありがとうございます!
17. Posted by ひきこもり   2006年04月13日 04:18
もう少し理論的、論理的な説明があると説得力が増すと思いました。
18. Posted by shino   2007年01月14日 22:09
へぇ〜・・・。あっ、こんにちわ、野口さん。
『見えないネットワーク』・・・。
すごい実験結果があるんですね〜。
人間っていう存在は、
もっと大きな生命体のひとつひとつの成分なのでしょうか。
どこかで繋がっているんですね・・・。

今日もおもしろいお話をありがとうございました。
19. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年04月09日 23:26
すごい実験結果を知ってびっくりです!
集合的「無意識」というくらいですから、
我々には直接気付くことができないくらいの
遠くぼんやりしたもののように感じていました。

ただ、凡人らしい疑問が浮かんできました。
   「【 見えないネットワーク 】は
     両親や子ども、大好きな人などの身近な人たちに
     強くはたらかせることはできないのでしょうか?」

でも、人類全体にネットワークされているとしたら、
これからの人類の未来にも、期待が持てるような気もします。
すごい情報を仕入れて教えてくださる野口先生に、今日も感謝です!
20. Posted by Miyuki   2007年04月20日 14:06
野口さん、こんにちは。
娘さんのお誕生日おめでとうございます☆
見えないネットワークを感じます。うれしいです!(^o^)
21. Posted by みぱ   2007年06月16日 10:01
「100匹目のサル」には否定論が多数のようですが、
単なる偶然と片付けるにはもったいないですね。

みんなとつながっている感覚は、
自然と感じられると素晴らしいのですが、
現代社会においてはその感覚が鈍っているひとが多いと思います。

そういう意味では自分から集合的意識の感覚を
事例あるごとに意識的に実感してそれを味わうのも
大切なのかな、とも思います。

嬉しい楽しいをひとりひとりが常に伝導していこうと
思っていたら素敵な世界になれそうです。
22. Posted by マーガレット   2008年07月28日 19:31
野口さん、こんばんは。
今日もたくさんの素敵なお話をありがとうございます☆夢のような贈り物です!(*^_^*)
「見えないネットワーク」と深くつながって、
野口さんの講演会に出かけたいです。
目の前のことにベストを尽くしていれば、私は会場へと
運んでもらえるのでしょうか。。。
なんて、まだまだ依存的な考え方ですね。
人生に最高のリクエストしてみます☆
それから、こちらのページも大好きです。
野口さんのブログを訪れると、「見えないネットワーク」を
いっぱい感じて、みんなつながっているんだと実感します☆
23. Posted by shige   2011年04月29日 00:56
シンクロニシティ、すごい力ですね。
記事の実例を読むと、この力を否定することの方が間違っていると
感じてしまいます。
偉大な力を信じて生きていきたいですね。

ちなみに、噂をすれば的な小さなシンクロニシティなら
僕も経験はあります。

24. Posted by リリィ♪   2011年05月04日 16:15
ユング博士のお話、衝撃です。
凄いですね〜
見えないネットワーク、
心強いです。
ありがとうございます。
25. Posted by 気功整体士:津原   2012年06月26日 18:57
うわっ!
先月何10冊か本を頂いたんですが・・・

シンクロニシティありました。
203ページ。

ん〜〜
シンクロニシティだ。

いつもありがとうございます。
26. Posted by hide   2013年06月02日 06:54
こんにちは。

潜在意識はほんと深いですね。
ユング博士の事は知らないのですが、非常に興味が
出てきました。
勉強してみます。

ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔