2005年04月18日

偶然は存在しない!結果をもたらす「本当の原因」とは?

今日の記事も引き続き、潜在意識の法則についてお話します。

13日の記事「シンクロニシティーと成功法則の関係とは?」をまだ読ん
でおられない方は、そっちから読んでいただくと分かりやすいです。


今日は最初に、「ハリー・ポッター」の著者のJ・K・ローリングのお話
をします。

ご存知のように、「ハリー・ポッター」シリーズは、本も映画も空前の大
ヒットを収めました。
これは、作者ローリングのサクセスストーリーにもなったわけです。

どんなサクセスストーリーにも、必ずシンクロニシティーが作用している
わけですが、ローリングの場合を見てみましょう。


ある日、ローリングが乗っていたロンドン行きの列車が、ブレーキ音とと
もに止まってしまいました。
機械系統の故障で復旧まで4時間もかかるとのことでした。

いつものローリングなら、本を読んだり文章を書いたりするところですが、
その日は疲れていて、そんな気力は残っていませんでした。
ローリングは、目の前に広がった牧草地と牛の群れをぼんやりと見つめて
いました。

そして、数頭の牛をながめていた時突然、ローリングの心の中に、ハリー
ポッターの構想が浮かんできたのです。
「自分が何者かわからない少年」と「魔法学校」という構想が。

ローリングは、「なぜそんなことが起きたのか、自分でも分からない」と
言っています。
(「ハリー・ポッターともうひとりの魔法使い」より)

ローリングは、その時のインスピレーションを小説にしたわけです。


その後ローリングは、原稿を出版エージェント2社に送りました。
1社では、これを没にして送り返してきました。

もう1社では、エヴァンズという担当者が、原稿をゴミ箱に捨てました。
なぜならその会社では、児童書を扱わないことになっていたからです。
しかしエヴァンズは、捨てた後もその原稿が気になり、ついにはゴミ箱か
ら拾い上げて、目を通したのです。

そして、エヴァンズは物語に夢中になり、すべてが動き出しました。
そして、エヴァンズの会社にとっても、ローリングにとっても、大きな収
穫がもたらされることになりました。


ローリングの乗っていた列車が偶然にも4時間止まってしまい、なおかつ、
たまたまローリングには本を読む気力も残っていなかった。
こうして、「偶然にもハリー・ポッターが生まれた」と考える人もいると
思います。
こう考えると、ローリングは偶然にもラッキーにめぐり合えて成功したよ
うに見えます。

しかし、集合的無意識の性質を知ると、こうした出来事が偶然起こること
はないということが分かります。
ローリングは、自分の作品を大ヒットさせるべくして大ヒットさせたので
す。


エヴァンズは偶然にもゴミ箱の原稿が気になって、その偶然が、ラッキー
にもエヴァンズの会社に収益をもたらしたと考える方もいますが、これも
偶然ではないのです。


潜在意識の法則は、「蒔いた種が芽を出す」という法則です。

心の世界で作った原因が、現実世界に結果となって現れる「原因と結果の
法則」です。


では、どんな原因を作れば、成功の実現という結果を受け取ることができ
るのでしょうか?

一つには、強い信念を持って目標を描き続け、行動を継続していくことも、
成功を実現する「原因」になりえます。

しかし、これは「原因」になりうる一要素であって、必要条件ではありま
せん。


J・K・ローリングの場合を考えてみると、彼女は願望も目標も明確では
ありませんでした。

彼女は、あれほどの経済的成功を収めようとは夢にも思っていませんでし
た。
彼女が望んでいたのは、執筆活動を維持できる程度に稼ぐことだったので
す。

しかし、今や彼女は、世界の富豪の一人です。


また彼女は、強い信念も自信も持っていませんでした。
「ハリー・ポッター」を執筆しているときにも、何度となく没にすること
を考えました。
実際、原稿の一部を妹に見せ、妹が面白くないと言えば、すべてを葬り去
るつもりだったのです。


ローリングは、今日の成功を収めるに当たって、それを願ってもいなかっ
たし、目標設定もしていなかったし、自信もなかったし、大胆な行動も起
こしていなかったのです。


もちろん、願望や目標を明確にすることは非常に効果的ですし、大胆な行
動がものごとを大きく前進させることも多々あります。
(ですから、願望や目標を明確にして、大胆に行動することは、とても価
値があると思います)

ただ、これらは、成功という「結果」を作るための「原因」の一つにはな
りえますが、必要条件ではないのです。


もう一つ例を挙げると、ウェンディーズの創業者デイヴ・トーマスもそう
です。

彼は、自分が莫大な富を得ることになるとは思ってもいなかったのです。
「オハイオ州コロンバスに3,4件の店舗が持てればいい」と思っていた
だけなのです。

しかし、彼の始めたウェンディーズは、巨大なチェーンへと展開し、彼は
莫大な富を得ました。


J・K・ローリングやデイヴ・トーマスに起きたことは何なんでしょうか?

また、成功するための「必要条件」とは何なんでしょうか?


これらの答を教えてくれるのが「潜在意識の法則」です。

次回以降、潜在意識の法則をさらに詳しくお話していきたいと思います。


では、続きは次回に!

このブログを、よりたくさんの人に見ていただきたいと思っています。
  今日もひと押しお願いします!(↓)
            ★人気blogランキング
  ただ今のランキング順位は?(↑)
  いつもご協力ありがとうございます!      野口



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. オペラ座の怪人  [ 楽しみながら♪ズバ抜ける! ]   2005年04月18日 15:34
-------------------------------------------------------------------------- 朝、ワクワクして寝ていられないようなゴールを一緒に見つけ、 行動プランを共に作り出す。それがモチベーションコーチ菊池和郎の仕事です。 ---------------------------------------------

この記事へのコメント

1. Posted by 菊池和郎   2005年04月18日 15:38
潜在意識に関する鮮やかな解説に毎回感動しています。
次回の記事も待ちきれません^^
2. Posted by コーチPUNANA   2005年04月18日 17:37
今日のお話は特に物語を読んでいるようで、とてもおもしろかった!です。
次回が楽しみです。シンクロニシティという音の響きがよいです。覚えたら口に出していってみたい言葉です。
3. Posted by じゅんこアーティスト   2005年04月18日 19:23
ランキング2位!すっすごい。(ブログ読むまえにひと押ししてるのです)

>ついにはゴミ箱から拾い上げて、目を通したのです。

ここで鳥肌が立ちました。すごいなー。
4. Posted by みしゃりん   2005年04月18日 19:24
そういえば・・・。CTPを始めてからというもの、うれしい偶然がよく起こる私。

自分の構え方の問題?って思ってました。
「チャンス来ないかー来ないかー」状態のときにチャンスに気がつきやすい。
「なーんも考えてまへん」状態で日々漫然と過ごしていたら、絶対に気づかないラッキー。
あるいは捉え方の問題。
「チャンス、ラッキー落っこちてないかな」と望んでるときは、たいしたことない出来事も無理やりチャンスにしちゃう!とか(^^;)

ローリングの場合とは違いますが・・・ちょっと彼女がうらやましいかも。
5. Posted by あゆりん   2005年04月18日 22:45
<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

は、はやく潜在意識の法則、その先が知りたい・・・。

o(´^`)o ウー

思わずひさびさに書き込んじゃいました。

脳みその中身、プリントアウトして見れたらいいのにーーー。

きっと暗号がびっちり…。

pqkehrufbxbsjeidfhfjd947r5t373eirhmdf/v,,f;fkmffejfj;,kap;kmbmswufe47894qlhdjeidfmakgb.zmdia0eiqeqhp\r@fh

?(゚_。)?(。_゚)?  こんなだったりして。
6. Posted by 山田優のうんこ食べたい(株)   2005年04月19日 00:44
潜在意識!!あまりきにしなかったけど
最近日々意識してます続きが楽しみです!!
7. Posted by うるとらまんわだ   2005年04月19日 08:37

 目の前にはいろいろな幸運のチャンスが毎日通り過ぎているのでしょう。それに気づくかとうかがそれまでの人生で培った感性で決まるように思います。今回もいい話でした。有り難うございます。
8. Posted by 野口嘉則   2005年04月19日 14:23
菊池さん
記事を心待ちにしていただき嬉しいです。
菊池さんのブログもすごく勉強になるので、次の記事が楽しみです。

コーチPUNANAさん
今日の記事おもしろかったでしょ。
シンクロニシティーという音の響き、・・・たしかにいい響きですね。

じゅんこアーティストさん
ランキングへの応援ありがとうございます。
担当者のエヴァンズがゴミ箱から拾い上げたところ、すごいですねよ。

みしゃりんさん
たしかに構え方や捉え方によってチャンスに気づきやすい場合もありますよね。
意識をいつもチャンスに向けておきたいと思いました。
9. Posted by 野口嘉則   2005年04月19日 14:30
あゆりんさん
ひさびさの書き込みありがとうございます。
先を楽しみにしていただいてるんですね。
暗号は笑えました(^_^)

山田優さん
最近、潜在意識を意識されてるんですね。
続きにご期待下さい。

わださん
目の前を通り過ぎていくチャンスをキャッチしたいものです。
それには人生で培った感性!・・・なるほど納得です。
10. Posted by 山口美和   2005年04月21日 09:25
野口さんへ
「原因」という言葉には、マイナスイメージしかありませんでした。
しかし、今回のブログを読んでいるとそうでないことがわかりました。
原因と結果の法則というタイトルの本が数多くありますが、それって何?という気持ちでいました。
少しずつその扉が開かれていく感じがしています。
11. Posted by 野口嘉則   2005年04月22日 17:05
山口さん
そうなんです!
プラスの原因をたくさん作れば、プラスの結果が得られるんですよね。
12. Posted by 西木 裕司   2005年06月15日 15:33
今回の内容を拝見して約20年前に車のセールスをしていた時に

当時の所長さんから教えて頂いた言葉を思い出しました。

「棚からぼた餅」って言うけど、棚の下にいないと落ちてこないんだよ、

この世の中に偶然はないんだよ、と教えて頂きました。

このブログに出会えた私は本当にツイている!
13. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年05月24日 07:50
「ラッキーのように思える出来事も、偶然起こったのではない。」
そうですよね。
前にわくチャレで学んだことが、消えかかっていたのが復活しました。

身の周りに起こる現象は、
(必要があって)(意味があって)起こっているのですよね。
出来事にたいする被害者にならないように、
謙虚に「今は何を問われているのか」を感じられるようにしたいです。

ところで、強い信念も自信も持っていない人が
予想以上の大成功を収める理由って何でしたっけ?
明日以降が楽しみ・・・というか、以前に読ませて頂いてるハズですが・・;
まあいいです♪ もう一回なるほどと思えてラッキー♪♪
14. Posted by みぱ   2007年06月16日 09:51
強く望んでそれに見合う行動をしたひとが望んだ結果を得られる。
というのも本当でしょうし、
そこまで望んでもいないのにそれ以上の結果を得られる場合もある。

原因と結果と潜在意識、必要条件。
うーん。
次の記事読んでもうちょっと頭の中を整理します。
15. Posted by マーガレット   2008年07月27日 18:58
野口さん、こんにちは。
潜在意識のこと、頭ではわかってきて、無意識のうちに
考え方ばかりを変えようとしていました。
私の固くて、でっかい頭もやわらかくて程よい大きさにしたいです。
感性を大切にします。
今日もありがとうございます☆
16. Posted by shige   2011年04月27日 18:43
明確な目標がなかったにも関わらず、見えないネットワークの
力を授かり成功した方々の話、面白かったです。

次回の、その理由が気になって仕方がありません!

17. Posted by リリィ♪   2011年05月04日 15:55
「蒔いた種が芽を出す」
ありがとうございます。
次回が楽しみです。
18. Posted by 気功整体士:津原   2012年06月26日 18:52
なるほど。
ブログ1回は読んでいるはずなのですが、
覚えておりません・・・

目標を設定すると
それ以上のことは
起こりにくくなりますから、
果たして
楽しみです。

いつもありがとうございます。
19. Posted by 成長ゲームマスター   2012年07月19日 08:32
5 潜在意識とのつながり方でわからない点があります。
自分が潜在意識につながりにいくのか
それとも
潜在意識が自分につながりをもとうとしているのか。

自分には、「こうなりたい!」という願望的なものが
薄いので疑問に思ったのだと思います。

いつもありがとうございます。
20. Posted by hide   2013年05月30日 04:38
こんにちは。

確かに強い信念と目標を描く事は成功の原因と
なりますが、必要条件にならない事は理解でき
ました。
潜在意識がどう作用するのか?
次回の記事が楽しみです!

ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔