2005年04月11日

幸せで建設的な人間関係を実現するための「ゲーム撃退法」!

4月7日の記事以降、「心理的ゲーム」についてお話しています。

ここで言うゲームとは、人生で繰り返してしまう行動パターンのことです。

昨日の記事では、「人はなぜゲームを演じるのか?」についてお話しまし
たね。


さて今日は、「ゲームを演じないために、どうすればいいか?」というお
話をしたいと思います。

ゲームを演じ始める人を「仕掛け人」といいます。
仕掛け人は、自分が持っているゲームを、誰かを相手に演じ始めます。

そして、その仕掛け人のゲームに「乗ってしまう人」がいて、ゲームが成
り立ちます。


では、まず、相手がゲームを仕掛けてこないようにするためには、どうす
ればいいでしょうか?

昨日の記事でお話しましたように、ゲームを起こす隠れた動機の一つは、
ストロークを得ることです。
肯定的ストロークが充分には得られない時(=ストローク飢餓の状態)、
否定的ストロークを求めて始めるのがゲームなのです。


ということは、日ごろから相手に肯定的ストロークを充分に与えておくこ
とが、最も根本的なゲーム予防になりますね。

では、あなたの場合、周囲の人たちに、どんな肯定的ストロークを与える
ことができますか?
アイディアをたくさん考えて、ドンドン実行してみていただきたいと思い
ます。
(コーチングのスキルに「承認」というのがあるのですが、これはまさに
肯定的ストロークです。また、このブログでも詳しく紹介します)


それから、自分自身がゲームを始めないためには、やはり、自分を肯定的
ストロークで満たすことが有効です。

ただ、肯定的ストロークを他人からもらうことを期待すると、思い通りに
もらえないことが多いので、自分で自分に肯定的ストロークを与えること
をたくさんやるのがおすすめです。


自分に肯定的ストロークを与えるためには、どんなことができるでしょう
か?
ぜひ、いろいろ考えて実行してみてください。

4月6日の記事で紹介しました「許可証(アロワー)の発行」や「インナ
ーチャイルドワーク」なども、自分に対する肯定的ストロークになります。


さて、他にもゲーム対策として有効なのは、「ゲームの存在に気づく」こ
とです。

ゲームというものを知らずにゲームを繰り返すのと比べて、「あっ、もし
かして今、自分はゲームを演じているのかもしれない」と気づくことは、
自分をコントロールしやすくします。

そのためには、日ごろから自分の行動パターンを観察して、自分がどんな
ゲームを持っているかに気づいておくことが大切です。


また、よくゲームを繰り返してしまう相手と、ゲームについて学び合うこ
とも有効です。
「ゲームというものの存在」におたがいが気づいていることで、ずっとコ
ントロールしやすくなります。

ここで気をつけなければいけないのは、相手のことを分析して、「君は、
よく○○○のゲームを演じるね」などと指摘するのは危険ということです。
自分のクセを直接に指摘された相手は、防衛に入ります。

「あれはゲームじゃない!」「何言ってんだ、あれこそ典型的なゲームだ」
などと、その場でゲームが始まってしまいかねません。

話し合うときは、相手のゲームを指摘しないことが必須条件です。
(相手のゲームを指摘したくなる人は、「さあ、とっちめてやるぞ」ゲー
を持っている人かもしれませんね)


それから、あと2つ、ゲームを中断する方法をお伝えします。


1つ目は、「パターンの中断」を起こす方法です。

ゲームとは、いつものパターンの繰り返しですから、あなたがいつもとは
違う反応をすれば、パターンが崩れるのです。


今まで、「お前、なんでそんな大事なことを忘れてたんだ!」と言われて、
いつもは「私だって・・・」とか「あなたこそ・・・」とやっていたとし
たら、パターンを変えて、
「そうね、大事なことだよね。あなたが怒るのも無理もないね。」と言っ
てみるとか、いきなり「ごねんね」と謝ってみるとか。

すると相手は調子が狂って、ゲームのパターンが崩れるのです。


今までおたがい感情的になって怒鳴りあってきたのなら、パターンを変え
て、
「私にリクエストがあるとしたら何?」とか、
「あなたには、そう見えるのね。じゃあ、どうしたらいいと思う?」とい
うような、相手が冷静になれそうな質問を返してみたりするのも有効です。


2つ目の方法は、「身体をコントロールする」という方法です。

立っていても座っていてもいいのですが、背筋をまっすぐに伸ばし、肩の
力を抜いて、相手の方を向きます。
つまり、姿勢を正して、力を抜くのです。

このようにまっすぐな姿勢で、歪んだゲームを演じ続けるのは難しいので
す。


これは、3月21日の記事で紹介した形入法(行動療法)の原理を使った
方法です。

姿勢を正して肩の力を抜いた後は、静かに長〜く息を吐いて、腹式呼吸を
することも効果的です。


ということで、ゲーム対策の話はこのあたりにしましょう。


交流分析についてしっかり学びたい人は、日本交流分析協会が各地で主催
しているセミナーや講座がおすすめです。

私も、この交流分析協会の講座がきっかけになって、交流分析を学び始め
ました。


<質問>

1.「これから、まず誰に対して肯定的ストロークを与えますか?」

2.「その人に対して、今まで与えたことのない肯定的ストロークを一つ
   試みるとしたら、どんなことをやってみますか?」


このブログを、よりたくさんの人に見ていただきたいと思っています。
  今日もひと押しお願いします!(↓)
            ★人気blogランキング
  ただ今のランキング順位は?(↑)
  いつもご協力ありがとうございます!      野口


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「お金」と社会  [ 大富豪の方程式 ]   2005年04月12日 21:42
「お金」の秘密  The Secret Of Money 資本主義での基盤である「お金」Moneyを正しく理解して、経済の変革期を健全に乗り越える為の、「お金」のお勉強講座であます。 The Secret Of Moneyプロローグ  「お金」の「知識」 経済社会で、すべての人が使用する「道具」が

この記事へのコメント

1. Posted by じゅんこアーティスト   2005年04月11日 23:32
職場ではあまり人に肯定的なストロークを与えていないかもしれない。
きびしい顔をしているんじゃないかと思う。
ときどき笑顔にして、なるべく挨拶して・・・でもやっぱりすぐには変われない。

自分の興味分野のセミナーを受けている時、そこで出会った人に笑顔がいいと
言われたりする。会社にいるときとは別の顔をしているらしい。
会社でもやさしい自分になる為には、自分自身に肯定的ストロークを与えることが
必要なのかもしれない。
2. Posted by 西口(SE養成プロジェクト)   2005年04月12日 02:16
問題解決のキーを握っている人ですね。
如何せんビジョンが無い状態なので、これを何とかしたいですね。

師匠から「結局は何が言いたいのか?という疑問を会話の中で冷静になって探せ」という教えからですと・・・。
喋る以上に聞いたりメモを取ったり相槌を打つ、基本的な事からですね。
(コーチングのスキルが役に立つんだろうな、きっと)

いやしかし、意外と幅が無い事に気が付きました。(^^;

相手のペースを意図的に崩す効果は非常に有効なんですね。
(無論、建設的な利用方法という前提で)

今日も勉強になりました、ありがとうございます!
(毎日ひと押し!!)
3. Posted by うるとらまんわだ   2005年04月12日 08:12

 実際の日頃の生活の中でも、「本当のことを言う」と人は怒り、「本当のことを言われる」といい気分ではいられないというととが、今日のお話でよくわかりました。しかし、なんと自分は小さい人間なのかと日々思います。
今日こそ、顔晴(がんば)っていこう!
4. Posted by like a どろんこ stone!   2005年04月12日 19:11
見ていると、部下を管理する立場でありながらいつも否定的なストローク、ゲームを仕掛け手いる人がいます。第3者的な立場からゲームを仕掛けられないように場を作ることはできないもんかと思います。
5. Posted by 野口嘉則   2005年04月12日 23:37
じゅんこアーティストさん
私も、自分の興味がある分野のセミナーや勉強会に出ている時が、一番いい顔をしているように思います。
自分自身への肯定的ストローク、大事ですよね。

西口さん
コメントありがとうございます。
「喋る以上に聞いたりメモを取ったり相槌を打つ」・・・基本的だけど大事なことですよね。
ひと押しにも感謝です!

わださん
時と場合によっては、「本当のことを言ってあげること」が大事な場合もありそうですね。
その時は、「100%の愛を込めて言ってあげるといい」と教えてもらったことがあります。

どろんこ stone さん
そういう人、けっこういますよね。
ゲームを仕掛けられないためには、そういう人に近づかないのが一番ですが、なかなかそれもできないことが多いですよね。
また、いいアイディアがあったら教えてください。
6. Posted by 山口美和   2005年04月14日 15:35
野口さんへ
自分の中に怒りの感情が沸き起こってきたときに、深呼吸を3回します。
するとその感情の塊が小さくなっていくのを感じます。
これって「身体をコントロールする」ことだったんですね。
とてもよく理解できました。
そして、「パターンの中断をおこす」ということは、ゲームの仕掛け人が
発する言葉を、受け入れることだと理解しました。
すぐ受け入れることは、私にとって難しいと感じましたが、一呼吸おいてみるというような「身体をコントロールする」ことを入れながらやってみるとできるのかもしれません。
7. Posted by 野口嘉則   2005年04月16日 17:31
山口さん
深呼吸は効果ありますよね。
まさしく身体のコントロールです。
ゲームの仕掛け人の発する言葉を受け入れることができたら、ゲームにはならないですよね。
8. Posted by 西木 裕司   2005年06月15日 14:36
仕事でうまくいかない時など否定的な考えをした時に

いつも、その後に「いやいやそうではない!俺はついているんだ!

絶対できる!」と言うようにしています。
9. Posted by イプログダイレクトの店長   2005年09月03日 04:12
(わくチャレ挑戦中)
「身体をコントロールする」というのは大発見でした。
笑顔でいる自分を感じたらそれは、いい状態の証。
もし、笑顔でない自分を感じたら、笑顔を作ることで、
自分をいい状態へ移行させることができる。
10. Posted by Lio   2005年09月04日 08:45
(わくチャレ挑戦中)

>ここで気をつけなければいけないのは、相手のことを分析して、「君は、
>よく○○○のゲームを演じるね」などと指摘するのは危険ということです。
>自分のクセを直接に指摘された相手は、防衛に入ります。

自分の癖を指摘された時にあまり良い気がしないのは、私の我慢が足りないのかと思っていましたが、普通の反応なのですね。安心しました。

有難うございます!
11. Posted by Happy   2005年09月05日 10:25
(わくチャレ挑戦中) 
パターンの中断 身体をコントロールする どちらもなるほどです これは是非習得(?)したいことの一つになりました
 誰に肯定的ストロークを・・・これは次男です 彼と私はどこか似てるところがあるのか 気が合うときはすごくいいのだけれど ちょっとでもすれ違うと いつも同じパターンで火花を散らしてしまいます  考えてみると私が彼のことを優しい気持ちで見ているときは彼がすごく落ち着いている・・・彼は私の鏡のような存在なのかも知れません・・
12. Posted by Happy    2005年09月05日 10:30
(わくチャレ挑戦中) 
 パターンの中断 身体のコントロール どちらもなるほどで これはぜひ習得したいことの一つになりました
13. Posted by じゅんこアーティスト   2005年11月13日 10:32
ファシリテーションの九州(福岡)フォーラムに参加しました。参加者の気分をほぐす為の「アイスブレイク」でとなりの席の人と握手をするように言われました。
その後の挨拶等で会場内がいっきになごやかになりました。フォーラム後半では、希望のグループに別れ、ファシリテーションを体験学習したのですが、まずそこで行なった「アイスブレイク」もまた握手でした。たくさんの人と握手しました。
「肯定的ストローク」を、とてもたくさんいただきました。フォーラム後の懇親会は、知らない人の集まりのはずなのに、それぞれが話で大盛り上がり、「肯定的ストローク」のすごさと、同じ志しの仲間の懇親会は本当にすごいと思いました。
(このブログの読者さんとも会い、じゅんこアーティストをを知っていた方がいらっしゃって、すごく嬉しかったです。野口さんのおかげです (^v^)...)
14. Posted by ゆらり   2006年04月06日 19:33
キライな上司から飲みに行こうと誘われると、行きたくもないのに、”はい、行きます”と言ってしまい、楽しめず、無理して付き合う自分がいます。

これも私がゲームを始めているのですね。
これを中断させるためには。。本当は嫌だと思う上司にも明るく普通に挨拶をする、誘われたら答えるのに間をおく、相手を尊重した態度で断る。

今度はこれでやってみます。
15. Posted by 睦月   2006年05月09日 06:43
わくチャレ中です。

「身体をコントロールする」。体と心って繋がってますものね。
今の私にはあれもこれもと頑張るのは難しそうなので、
「身体をコントロールする」ことと、自分を観察して気付くことから始めてみます。
今日もありがとうございます。
16. Posted by らく   2006年11月13日 20:35
らく@わくチャレ中です!

1.「これから、まず誰に対して肯定的ストロークを与えますか?」

家内、両親、子供(そして回りの人々)に対して肯定的ストロークを与えて行きます!

2.「その人に対して、今まで与えたことのない肯定的ストロークを一つ試みるとしたら、どんなことをやってみますか?」

美点凝視で誉める!って事を行なっていきたいたいと思います。
生活の中で、否定的なストロークをすぐに全くなくすまで修行が足りていないです・・・。
ついつい○○すべきとか、○○しなければいけない、何で○○しないの?
とかまだまだです・・・。
頑張ります!
F(^^;) 
今日も有難う御座います!
17. Posted by shino   2006年11月21日 21:45
こんにちわ、野口さん。

自分自身に肯定的ストロークを与えるってなかなか難しいですよね。
どうしたら、満たされるのか。
すぐには答えが出せませんでした。
引き続き、考えてみます。
18. Posted by アキ   2006年12月12日 16:25
野口さん、こんにちは。

「これから、まず誰に対して肯定的ストロークを与えますか?」
「その人に対して、今まで与えたことのない肯定的ストロークを
一つ試みるとしたら、どんなことをやってみますか?」
 ⇒自分自身、家族・・・。
  自分自身に近い存在から、肯定的ストロークを与えていきます。
  どんなこと・・・このブログのこと、ひとつひとつです。
19. Posted by つねさん   2007年03月07日 09:32
肯定的ストロークとして
 ・仕事仲間 ⇒ 話すときは笑顔で前向きに話す。
 ・子供   ⇒ 誉める!
を実践します。
特に、子供に対しては、常に欠点を指摘してました。
自分に当てはめれば、嫌なことだと分かるのに、どうしても上から物を言ってばかりいたことが思い起こされます。
今日も具体的で分かりやすく、ためになるお話をありがとうございました。
20. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年03月09日 13:40
今日も期待以上の収穫! 素晴らしい勉強になりました!
(仕掛け人)にならない。 ゲームに(乗らない)
どちらもできそうな気がしてきました。

実はさっき、パソコン開く前にゲームを仕掛けられて、
さらっと「パターンの中断」ができたところだったんです!
「ゲームの存在に気付く事」は確かに効果があります。

あとは、〜蠎蠅帽猟蠹ストロークを与え、
    ⊆分を肯定的ストロークで満たし
    ★身体をいい状態にする←まっすぐな姿勢は歪んだゲームを演じにくい
素晴らしい!!身体のことがちゃんと方法論に入ってたのが
なんだかすごくうれしいです。もうゲームしないぞ〜!
21. Posted by たけのこ   2007年03月13日 09:41
自分の姿勢を正して、行動パターンをかえてみます。
うじうじ考えずに即行動するぞー。
まずは、自分への肯定的ストロークを与えます!
22. Posted by chiyoko   2007年03月27日 23:30
ワクチャレ72日目。
相手を大事に、自分を大事に。そうなりたいです。
23. Posted by ゆこ   2007年05月14日 17:44
深呼吸か〜
ゲームを仕掛けられたら、まずは姿勢を正して深呼吸ですね。
24. Posted by マルチェロ   2007年05月22日 13:00
”ゲームをしてしまう”事を知っているのは
大きな気づきになりますね。
そしてパターンを崩す。そして正しい姿勢と深呼吸
自分自身「さあとっちめてやるぞゲーム」を持っているようなので
そこは十分注意して。
そして自分への肯定的ストロークを与えます。
それが満たされれば、周囲の人にも今までにない
肯定的ストロークを渡せそうだからです。
今日もありがとうございました。
25. Posted by みぱ   2007年06月09日 09:50
>日ごろから相手に肯定的ストロークを充分に与えておくことが、
最も根本的なゲーム予防になりますね。

私の与えが足りないのか、与え方が悪いのか・・。
毎日のように負のストロークやゲームは仕掛けられてきます。

みなさんのコメントも大変参考になります。
>会社でもやさしい自分になる為には、自分自身に
肯定的ストロークを与えることが必要なのかもしれない。

自分自身をもっと承認して肯定的ストロークで満たせば
負のストロークやゲームは仕掛けられないのかな
26. Posted by み〜ぶ〜   2007年06月18日 21:34
野口さん、こんばんは。
私は、限られた言葉だけを使って生活していることに気づきました。
野口さんに、教えてもらって気づくことがいっぱいでした。
私が最近、感じている肯定的ストロークは、
・声をかける
・仲間として、席を用意してあげる
・一緒にご飯を食べる
・SOSを言える場をつくってあげる
・"微笑返し" です。目の前の人が、自分で自分に肯定的ストロークをしなくてもいいように、自分がされて心地よいことは、他人にもしてあげようと思います。野口さんがブログの中で、お話してくださっている「ベーシング」につながりますか・・。
それから、この8回の中で「人は・・」「人が・・」「人間が・・」心に残ります。みんな、おんなじ人間なんだな〜と、感じさせてくれる言葉がいっぱいでした。私は、人間関係が苦手です、なんて言ってたら、神様は泣いているかもしれませんね。今日もありがとうございました☆
27. Posted by み〜ぶ〜   2007年06月19日 11:05
野口さん、おはようございます。
わくチャレ、次のメニューを見て、戻ってきました。こんなのも、ありですか(^_^;)。野口さん、「ありあり(^_^)」と言ってくださいますか。「そのことに、できるだけひっかからないで、進んでくださいね」「時と場合によりけりです」・・野口さんからのお守りの言葉が、いろいろ聞こえてきそうです。
『人間は、ストロークが得られないと生きていけない、あるいは、生きる気
力を保てないのです。・・・人間が最も恐れているのは、ノーストローク(=ストロークがもらえない)の状態、つまり、関心を示してもらえない状態ということになります。』いつも、心にとめておきます。
私は、よく怒るし、相手を傷つける言葉もたくさん言ってしまいます。
未完成でありながらも、さりげなく、肯定ストロークができるようになりたいです。私が、してもらったみたいに☆
今度こそ、進みます! ありがとうございました☆
28. Posted by 願いを実現☆   2007年07月09日 20:29
1.「これから、まず誰に対して肯定的ストロークを与えますか?」
       両親

2.「その人に対して、今まで与えたことのない肯定的ストロークを一つ
   試みるとしたら、どんなことをやってみますか?」

      微笑みかける

他にも この人には このストローク と思うところがあるので、やっていこうと思います。
29. Posted by yukinko   2007年08月05日 22:00
お疲れ様です。
本日も「ワクチャレ」に参加できたことに感謝です。
  ̄さんにストロークを与えたいです。
◆,△覆燭醗貊錣砲い襪ら、今がある。
  あなたと一緒だからこれから更に前を向き歩んでいける。野口さんに教えていただいた「宝地図」少しづつ
作成しています。一緒に共通した「宝地図」を作ってみましょうか?二人で共に幸せな小金持ちを目指しましょう。相談してみます。
30. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年11月11日 15:33
ほんとうに勉強になります。
まず、ゲームの存在に気付くこと。
そして「あなたはOK。わたしもOK。」で生きること。
真っ直ぐな(心)が入る(身体)にすること。
いつでも冷静であれば、問題は無いはずだと思いました。
|に対して肯定的ストロークをあたえますか?
△修凌佑砲匹鵑淵好肇蹇璽を与えますか?
⇒「両親に、明るい態度」です。

なんでこんな簡単なことがなかなかできないのか・・・
すこし分かりました。それは、
「自分の人生に起こる出来事は、最高にうまくいっている」
という気持ちをもてないからだ、と思います。充分ありがたく、充分幸せなのに、足りないところばかりに目が行ってしまうからですね。
自分の感情の枠の中に、いつでも(ありがとう)を入れておきたいと思います。
31. Posted by み〜ぶ〜   2007年12月05日 07:45
野口さん、おはようございます。
パターンの中断を起こす方法・・・
>いきなり「ごねんね」と謝ってみるとか。
謝る勇気の原動力は愛なんですね。
野口さんの最新記事のおかげで、謝るという言葉に対するイメージが変わりました。
ありがとうございます☆
感謝の気持ちを伝えること、謝ること、信頼すること・・
野口さんの『鏡の法則』は、愛のメッセージがいっぱいですね。
愛のメッセージを伝えるには、素直で正直で誠実な心でいたいです。
自分に対して肯定的ストロークを与えようと思いますが、私は、自分自身を大切にしすぎているのかもしれません。
32. Posted by ゆかりん   2007年12月21日 07:55
自分の一番身近に感じている人に対して肯定的なストロークを与えてみます。
一番は母親かも・・。
母親とはよくゲームをやっているなあとブログを読んで感じました。
どんなストロークか?はやってくれたことに焦点をあててありがとうとかそんなことをしてくれる母が好きというメッセージをちゃんと伝えてみようと思います。
33. Posted by ゆういち   2008年01月16日 18:10
1.「これから、まず誰に対して肯定的ストロークを与えますか?」

今回は、自分に対して与えてみます!

2.「その人に対して、今まで与えたことのない肯定的ストロークを一つ
   試みるとしたら、どんなことをやってみますか?」

 「夢は紙に書くと現実になる!」
(PHP出版 ヘンリエッタ・アン・クロウザー著 野津智子訳)
という本に、
「人から言われた褒め言葉を書いておく」
とあったのでこれを実践しようと思います。

自分に自信を持たないまま他人を褒めると、なぜか余計付け込まれてしまうことが多かったからです。
「あなたはすごいね」という言葉の裏に「どうせぼくなんか」というやっかみのようなものがあったのだろうと思います。

自分に自信を持つ
を今年の課題にします。
ありがとうございます。
34. Posted by ニコニコ未来   2008年01月17日 09:43
肯定的ストローク、まずはやっぱり自分自身に与えたいです。卑屈になったり、相手の言葉で気分が変わってしまう傾向にあるので、まずはありのままの自分を受け止め、自分で自分に肯定的ストロークを与えるよう心がけたいです。
目指すは「私はOK。あなたもOK。」です。

姿勢を正す、これは意外と効果ありですね。
ちょうど最近姿勢をよくしたいと思い、毎日意識して過ごしていたところで、野口さんのおっしゃるとおり姿勢を正しているときは、ゲームを仕掛けられることも、仕掛けることもありません。それに、姿勢を正して胸を張っていると、気分がよく、冷静な自分でいられます。

「自分自身に肯定的ストロークを」と「姿勢を正す」、身につけたいです。
今日もありがとうございます。
35. Posted by プー   2008年02月06日 12:10
形入法は私にとってはチョッピリ難しかった本でしたが、「姿勢を正す」こんな応用法を自分で工夫すればいいのですね。形から入る!
あなたの為にゲームが得意な私は、直接指摘して相手を不愉快にしていたにも関わらず、拒否される理由は相手のせいにしていました。口から出そうになったら、さえぎらず相手の話をじっくり聴く練習をしてみます。傾聴ですね。
今は相手の話を聴く時、真向かいに座らず、横または斜め横の位置に着いて近くでうなずきながら聞くように心がけています。(特に夫)
36. Posted by ようこ   2008年02月17日 17:05
肯定的ストロークを他人からもらうことを期待すると、思い通りにもらえないことが多いので、自分で自分に肯定的ストロークを与えることをたくさんやるのがおすすめです
今まで与えたことのない肯定的ストロークを一つ試みるとしたら、どんなことをやってみますか?
人の話しを聞く。(ついつい自分の話しをしてしまう)
37. Posted by minny   2008年02月19日 15:23
わたしも人から肯定的ストロークをいつも期待しているところがありました。
これからは、自分自身にそして人にも肯定的ストロークを与えていける人になりたいです。
ありがとうございました。
38. Posted by き   2008年03月28日 02:13
まず自分から、と思っていながらいざとなると相手に求めるばかりで いつのまにかゲームをしてたとおもいます。
肯定的ストローク頑張ってみます。
39. Posted by マーガレット   2008年07月14日 18:42
野口さん、こんにちは。
>ゲームを起こす隠れた動機の一つは、
ストロークを得ることです。
無意識の中で起きている隠れた動機をもっと知りたいです。
怖れもありますが、知ることで安心できています。
それから、インナーチャイルドワークは、私の課題です。。。

姿勢を正して腹式呼吸をすることも意識してみます。
いつもありがとうございます☆
40. Posted by てるね   2008年08月04日 14:09
ゲームというものを知らずにゲームを繰り返していました。
これからは、今ゲームを演じているのかもしれない、と気づいたら、自分をコントロールできるようにしたいです。
まずは、自分を肯定的ストロークで満たすことから始めてみます。(^^♪
41. Posted by マーガレット   2008年08月13日 11:30
野口さん、こんにちは。
初めて、自然な気持ちで「ゲーム撃退」できました(^_^)
「内面化ワーク」のおかげです。
これをきっかけに次へ進めそうです。
「おめでとう」って、野口さんの声が聴こえてきそうです☆
ほんとうにありがとうございます☆
42. Posted by アーナンダ   2010年02月16日 21:18
とっちめてやるぞゲームを
持ってます。

質問
1、妻です。

2、これから話を聞いて
感謝を伝えたいと思います。



理屈っぽい私が、
ともかく原因ではなく目的、
(楽しい家庭)
を指針として行動する。

パターンを変えてみたいと思います。

いつもありがとうございます。
43. Posted by リリィ♪   2011年04月21日 19:41
ありがとうございます。
ゲームの存在に気付いても、
相手に指摘しないんですね〜
納得です。
ありがとうございます。
44. Posted by shige   2011年04月22日 00:46
まずは自分に、そして周りに、
しっかり肯定的ストロークを与えられるようになりたいと思います。
それがゲームを未然に防ぐ方法なんですね。

パターンの中断はすぐにでも使えるテクニックですね。
ゲームに気付いた時、実践してみます。

今日も勉強になります。ありがとうございます。



45. Posted by 進化   2011年06月13日 00:52
1.「これから、まず誰に対して肯定的ストロークを与えますか?」
まずは自分です。それから徐々に近い人から。
彼女→家族→会社の人などなど

2.「その人に対して、今まで与えたことのない肯定的ストロークを一つ試みるとしたら、どんなことをやってみますか?」
好きだと伝える。
72日目ありがとうございました。
46. Posted by 山中一弘   2012年01月13日 11:36
1.「これから、まず誰に対して肯定的ストロークを与えますか?」

今、目の前にいる人に。
両親・家族に。

2.「その人に対して、今まで与えたことのない肯定的ストロークを一つ試みるとしたら、どんなことをやってみますか?」

何気ない一言を。
服のセンスとか、相手の頑張りの承認とか、
与えてくれたものに対する喜びの表現とか。


今日もありがとうございます。

 
47. Posted by 気功整体士:津原   2012年04月27日 11:50
1.「これから、まず誰に対して肯定的ストロークを与えますか?」

妻ですね。

2.「その人に対して、今まで与えたことのない肯定的ストロークを一つ試みるとしたら、どんなことをやってみますか?」

2010年
感謝を伝えましたが、
継続性が無かったですね。

子育てについて
『ありがとう』

先日伝えました。

いつもありがとうございます。
48. Posted by hide   2012年11月11日 09:38
こんにちは。

自分自身に対する肯定的ストロークと姿勢を正す事が
すごく大切だという事が認識できました。
最近、姿勢が悪くなるとともに、否定的ストロークが
増えていると気づきました・・・。
気づけて良かったです。

ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔