2005年01月27日

人間関係で成功する鍵は何か?そのシンプルな法則とは?(1)


個人のクライアントさんに対するコーチングの中で、「人間関係」をテー
マにすることがあります。

クライアントさんが目標を達成するために、障害となっている人間関係を
改善する必要があるケースもあります。
また、クライアントさんが、人間関係の問題にエネルギーを消耗してしま
って、目標達成に向けての行動に充分な集中力を発揮できていないケース
もあります。
また、信頼できる友人からのサポートのおかげで、目標達成が加速される
ケースもあります。


人間関係は、目標達成をしていく上でも、とても重要なテーマと言えます。
そこで、今日は「人間関係」について考えてみたいと思います。

あなたは、様々な人間関係の中で生きていると思いますが、その中で最も
重要なベースとなる人間関係は、誰との人間関係だと思いますか?

人それぞれ、重要な、土台となる人間関係があると思います。
配偶者との関係、親との関係、子どもとの関係、友人との関係、・・・。
そして、これら以上に土台となる人間関係があるとしたら、誰との関係だ
と思いますか?



そうです!
最も重要なベースとなる人間関係は、「自分との関係」なのです。

あなたが「どのくらい他人を受け入れることができるか?」ということと、
「どのくらい自分のことを受け入れているか」ということは、正比例しま
す。
心理学では、「自己受容と他者受容は正比例する」と言います。

つまり、自分のことを受け入れている人は、他人をも受け入れることがで
きるということです。
あなたが、「様々なタイプの人を受け入れる器のある人間になりたい」と
思うなら、まず、自分のことを受け入れることが大切ということです。

実際、「こんな自分じゃダメだ!」と自分を許せない人は、他人をも許せ
ない傾向にあります。
自己嫌悪の強い人は、他人との間にも壁を作りがちです。

自分との関係というのは、自分の中の「見つめる自分」と「見つめられる
自分」の関係です。
見つめる自分が、「こんな自分はみっともない!」と裁判官のように厳し
い人は、他人に対しても厳しい見方をするために、他人を受け入れること
が難しいのです。

さて、では「自己受容とは何か?」です。

自己受容は、自己肯定とは違います。
「自分を好きになること」とも違います。
自分に対して、妥協したりあきらめたりすることとも違います。
傲慢になったり、自己中心的になったりすることとも違います。

では、自己受容とは何か?
それは、明日に続きます。

自己受容について、とても参考になるおすすめ本をご紹介します。
心理カウンセラー田中信生氏の本です。


そのままのあなたが素晴らしい―前向き肯定的人生のすすめ

  ただ今のランキング順位は?
             ★人気blogランキング
  今日もひと押しお願いします!(↑)        野口


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 正比例  [ さつきのほのぼの日記 ]   2005年01月27日 19:46
 私は,心の平穏を取り戻した。 特別うれしいことも 悲しいこともなく いつも心が安定した生活。 いつからだろう? こんな心安らかに過ごせる日々になったのは。 以前,私はものすごく嫌いな人がいた。 「この世に存在しなければいいのに」 と思っていた。 世界...

この記事へのコメント

1. Posted by うるとらまんわだ   2005年01月28日 12:20

 人間関係の中で、一番は自分との人間関係ということですね。
なかなか許せない人を作ったり、自分から壁を作ったりするんですね。

顔晴(がんば)ろう!
2. Posted by みかん太郎   2005年01月28日 20:07
コメントありがとうございました。
コーチングは以前から興味がありました。これを機に勉強したいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

「自己受容」の意味が気になります。
明日を楽しみにします。(笑)

では。
3. Posted by 野口嘉則   2005年01月29日 00:04
和田さん
顔晴りましょう!

みかん太郎さん
コメントありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いします。
4. Posted by 和田治邦です。   2005年01月31日 08:51

 聞き上手は仕事のできる人だと思います。私も極めていきます。
ちなみに私の周りではこのサイトを見る人が増えていますよ。
5. Posted by 野口嘉則   2005年01月31日 21:14
和田さん
このブログを宣伝していただきありがとうございます!
感謝・感謝です!
6. Posted by イプログダイレクトの店長   2005年09月11日 09:18
(わくチャレ挑戦中)
「自分を好きになること」ではないのですか。
今の自分と今の他人を許し、
未来の自分と未来の他人に希望を持つ。
そんな風に考えていました。
7. Posted by Lio   2005年09月12日 09:01
(わくチャレ挑戦中)
最近の私の思考テーマに近いので、自分の思索を改めて省みる事が出来ました。

今日も有難うございます。
8. Posted by Happy   2005年09月17日 16:19
(わくチャレ挑戦中) 
 自分のことをそのままの自分として認めること 私はこんな人なんだ・・これって簡単なようでとてつもなく難しいです 
 自分のことってわかっているようでよくわからないし 私ってドンナ人??
9. Posted by じゅんこアーティスト   2005年11月20日 23:15
>自分のことを受け入れている人は、他人をも受け入れることができる

自分の器を大きくするというのは、自分のことを受け入れるということなのですね。
前より自分のことを嫌いではなくなっています。
けれどなかなか広い心になるのは、やさしいことではありません。
他人の幸せを祝福できるようにはなりつつありますけど。
いつもにこやかな顔でいられるようになりたいです。野口さんのように。
お願いする時はきびし顔になりがちな自分ですれど、かわいく軽やかにお願いするというのも課題です。
自分の軸を持ちつつも、変えられる所は変えて行きたいです。
10. Posted by miwa   2005年12月29日 18:00
(チャレンジ中)
自己受容!できてなかったと思います(泣)

自分を受け入れて初めて相手を受け入れるのですね!
まずは、己を知る事から始めます!
11. Posted by 睦月   2006年05月16日 07:24
わくチャレ中です。

私は自己嫌悪がとても強いので、周りに壁を作ってしまいます。
それで余計に孤独感や疎外感を感じ、そして更に自己嫌悪というように、
悪循環を繰り返していました。

自己受容と自己肯定は違う!今まで自分を好きにならなきゃ!!と思っていました。
自分の中の悪い感情を否定したり裁いたりして、
ネガティブを否定し、忌み嫌い、ポジティブでいなきゃ!!と思っていました。
でも、自己受容は違いますね。
自分の中の良いものも悪いものも、それに対して何の判断も下さないで、
ただ静かに受け入れて認めてあげる・・・。
とてもやりがいのあるチャレンジです。
今日もありがとうございます。
12. Posted by カオリ   2006年08月07日 02:01
私はどうしてこんなに苦手な人が多いのかと悩んでいましたが、この文章を読んで、ようやく解決策が見つかったきがします。
毎日少しずつでもそのままの自分を受け入れていこうとおもいます。
野口さんありがとう
13. Posted by らく   2006年11月28日 13:55
らく@わくチャレ中です!

自分との関係ですか、なるほど・・・。

こちらのブログで教えていただいた本で、
自覚ってのは人間にだけ出きるって改めて認識しました。
火を使うとか、言葉を話すとか見えることしか意識していなかったです。
単純でした(^ι^;)

見つめている自分と、みつめられる自分ですね。
自分に甘いだけじゃ駄目なんですよね(>人<)

明日が楽しみです!

有難う御座います!
14. Posted by shino   2006年12月02日 22:22
こんにちわ、野口さん。

私の完璧主義(私の偏った価値観の中での完璧、ね。)が
私と異なる主義の相手を受け入れられない土台なのでしょう。
わくちゃれが最初に教えてくれた“相手のbeing”。
この概念を知ってから、けっこう変わったと思うんだけど・・・。
自分の成長が具体的に見えないだけに、不安にもなります。

自己受容とは・・・、明日が楽しみです。
それから、顔晴れで“がんばれ”っていいですね。
15. Posted by み〜ぶ〜   2007年02月20日 10:59
野口さん、おはようございます。
今日もよろしくお願いします(^o^)
2005年4月21日の記事から、こちらへきました。
精神的不自由は、辛いです。壁に囲まれているみたいです。
でもね、最近、壁に小さな穴を、見つけました。壁の穴から、光が射し込んできます。不思議な感覚です。頭で考えてでもなく、イメージしているのでもなく、読書量の少ない私には、表現がむずかしいのですが、
たしかに、光を感じます。
それから、キラキラしている光は、野口さんが、『鏡』を使って、太陽を反射させているのかもしれませんね☆ありがとうございます☆
16. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年03月15日 11:58
(自分を受け入れる)=(自己受容)って
「ありのままの自分を認められる」ってことかなあ。
今の自分に「いいぞその調子!」って言えることかなあ。

(どのくらい自分を受け入れることができるか)と
(どのくらい他人を受け入れることができるか)は
正比例している・・・・
分かるようで、分からないかも。

自分を見る【尺度】で、すべてを見ているってことかなあ。
続きを読んでみます。

17. Posted by みぱ   2007年03月30日 12:18
>「こんな自分じゃダメだ!」と自分を許せない人は、他人をも許せない傾向にあります。

耳が痛いです。
以前はかなりこの傾向が強かったような気がします。

私はこんなものじゃないはずだ。もっと成長しなければ!
と思う気持ちが、今の自分ではだめだ。という
自己受容ができていない状態にしてしまっているのでしょうか。

前進していく気持ちを忘れずに
今の自分も受け入れて認めていくって
相反しているようで相反していないようで
とても難しいです。
18. Posted by chiyoko   2007年04月10日 12:43
ワクチャレ80日目。
「自分をを許せない」「自分に対して裁判官のように厳しい」
そんな自分を反省します。

19. Posted by み〜ぶ〜   2007年06月27日 07:05
野口さん、おはようございます。
昨日は、とてもうれしい一日でした。
携帯には、夢メルと、野口さんのメルマガが届いたお知らせが届き、
家には、宅急便(メルマガで紹介されていたCDと鏡)が届いたり、
パソコンでは、ブログが更新されていたり・・
五官(?)フル活用で野口さんデーでした(*^_^*)
それから、わくチャレ中に、CDが届いて、とてもうれしいです。
野口さんのお声を聴きながら、わくチャレを進むことができて、幸せです。素敵な企画をありがとうございました☆
昨日は、CDを最後まで聴くことができなくて、
今日は、一枚目の「ゆるす」のところからです。ラッキー!


20. Posted by 願いを実現☆   2007年07月17日 12:29
<自己受容とは何か?>
自分のなかでの回答は<・・・・・・>かなぁ〜

明日 楽しみにしています。
21. Posted by あきたん   2007年09月19日 00:13
自己受容とは、自分が出した結果や成果だけを認めるのではない、ということはなんとなくわかります。

とかく自分に足りないことや、よくないところに目がいきがちですが、それはそのまま他人に対する見方でもあるっていうことですね。

ありのまま、の自分を大切に。
ありのまま、の自分を好きになる。

それは、ありのままの他人を大切にし、好きになることにつながるんですね。

・・・って考えると、自己受容が人間関係のベースになるのもうなずけます。

22. Posted by プー   2007年09月21日 16:46
自己受容って自分を好きになることだと思っていました。
自分にはこんな嫌いな面はあるけれど「あるんだな」と思えれば受け入れられるんですね。

似たもの同士はマイナスの感性も似ているからそのような時は反発する。ってことは自分の中にプラスもマイナスもあっていいと思えることで色々な人を受け入れられる自分になれる・・・納得です。これからの自分のありようで未来を自分を変えられるんですね。

あせらず取り組んでみます
23. Posted by み〜ぶ〜   2007年11月02日 22:34
野口さんへ
>心理学では、「自己受容と他者受容は正比例する」と 言います。
私は、母の話を聴いているときも心の中でストップがかかります。
自分の中で受け入れられない部分ですね(?)
今月は勇気を出してみます。見守っていてくださいね。
今日もありがとうございます☆
24. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年11月28日 11:17
なんだか少し混乱してきました。
「こんな自分ではダメだ!」って強く思ったから
このEQコーチングを引き寄せました。
(向上心)を(実践)に変えていく原動力です。

あ〜、もしかしたら
それ以前の(ベースになる考え方)のことなのかな。
誰だって、良いところと嫌なところがあって当然です。
だからと言って、それらを直視して善悪に縛られたりしないということかもしれません。
(まずはそれでじゅうぶん。)
(自分との関係があることがありがたい。)
「我」から離れる思考の深さを持って、
自分も相手も、許し、受容していきたいですね。
25. Posted by み〜ぶ〜   2007年12月12日 22:15
野口さん、こんばんは。
許可証を与えられずにいるのは、自己受容ができていないのですね(?)

>自分との関係というのは、自分の中の「見つめる自分」と「見つめられる自分」の関係です。

この記事は何度も読んでいるのに、初めて知りました。
(野口さんドテッ!となるようなことばかりですね)
私は裁判官のようではありません、と思いたくて目をそらしてしまっていたのです。それでも5つドライバーが、とても楽に感じることもあるのにな・・。
きっと、野口さんのあたたかいサポートを感じているからですね。
ありがとうございます☆
26. Posted by ゆかりん   2008年01月01日 18:57
元旦にこの記事とは、まさに私のテーマそのものだという感じです。
自分との関係というのは、自分の中の「見つめる自分」と「見つめられる
自分」の関係です。
見つめる自分が、「こんな自分はみっともない!」と裁判官のように厳し
い人は、他人に対しても厳しい見方をするために、他人を受け入れること
が難しいのです。
ドライバーのことも含め自分を見つめる私になって他人と壁も不要に立てなくて済むようにしていきたいです。
27. Posted by ニコニコ未来   2008年01月30日 13:20
>自分のことを受け入れている人は、他人をも受け入れることができる
ありのままの自分を受け入れられるようになろうと意識しています。でも一進一退。めげそうになるときもあります。

自分はこうありたい!とがんばりすぎると、知らないうちに相手のことまで厳しく見ていました。
野口さんの教えを、ひとつづつ体験しているところです。
あ〜、こういうことかぁ。。。と。

ありのままの自分を受け入れながらも、なりたい自分を目指す…。心のありかたが難しいです。
明日の記事が楽しみです。
今日もありがとうございます。
28. Posted by ゆういち   2008年01月30日 18:06
自分との関係、考えさせられますね。
>自分の中の「見つめる自分」と「見つめられる自分」の関係です。
では、自己受容とは何か?
気になります。この段階で考えるとすれば・・。
外側の世界が自分の内面の鏡であるとするならば、ぼくの人間関係は、そうですね、思い当たるのは最近飲み会をほとんど全部断っているんですよね。
子供を寝かせるのがぼくの役目という理由があるためですが、本当にそれだけなのか?
もしかしたら友人を心からは大切に思っていないのではないか・・。
ということは自分を大切に思っていないということ?
どうなんでしょうね。
明日を楽しみにしたいと思います。
ありがとうございます。
29. Posted by プー   2008年02月07日 14:54
 斎藤一人さんの言葉が私は分かりやすかったです。
「自分をゆるせない自分を許すよ」という
「○○が出来ない自分を許すよ」という
けっこうブツブツつぶやいていました。効果絶大でした。

それから野口さんの「3日坊主1年間で4分の3達成説」
時々はこんな自分でもいいかもと思っていたので、ダメだしがあっても、いい方向に向かってると単純に喜べたんです。こんな素敵なブログをよくぞみつけた、私ってすごい!って言ってみませんか?
30. Posted by マーガレット   2008年02月16日 21:51
野口さん、こんばんは。
ここは、私のスタート地点ですね。
見つめる自分は、厳しかったり、見て見ぬふりをしたりですが、主体的に生きるには・・わかりはじめたので、自分への言葉がけを変えていきます。
野口さんの言葉が私の中の影の部分にも循環しています☆
ほんとうにありがとうございます。

★幸せ成功能力を最大限に高める「3つの秘訣」
やっと、わかってきました(気づくのが遅いですね)
サポートし合える仲間って、ほんとに大事だなって思います。
ずっと、野口さんのブログにサポートしていただいて、いろいろなことを知りました☆
自然にアウトプットできるように、自分の言葉にできればいいなと思います。
これからもよろしくお願いします(*^_^*)
31. Posted by き   2008年04月20日 17:36
>自己受容は、自己肯定とは違います。
>「自分を好きになること」とも違います。
>自分に対して、妥協したりあきらめたりすることとも違います。
>傲慢になったり、自己中心的になったりすることとも違います。

どんな風が自己受容かまだわかりませんが
自分が出来ていないだろうということは判ります。
次が気になります。
32. Posted by 智子   2008年04月25日 09:43
 少し前までの私は、何とかして自分の過去を消すことは出来ないものかと、思ってみたり、履歴書を書くことがいやで仕事に就かず内職を探してみたり。
 こんなことではダメ
 では、なくてこんな自分も許す。
 で、いいのかな。
33. Posted by kaorin   2008年06月20日 10:07
幸運を呼ぶ言葉
言葉の魂にバイブレーションが関連し次々と奇跡
が起きている言葉について、報道してみることにしました。ついている うれしい 楽しい 感謝してます 幸せ ありがとう 許します(こういう言葉をたくさん言っているとまた言いたくなるような幸せな事がたくさんおきます.ついてない 不平不満  グチ 泣き 言 悪口 文句 心配ごと 許せない
(こういう言葉を言つているともう一度こういう言葉を言つてしまうようなイヤなことがおきます)
でも天国言葉だけで生きるのもなかなかむずかしいですよね。でも心配ありません。
イヤな事があったらありがとう、と感謝すればいいらしいのです。そうすると良い波長に還元されて飛んでいくそうなんです。

34. Posted by てるね   2008年08月19日 00:03
自分との人間関係?!
自己受容とは何か?
おすすめ本の、そのままのあなたが素晴らしい―前向き肯定的人生のすすめ
早速読みたいと思います。(^^♪
35. Posted by てるね   2008年08月21日 20:41
最も重要なベースとなる人間関係が「自分との関係」だということ。
自分のことを受け入れている人は、他人をも受け入れることができる。
今の自分をそのまま受け入れることが、大切なんですね。(^^♪
36. Posted by てるね   2008年08月30日 14:31
まずは、自己受容ですね!
おすすめ本が「そのままのあなたが素晴らしい」なら、
私も、そのままの自分が素晴らしい!
そう思うことにします。(^^♪
37. Posted by まりも   2010年01月24日 23:39
どうしても他人と壁ができてしまう。。。
だから付き合う人をころころ変えてきたけど、

本当は自分を受け入れなかったからなんですね。
他人を変えるのではなく、まず自分からが大事なんだなってすごく感じました(^^
38. Posted by アーナンダ   2010年02月25日 22:36
自己受容とは?
次が楽しみです。

ワクワクチャレンジの前回、
30個、
私の『急げ』のドライバーやってみました。
・花がキレイに見える
とか
自分なりに意外な答えがありました。

・かっこよく生きれる
コレは
速さがかっこよさと思っていた自分の考えと
真逆のものが出ました。

>>
「自己受容と他者受容は正比例する」
<<

ん〜〜確かにその通り経験しているようです。

少し思慮深く
大分口数が減ったように思います。

いつもありがとうございます。
39. Posted by na7me7   2011年01月27日 08:09
ついに・・!!!
私が最も必要としている学び「自己受容」!

昔は、私自身が裁判官のように厳しく自分を裁いて
自尊心を傷つけてました(^_^;)

今はずいぶんゆるゆるになってきて、有難いことに
不完全を楽しめるようになってきました。

そのおかげで、人の不完全さも少しずつ許せて
お互いの不完全を楽しめるようになってきました。

最近、仕事での話ですが、
以前の私なら泣いて傷ついていたかも・・って
思えることも、自然に受け入れることができました。

受け止め方がかわり・・自己受容が少し出来て
建設的な思考が出来て、捉え方がかわり
あり方もかわりました。

「あっ少し捉え方が変わった」と
自分で気づくこともできました。嬉しかったです。

野口さん、本当にありがとうございます。
そして、学友の皆さんのおかげです(^^♪

もっともっと
自分自身を自分の愛で満たして
「様々なタイプの人を受け入れる器のある人間になりたい」

です (^^♪

40. Posted by リリィ♪   2011年01月27日 18:35
ありがとうございます。

自己受容と他社受容は正比例する、
本当にその通りだったと実感しています。

未熟な自分の心の動きや行動を
その都度、好き嫌いではなく、
そのままひとつの出来事として、
承認できるようになってから、
楽になりました。

実践塾の学びと学友の皆さまのお陰です。
本当にありがとうございます。
41. Posted by shige   2011年01月28日 00:04
自己受容、実践塾で初めて学んだときは驚きの内容でした。
他人との関係の根底に、自分との関係があるなんて知りもしませんでした。

それを知ることができただけでも、大部違ってきたのですが
僕も自己受容はまだまだです。
口だけで受容した気になっても、心の奥深くに嫌いな自分をふと
見つけてしまったりしています。

本文より
自己受容は、自己肯定とは違います。
「自分を好きになること」とも違います。
自分に対して、妥協したりあきらめたりすることとも違います。
傲慢になったり、自己中心的になったりすることとも違います。

もう一度自己受容を正しくとらえて、
時間をつくって、自分を見つめなおしたいです。

42. Posted by 進化   2011年07月08日 22:43
自分を強く責めたり、否定したりすることがあります。
ごめんな。

80日目ありがとうございました。
43. Posted by hide   2011年12月18日 09:19
こんにちは。

「自己受容とは何か?」ですが、自分の良い面だけでなく、自分の嫌いな面なども
目をそむけたり、否定する事なく、すべて自分が創り出しているというスタンスで
受け入れるという事でしょうか?

次を楽しみにします。

ありがとうございました。
44. Posted by 山中一弘   2012年05月27日 11:39
「正比例」って言葉、何だかいいですね。

大人になって学ぶことの多くは、
一方がよくなると一方はだめになるような、
反比例の法則が働いているように感じます。

実際はそうではないのかもしれませんが。


僕の場合は
「他人を許さねば!」
と意識して人を許すことが結構あるように感じますが、
ありのままの自分を本当に受容することができたなら、
「許さねば!」
という気持ちなど出てこないのでしょうね。

野口さん今日もありがとうございます。
 


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔