2005年02月15日

質問力は自己実現力!今こそ質問力を高めよう!


アインシュタインは次のように言いました。
「もし自分が死にそうな状況になって、助かる方法を考えるのに1時間あ
るとしたら、最初の55分は、適切な質問を探すのに費やすだろう」

20世紀最高の天才と言われた彼は、効果的な質問こそが、最良の答えを
生み出すことを知っていたのです。

私達は、生活の中で、無意識のうちに、自分で自分に問いを投げかけてい
ます。
その時、自分にどんな質問を投げかけるかによって、自分の行動パターン
や人生の結果が大きく左右されるのです。

「可能思考」で有名なロバート・シュラー氏は次のように言っています。

「成功しない人は、なぜできないかを考え、成功する人は、どのようにし
たらできるかを考える」と。

つまり、自問自答する時に、「なぜできないんだ?」と自分に問いかける
のではなく、「どのようにしたらできるんだ?」と問いかける人が成功す
るということです。

コーチングでは、前者の「なぜできないんだ?」という否定的な表現の質
問を否定質問と言います。
一方、後者のような肯定的な表現の質問を肯定質問と言います。


自問自答の時に、自分にどんな問いを投げかけるかというのは、その人の
習慣的なパターン(=クセ)になっています。

頭では「可能思考の大切さ」を理解していても、無意識にやっている自問
自答では、これまでのパターンどおり「否定質問」を自分に投げかけてし
まっている、という人が多いのです。

私自身も、かつて成功哲学や成功心理学を学び始めたころ、知識としては
前向きに考えることの大切さを理解していても、実際はなかなか前向きな
考え方ができなかった時期がありました。

当時は、無意識に、否定質問で自問自答していたのだと思います。


コーチングを知って以降は、もちろん私自身もコーチを雇っていますが、
毎回コーチから肯定質問をたくさん投げかけられます。
その結果、私自身も、無意識に自分に「肯定質問」を投げかける習慣が身
につきました。

その結果、目標達成能力が、飛躍的に向上したと実感します。
実際、妻や友人達が、私が着実に目標を達成し続けていることに驚いてい
ます。

皆さんも、自分に肯定質問で自問自答する習慣を身につけ、強化していっ
て下さい。



★無料動画セミナー

無料オンライン動画セミナー
「自尊心・自信を高める『自己受容 7つのステップ』」を今、公開中!

下のフォームにメールアドレスを入れて登録ボタンを押すと登録できます。

あとで解除も自由にできます。



この記事へのトラックバック

1. 日付変わったのぅ @ 成功哲学  [ ブルちんの妙な車屋さん生活 (IN呉) ]   2005年02月17日 01:06
家にパソコンがあったら寝不足になりそうで少し恐怖を覚えてます(~o~)さてさて。。。今日の野口さんブログをの中で引用されてました。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「可能思考」で有名なロバート・シュラー氏は次のように言ってい...
2. 四十二冊目  [ 本 ]   2005年11月26日 00:47
質問力が気になりました。 自分の中のキーワードに触れたので 読んでみました。 この本はコミュニケーション能力を高める上で ヒントになるエッセンスが色々ありますが、 質問やそれに対する答えを この本に当てはめて考えながら 会話をすると たぶ

この記事へのコメント

1. Posted by 村井慎一   2005年02月16日 06:52
2月14日の講義ではお世話になりました。ありがとうございました。

15日に研修が終了し、帰宅しましたので、早速ブログを拝見させていただいています。これからも引き続き興味を持って勉強していきたいと思います。

自分はコミュニケーションはあまり得意でありません。得意ではないので、かえって興味があります。斎藤教授の本も読んでいます。これを機会に実践していきます。
2. Posted by とおさんです。   2005年02月16日 09:14
野口様
いつも有効情報有難うございます。
「どのようにしたらできるんだ?」という肯定質問。
すっごく大事ですね。
以前,野口さんに教えていただいてから,自分自身にも使いますが,クライアントさんと接するとき,セミナーなどのとき,よく使わせていただいてます。
確かに,即「どうしようか」と,前を向いて,考えるんですよねっ。
また,お邪魔します。
by とおさん
3. Posted by 山口美和   2005年02月16日 11:40
こんにちは。
野口さんのブログを読んでいて、つい先日私の中で起こったことを思い出しました。
子どもの小学校の広報委員をしているのですが、原稿を書くのが締め切りが目前に迫ってから慌てて始めるという状態が毎回のように続いていました。
今月もまた同じバタバタ状態・・・。
「私って、お尻に火がつかないと動かないから。」
とふと言い訳を言ってしまったあとに、
「ん?じゃ、お尻に火がつくと動くんだな」
「じゃあ、お尻に火がつくようにするにはどうしたらいいんだ?」
と自問自答(セルフコーチングですね)したのです。
否定的な言葉を肯定的に変えることで、無理に自分のやり方を変えることなく動けるようになるんだなと思いました。
そこで、「期限を設ける」「期限をダンナに伝える」ことを決めました。
自分の愚痴を肯定質問に変えると、楽しんでできるような気がします。
4. Posted by 野口嘉則   2005年02月16日 23:48
村井さん
書き込みありがとうございます。
このブログでも実践に役立つ知恵を紹介していきますので、ドンドン参考
にしてください。

とおさん
コンサルティングの現場では、コンサルタントの質問力がものをいいます
よね。
また、機会があったら、実際の事例なども教えて下さい。

山口さん
自問自答の質問を肯定質問に変える!
これすごくいいですよね。
とても具体的な例を紹介していただき、感謝です。
山口さんがセルフコーチングを楽しんでいるのが伝わってきました。
5. Posted by 西木 裕司   2005年06月06日 12:39
先日、TVで あの石田純一が言ってました

人間には二種類あって

一つは できない理由を見つけようとする人

もう一つは できる方法を見つけようとする人

まさに これですね
6. Posted by み〜ぶ〜   2007年02月15日 20:45
今日は、行き詰まった時に「どう言えばいいのかな?」と相手の方に声に出して言ってみたのですが、
無意識に否定質問をしている私には、何かを感じることができました。
「クエスチョン」とはズレているかもしれませんが、
野口さんのブログを読んでいるうちに、前向きに自分の気持ちを伝えたいと思うようになってきました。
弱っているときは、「どのようにしたらできるんだ?」も「なぜできないんだ?」と聞こえてきそうですが、前向きにがんばります!
今日もありがとうございました☆
 
7. Posted by みぱ   2007年04月15日 09:39
私もきっと無意識に否定質問をしてるんだと思います。

みなさんのコメントも非常に参考になります。
山口さんの
「じゃあ、お尻に火がつくようにするにはどうしたらいいんだ?」
は、すごくいいですね。

無意識にできないうちは意識の中に質問を持ち出して
肯定質問に変えるようにしてみます。
8. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年05月13日 12:35
無意識に、肯定的な自問自答をする。

それには、数多くの意識化が必要ですね。
楽しくワクワクな気分ではないとき、
自分に肯定質問を投げかけてみます。

「どうしたら良くなるんだ?」
「どうしたらできるんだ?」

意識化もアウトプットでしょうから。

9. Posted by aoiumiaruku-v.v   2008年01月26日 23:16
【私自身も、かつて成功哲学や成功心理学を学び始めたころ、知識としては前向きに考えることの大切さを理解していても、実際はなかなか前向きな考え方ができなかった時期がありました。】

ほっ・・と安心しました。
ありがとうございます。
知識が知恵に変わるまで、
タイムラグがあっていいのですね。

それにしても、はっきりと周りの変化を感じ取ったときは、最高の気分ですよね。
今日も自分に気づきがありました。
ありがとうございます。
10. Posted by あきたん   2008年01月27日 00:52
できない理由→問題点を発見→どうしたらできるか
と、「できない理由」を先に考えても、最後は「どうしたらできるか」を考えますが、「できない理由」を考えることで、ますますできないという意識に支配されてしまうんでしょうね。
「どうしたらできるか」だけを考えたほうが、できたときの自分がクリアに想像できるのかな、と思いました。
11. Posted by マーガレット   2008年03月10日 18:24
野口さん、こんにちは。
無意識のうちに、否定質問で自問自答をくりかえして自分を責めていました。自分の頭をポカポカ叩いたりして・・心も体もかわいそうなことをしていました。
最近やっと、否定的に考える私のクセがわかったので、あとは、訓練して肯定質問で自問自答する習慣を身につけていきます。
自分にも他人にも優しくなれるように心がけます。
今日もありがとうございます☆
12. Posted by マーガレット   2008年03月25日 17:14
野口さん、こんにちは。
先日、出かけた時にどこかのページに「図書館などでも置いてあるところはあると思います。」と書かれていたことを、ふと思い出し、図書館へ寄って「質問力」の本を借りてきました。
野口さんのおかげで、私の成功体験が増え続けています。
ありがとうございます☆

アインシュタインの言葉の意味が、ようやくわかってきたように思います。
効果的な質問(自問自答)は、食べることと同じくらい大切だなと思います。
そのココロは・・ともに私の中に入って大切な栄養になってくれます。
野口さん、座布団三枚いただけますか♪ 
 う〜ん、大サービスで二枚かな・・・(^_^)
13. Posted by あゆ   2008年10月01日 21:21
「どのようにしたらできるのか?」
この質問を覚えておきます。
いつもできない言い訳ばかりしていました。

考え方で生活って変わるんですね。
14. Posted by アーナンダ   2010年07月20日 13:22
肯定的な質問か。

ご相談の方や、自分自身、
将来の
絵が浮かぶ
というか、
ビジュアライズしたものが
先に出てくることも多いです。

そこへ至る
道筋が出てこない。

質問の仕方が
否定的になっていることが
大きな要因だと感じました。

明かりが見えた
感じがした
記事でした。

いつもありがとうございます。
15. Posted by リリィ♪   2011年02月15日 10:12
冒頭のアインシュタインの言葉目から鱗です。
自分への肯定質問を習慣化ですね〜
早速取り組みます。
今日もありがとうございます。
16. Posted by shige   2011年02月15日 18:56
アインシュタインすごいですね・・・。
55分は質問を考える時間。
僕は残り5分で答えを探せず終わるかも(笑)

僕は情けないですが、否定質問が多いと思います。
野口さんも最初は苦労されたんですね。

僕はコーチはお願いしていませんが、
実践塾の皆さんとのコミュニケーションで
肯定質問を習慣化していけたら最高ですね。
(頼りすぎですみません 汗)

17. Posted by na7me7   2011年02月18日 13:40
効果的な質問こそが、最良の答えを生み出す
アインシュタインの言葉、凄く響きました。

野口さんも以前は、
コーチを雇って、毎回コーチから
肯定質問をたくさん投げかけられていたんですね。

私も無意識に自分に「否定質問」を自分に投げかけてし
まっている気がします。

「肯定質問」を投げかける習慣を身につけたいです。
18. Posted by Maygreen   2011年02月21日 01:59
トコチャレから 「スピボイ」の存在を知り
スピボイの 佐藤伝さん を読んでから
野口さんのインタビューを 読みました。
http://www.spiritualvoyagers.jp/interview_vol017.html

ちょっと そこから 今日のブログ(2/15)
に関連した部分を抜粋させてくださいませ。


●自分で自分に問いかけをしたものは 
 自分のビリーフの範囲でしかないから
 結局 そこからは 出にくい。

●コーチングの面白いところは
 自分以外のひとからの問いかけから
 新しいパターンが起きえる。

●コーチングは問いかける者の 在り方がすべてだ。


自分への肯定質問も実践し
学友の皆さんの 自問自答を共有することによって
コーチングのような 発展がある ということですよね!
こうして トコチャレを実践し続けることで
在り方も 
 今の状況を楽しみながら 流れに乗って 行っている
 流れに乗って 幸せの海にたどり着ける。

この場があることに 大感謝です。

自分の恐れと向き合い感じて味わって
今の幸せに感謝する 
自分の本質(宇宙と繋がった偉大なる存在であること)を 信頼し 宇宙を信頼すること

たまに 落ち込んでも 
また 気を(機を)入れなおして
流れに乗る。

うふふふふ。

野口さん 学友の皆様
ありがとう、 愛してます。 

そして 自分に
これまで ごめんなさい
でも これからも 許してね。

はちゃめちゃですが コレでいいのだああ
19. Posted by アーナンダ   2012年01月05日 19:06
>>
「どのようにしたらできるんだ?」と問いかける人が成功す

<<
なるほど、
もう一度ココロに刻みなおさなくては。

いつもありがとうございます。
20. Posted by hide   2012年02月10日 14:40
こんにちは。

・「なぜできないんだ?」
・「どのようにしたらできるのか?」

どちらかというと前者の習慣が多いような・・・。

ほんと自分自身に対する質問もそうですが、他人との
コミュニケーションの中での質問もすごく大切だなぁ
と実感している今日この頃です。

とにかく肯定質問が習慣付くように意識します。

ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔