2005年01月25日

成功したい人が一番に身につける必要があるものは?(4)

昨日からの続きです。

20世紀の初頭、ドイツでハンスという馬が大評判になりました。
算数ができるというのです。

ハンスの飼い主であるオステン氏が「3足す5は?」と聞くと、前足を8
回打ち鳴らし、「9引く6は?」と聞くと、3回鳴らしました。
簡単な掛け算や割り算もできました。

オステン氏のトリックであろうと考えた人々が、オステン氏のいないとこ
ろでハンスに質問したところ、やはり正解を答えました。

さて、本当にハンスは算数ができたのでしょうか?

答えはNOです。

プングストという心理学者が、ハンスをスクリーンの後ろに隠してから質
問をしました。
するとハンスは答えられなくなりました。

ハンスは、床を打つ数が正しい答えに近づくにつれて、質問者や周囲の人
の表情がわずかに変化するのを敏感に感じ取っていたのです。
つまり、床をたたく数が正しい答えまできた時に、質問者の表情が微妙に
変わるのを感じて、足を鳴らすのを止めていたのです。

これには、飼い主のオステン氏も気づいていませんでした。
オステン氏は、無意識にハンスに答を教えていながら、そのことに気づい
ていなかったわけです。

これを知って、オステン氏は驚きました。
「ハンスが答えを出していると思っていたら、そうではなかった!私が答
えを出させてたんだ。私が答の源だったんだ。」


このように、「自分が原因となって、相手にある行動を促しておきながら、
その原因が自分であることに気づいていないこと」を『ハンスの錯誤』と
いいます。
そして、私達は日々の生活の中で、頻繁にこの錯誤を犯しているそうです。

「私の夫は冷たいわ。私が子育てで苦労しているのに無関心なんだもの。」
「俺の妻は、いつも俺の足を引っ張る。俺は家族のために頑張っていると
 いうのに。」
「部下のA君は、私の考えに逆らってばかりだ。素直じゃない部下を持つ
 と大変だよ。」

このように被害者意識になっている時に、私達は錯誤を犯しているのかも
しれません。
「原因は相手にある」という錯誤を。


被害者のスタンスは「無力な自分」を創り、主体的なスタンスは「自己信
頼」を高めます。

ここで主体的に考え直してみましょう。
「もしかしたら、自分がこの状況を創り出しているとしたら、何を変えた
 らいいんだろう?」

相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どの
ような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考えるの
です。



コーチングにおいても、主体性を失っている人(クライアント、部下など)
には、主体性を取り戻すための質問が有効です。
「もし、あなたにも原因の一端があるとしたら、何だと思いますか?」
「もし、あなたの行動が、その現状を変える突破口になるとしたら、何か
 らしますか?」
「あなたのどんな能力を高めたら、その状況を解説できますか?」
「あなたの影響力の範囲で何かできることがあるとしたら、何ですか?」
「相手が変わらないとしたら、あなたはどうしますか?」


主体的に生きるとは、自分が自分の人生を創り出している源である
という立場で生きることです。
つまり、「自分の人生は、他人によって振り回されたりするものでは
なく、すべて自分の選択によって創られている」という立場をとること
です。
自分の人生の創造主として、自分を認めることです。

被害者から創造主にシフトした時、人の能力は最大限に発揮されます。


ぜひ、今回の記事でお伝えしている「主体的な生き方」の話を、あなたの
周囲の人達にも、どんどん分かち合っていただきたいと思います。
そして、あなたの周りにも主体的な人を増やし、おたがいの主体性を磨き
合えるような、そんな豊かな人間関係の輪を作ってみませんか?

明日に続きます。
明日はいよいよ、この記事の仕上げ(にする予定)です。

  ただ今のランキング順位は?
             ★人気blogランキング
  今日もひと押しお願いします!(↑)        野口


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 次のステージ  [ さつきのほのぼの日記 ]   2005年01月25日 22:01
 私には尊敬できる友達がいる。 男とか女とか自分より年上だとか年下だとか関係なく 「人間」としてすごい人がいる。 その人たちに共通しているのは 度量が広い ということ。  どんな人でも受け入れてしまう。 もちろん最初は苦手だなとかいろいろあるのだろうけ...

この記事へのコメント

1. Posted by うるとらまんわだ   2005年01月26日 13:49

 人生の主人公は自分自身ということですね。自分株式会社をどう経営するかという大きな意味があるわけです。顔晴(がんば)っていこう!
2. Posted by おやじん   2005年01月26日 14:09
はじめまして。私もコーチング学んでおります。沢山いらっしゃるコーチの中で野口さんの考えは、もーーーーのすごい共感を覚えます。いつも楽しみにしています。
3. Posted by 野口嘉則   2005年01月26日 23:24
うるとらまんわださん
コメントありがとうございます。
自分株式会社という表現、いいですね。

おやじんさん
はじめまして。
共感してもらえて嬉しいです。
4. Posted by 西木 裕司   2005年06月04日 13:06
う〜ん なるほど

また 唸ってしまった
5. Posted by イプログダイレクトの店長   2005年08月22日 05:59
(わくチャレ挑戦中)
私は私の人生の創造主なんですね。つまり、神。
そう、あなたもあなたの人生の創造主。神。
昨日の迷いが取れました。
いつもありがとうございます。
6. Posted by Happy   2005年08月23日 15:29
(わくチャレ挑戦中) 
相手も責めない そして自分も責めない‥難しいことだけど そんな風にできれば素敵な私になれると思えます 
7. Posted by じゅんこアーティスト   2005年10月29日 22:39
『ハンスの錯誤』始めて知りました。今日の記事のコメントを書くのは、なかなか難しいです。ものごとは自分が引き寄せている、ということなのでしょうか。
最近は比較的スムーズに、いろいろなことが進んでいます。周りの環境(人間関係)もありますが、自分が主体的に行動していたということなのだろうか(?)と不思議に思います。
半年以上野口さんのブログを読みつづけ、ワクチャレを行い、自分の行動が少しづつ変わってきた結果なのかもしれません。ずいぶんと色々な教えが身について来ていると感じています。
ありがとうございます。
8. Posted by miwa   2005年12月29日 17:45
(チャレンジ中)
自分が自分の人生を創り出している源である

自分も相手も責める事できませんね!常に自分に責任を持ちます!
9. Posted by 睦月   2006年04月24日 06:32
わくチャレ中です。

「ハンスの錯誤」私も初めて知りました。
でも、周りの顔色を見て、足を鳴らす回数を変えるなんて、ハンスは別な意味ですごい馬だな・・と思いました。

こちらのブログで紹介していただいている、「原因と結果の法則」も読みました。
今までの自分は何でも周りのせいにばかりして、「あの人がこうだから私はこうしかできないんだ・・・」
と、相手の態度中心でした。とても受身な生き方でした。
今は、少しずつではありますが、何か問題が起こったとき、自分のどの部分がこういうことを引き起こしているのか、考えるようになりました。
私は未熟なので、恐らく一生、いろいろな問題を引き起こすような行動を取ることでしょう。
でも、その度に自分を客観的に見つめて考え、改善する習慣ができれば、
きっとよくなっていくと確信しています。
今日もありがとうございます。
10. Posted by らく   2006年10月24日 13:52
らく@わくチャレ中です!

相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どの
ような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考える!

何度も繰り返し自分に言い聞かせています。
自分に何ができるかってところにフォーカスするんですよね!
相手や、自分を責めても解決にはならないですもの。

ある人から聞いた話ですが。

相手が悪いって思う心も、自分が悪いって思う心も、
両方とも自我だと・・・。

その時は意味が良く解らなかったのですが、ようやく、少しわかった気がします。

気付きが一杯のチャレンジ!ハッピー!

有難う御座います。
11. Posted by shino   2006年11月09日 19:44
こんにちわ、野口さん。

最近、私は“世界はその人それぞれを中心に回っている”と思います。
Aさんの世界はAさんが中心。
Bさんの世界はBさんが中心。
つまり、誰もがそれぞれの世界の中心にいるんです。
自分の人生の方向を決めて
楽しくするのもつまらなくするのも自分以外の誰でもないと思います。
そう考えると、主体的になれるんじゃないかなぁ。
どうでしょう??
12. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年02月28日 00:47
(人生はすべて自分の選択によって創られている。)とは
 
 自分の出した企画が多数決で退けられて、
他の方針に従わなくてはならなくなっても・・・
 
家の都合で、見合いの相手と結婚することになっても・・・

(すべては自分が引き寄せた人生)
という解釈でよろしいでしょうか。

自分の能力が最大限に発揮できる人生に、ぜひしたいです!

13. Posted by ゆこ   2007年03月05日 12:13
原因は相手にではなく自分にあるということですね?
「相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どの
ような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考える」
早速、ためしてみたいと思います。
14. Posted by chiyoko   2007年03月14日 13:01
ワクチャレ60日目。
「自分の人生はすべて自分の選択によって創られている」
ならば、楽しい方にいこう。楽しい事をしよう。楽しんでやろう。
15. Posted by れん   2007年03月28日 10:35
ワクチャレ中

昔は人の顔色をうかがう性質で自分の人生が無いような感じがしたものです。
それは当たり前で、自分の人生を創り出そうとしていなかったのですね。

人の感情などに敏感なのは、悪いことじゃないと思いました。
そこに自分はどうしたいのか。相手の為になるにはどうしたらいいのか。
それを足していきたいです。
その為には知識の女神の力が必要そうですが。
こちらで勉強したいです。
ありがとうございます。



16. Posted by みぱ   2007年03月28日 11:03
身の回りに起こっている全ての出来事は
私に起因しているのですね。

その重大さに心が押し潰されそうになります。
私に関わってくれた周りの人達に
どれだけのものが返せるのでしょうか。

悩んでいる暇はありませんよね。
自分のできることをひとつひとつ行動していく。
必ずやり遂げます。
あきらめません。
そしてそれを楽しみます。
17. Posted by マルチェロ   2007年05月15日 12:54
「自分の人生は、他人によって振り回されたりするものでは
なく、すべて自分の選択によって創られている」
何だかワクワクしてきました。
脚本・監督・プロデューサー・主人公”私”の人生ですね。
人のセイにはできないとキツイ所もありそうだけど、
だからといって自分を責めず主体的に毎日を過ごそうと
思います。
元気出てきました。ありがとうございます。
18. Posted by yammy   2007年05月20日 23:42
わくちゃれ中です。

被害者のスタンスは「無力な自分」をつくり、主体的なスタンスは「自己信頼」をつくる。そして結果がついてくる。。。
相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どのような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考える。つまり、正しいか正しくないかではなく、楽しいを考える、ということですね。

私は今回のテーマにずっと問題を抱えていました。相手の立場に立つ、ことをしつつも、自分の軸をもつ、ことのバランスの鍵は、自分を責めることをもしない!という点だと思いました。

考え方を変えて、バランスよく自然体で生きていきたいです。

今回もありがとうございました!

19. Posted by み〜ぶ〜   2007年06月07日 07:06
野口さん、おはようございます!(^o^)

子どもが馬のハンスにならないように
私が、飼い主のオステンにならないように、と思います。
でも、背景が変わると、私は、馬のハンスになっています。

>被害者から創造主にシフトした時、人の能力は最大限に発揮されます。

私の人生、もっとよくなりますね。信じます☆

それから、主体性を失っている人への質問、凄いですね。
いくつか、難しくて、答えられないものもありますが、
がんばって、自分と向き合いました。

今日は、わくチャレ、ワクワクしながらできました♪
お会いできたような気がして、ものすっごく、うれしいです!
季節はずれのクリスマスプレゼントをいただいた気分です☆☆
(07.06.07コメント)ありがとうございます(*^_^*)☆コウフンシテマス
20. Posted by 願いを実現☆   2007年06月25日 12:45
今の自分の課題にすごく一致していてビックリです!
私もすぐに<なんでわかってくれないの?><こうしてくれたら>と相手に求めてしまいがちです。。。そして自分もせめてしまう。。。

「もし、あなたにも原因の一端があるとしたら、何だと思いますか?」
「もし、あなたの行動が、その現状を変える突破口になるとしたら、何か
 らしますか?」
「あなたのどんな能力を高めたら、その状況を解説できますか?」
「あなたの影響力の範囲で何かできることがあるとしたら、何ですか?」
「相手が変わらないとしたら、あなたはどうしますか?」

 この質問を繰り返し、常に主体的に考えられるように努力しようと思います。
21. Posted by あきたん   2007年08月29日 23:45
そうですね。
うまくいかないことも、うまくいったことも、自分に起因していると信じること。

それは、自分のせい、という責めではなく、責任を引き受けるということだと思います。

考えてみれば、全てが自分に起因しているとすれば、自分さえ変われば全てを変えられるということですもんね。
そのことに対して重さも感じますが、希望のほうが大きいです。

「相手が変わらないとしたら、あなたはどうしますか?」
・・・自分が変わります。
22. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年10月24日 00:43
ハンスの錯誤=【自分が原因となって、相手にある行動を促しておきながら、その原因が自分であることに気付いていないこと。】
耳が痛いです。
自分の周りに起こることは、自分の行動や心の鏡なんですね。
自分を責めすぎないで、でも自分の選択によって、進んでいきたいです。

今日は、私の奇跡が始まった記念日です。
あれから一年、こんなに生き方が変わった年は初めてです。
どんどん幸せになっていきます。ありがとうございます。
23. Posted by み〜ぶ〜   2007年11月24日 19:52
野口さん、こんばんは。
私の心の中でどんな言葉をつぶやいているのかということがとても気になっています。それが表情に出たり、空気を変えたりして『ハンスの錯誤』をしていました。減点主義や完全主義で、自分をチェックしまったり・・今までと言ってることが違っていたり、思考がちんぷんかんぷんだったり・・今、とても混乱しています。
自分の人生の創造主として生きるには、とても勇気がいります。創造主にシフトできれば、ひょいと乗り越えられのかな。
「実践、実践(^_^)」と応援してくれている野口さんの声が聴こえます(^_^)
『人生を最高に楽しむ覚悟と勇気』を味わい、愛でています。いつもありがとうございます☆
24. Posted by ゆかりん   2007年12月07日 14:10
主体的な生き方、まさに自分がその事態を選択しているということをわかっているかどうか。ですね。
相手に流されたとしてもそれを自分が選択したのだと思えるかどうかで被害者かどうか変わります。
それに自分が被害者だと思っているとその気が相手になぜだか伝わるから不思議ですよね。
「これを私は選択しました」という意識をもつように心がけてみます。
25. Posted by ゆういち   2007年12月13日 13:10
相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どのような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?
そう考えると出来ることはたくさんありますね。
すばらしいです。
自分はどのような状態にしたいのか?
今の仕事を軌道に乗せたい。
安定的にお金が入ってくるようにしたい。
ビジュアリゼーションですね。
そのために出来ることは?
売上を上げる。店舗を増やす・・。
新たな収入源を確保する。
他にもいろいろありそうです。
ありがとうございます。
26. Posted by きき   2007年12月14日 22:00
5 私はつい自分が選んでいるというのを忘れがちで、被害者的な気分になる癖があるようです。
このブログを読んで、自分の選んだ人生をどう楽しく生きるか、よく考えたいと思います。
27. Posted by 未来   2007年12月19日 19:03
相手の顔色を伺って生きた結果、受身で被害者的な考えが身についているように思います。・・・。

わくチャレをはじめて以来、物事の捉え方・考え方を変わえようとしていましたが、久しぶりにわくチャレを再開したところ、頭では分かっていても実際は行動に移せていないことに気づきました。
今日の記事でまた気持ちが引き締まった感じがします。

>すべては自分が引き寄せた人生
>相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どのような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考える

私も自分の能力が最大限に発揮できる人生に、ぜひぜひしたいです!
28. Posted by ようこ   2008年01月20日 21:07
もし、あなたの行動が、その現状を変える突破口になるとしたら、何からしますか?」
「あなたのどんな能力を高めたら、その状況を解説できますか?」
「あなたの影響力の範囲で何かできることがあるとしたら、何ですか?」
「相手が変わらないとしたら、あなたはどうしますか?」
いつも笑っていて周りの人を幸せにしたい
被害者から創造主にシフトした時、人の能力は最大限に発揮されます。
能力を最大限に高めたい
29. Posted by minny   2008年01月23日 12:24
以前はとても悩んでいたことでした。
このブログを通して自分が主体者であることを学び
実践できつつあるからです。
暗い被害者的気持ちは、よくないことが本当に経験していてわかります。
「ハンスの錯誤」ちょっと私にはまだ、わかりにくかったので、勉強をしていくとわかってくると思いますので、がんばります。
ありがとうございました。

30. Posted by プー   2008年02月04日 11:44
 「ハンスの錯誤」ですか・・・
私はまさか相手がそう受け取るとは思わなかった的な失敗は本当に多いです。野口さんの鏡の法則のとうり相手が鏡になってくれているから気がつくのであって、そう考えるとありがたいです。選択理論の友人はそのことを『砥石になってくれている』と表現しますが相手も自分も責めない考え方ができた時はとても幸福感があります。ブログに参加させてもらって半年以上になって少しずつですがIam okと思えるようになりました、ありがとうございます。
31. Posted by マーガレット   2008年02月14日 08:48
野口さん、おはようございます。
いつもありがとうございます☆
気づきました! 私の人生は私が創りだしている..そのあとに、自分を責める言葉をつぶやいていました。
『相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どのような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考えるのです。』
はい、わかりました。建設的に考えていきます(^_^) 
どなたかが素敵な名言集(2007.12.27)で紹介してくださっていましたが、
女性の一生・・私も愛らしく80代を過ごせるように“今”を大切に積み重ねていきたいです。
あっ、でも80代になるまでに野口さんに会えますように・・
32. Posted by き   2008年03月18日 17:40
主体性を持つこと
に相対して
自分に原因があることに気づかず被害者意識を持つこと
があることが分かりました。

今日は父の問題行動に関しての家族会議になりそうなのですが・・・
今日のお話を心に留めて、冷静に話をしたいと思います。
33. Posted by てるね   2008年07月25日 11:34
被害者でいた方が楽、な自分がいました。
相手のせいにした方が、
自分は悪くないと思えるから。
他人に振り回されてばかりでした。
全ては自分次第なんですね。
主体的に生きる、自分で創る人生。
人生は自分の思い通りになる、
ってことなんですね。(^^♪
34. Posted by あゆ   2008年09月30日 23:40
「どのような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考えるのです」

相手の立場に立ったあとは、このように考えればいいのですね。
日常のイライラも、相手のせいにしていました。これからは、相手の立場に立って、現状をどうのようにしたいのか?そのために私は何ができるのか?を考えることにします。

ご指導ありがとうございます。
35. Posted by アーナンダ   2010年02月05日 18:23
>>
相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どの
ような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考えるの
です。
<<

読んでいるうちに
月日、時間という名の

に対して
傲慢な自分に気がつきました。

相談等をされると
焦ったり、急いだりしている自分に気がつくことが多いです。

相手に対して、
何が出来るのか?
を考えると、

『待つ』

という答え。

これが自分にとっては
非常にやりにくい行動となります。

ん〜〜
いつもありがとうございます。


ネット環境から
1週間ほど離れますが、
ワクワクチャレンジは
プリントアウトしたものを見ながら
毎日継続させていただきます。
36. Posted by 成長ゲームマスター   2011年01月25日 06:56
5 この部分が特に考えさせられました。

「相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どの
ような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考えるの
です。」

自分を責めることは、相手を責めることにもなってしまいますものね。
自己嫌悪に陥らず、問題を打開するために
建設的な思考ができるよう
トレーニングしていきたいです!

37. Posted by na7me7   2011年01月25日 08:37
起こること全て、自分が招いている。
答えは常に自分の中にありますね。

「もしかしたら、自分がこの状況を創り出しているとしたら、
何を変えたらいいんだろう?」

建設的な思考が出来るように
常に、この問いかけを自分にしたいなと感じます。

今日もありがとうございます!
38. Posted by リリィ♪   2011年01月25日 09:10
どのような状態にしたいのか?
そのために何ができるのか?
にフォーカスすると楽になりますね〜
胸に響きます。
ありがとうございます。
39. Posted by shige   2011年01月26日 02:50
僕も、

相手を責めるのではなく、そして、自分を責めるのでもなく、どの
ような状態にしたいのか?そのために何ができるのか?を考えるの
です。

ここが、一番心に残りました。

相手を責めないようにつとめると、どうしても自分を責めている
(または責められている)ような感覚になる自分がいました。

相手を責めないのはもちろんのこと、自分を責めずに現状を
見つめることがとても大切なんですね。

皆さんの意見がとても勉強になります。

ありがとうございます。

40. Posted by Maygreen   2011年01月27日 07:25
ノートに書いてあるのは、恐らく野口さんのお話からの抜粋だと思います。

「相手が悪いのでもない
 自分が悪いのでもない
自分が作った という事実。
自分次第で作りなおせるんだ ということ。
自分で自分を責めることではない」


この言葉に いつも救われています。
こうやって 書き出すことで
また 振り返ることができます。
コトチャレ! 
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=59604658&comment_count=12&comm_id=5412270

のマスター&nanaさん 学友の皆様
そして そして 野口さん。

ありがとうございます。

今まさに この言葉が響いています。
41. Posted by 進化   2011年06月01日 22:38
やはりどんなことが起きても、主体的な人生に生きた方が楽しそうだ^^

60日目ありがとうございました。
42. Posted by 山中一弘   2011年11月12日 04:43
>「もし、あなたの行動が、その現状を変える突破口になるとしたら、何からしますか?」

この質問に、心が止まりました。

この世界に起きている問題の全てが、
自分の行動や心の有り様に起因しているとしたら…、
自分の行動や心の有り様次第で、
この世界を変えることもできる。
そう思って、ワクワクしてきました。

まずは、今年の1月に始めてまだ終わっていないこのワクチャレを、
こつこつたゆまずゴールします。

野口さんいつもありがとうございます。

43. Posted by アーナンダ   2011年12月02日 14:11
アドバイスや
整体気功をやっている時、
相手の
問題・質問に
巻き込まれてしまっている時が
あります。

当然それに対する
こちらの問いかけも
囚われた範囲の
ものに
なります。

聞いている自分が
主体性をなくし
巻き込まれていると
良い流れができない。

>>
このように、「自分が原因となって、相手にある行動を促しておきながら、
その原因が自分であることに気づいていないこと」を『ハンスの錯誤』と
いいます。
<<
聞いている自分の主体性を
意識する。
大事だな〜

いつもありがとうございます。
44. Posted by hide   2011年12月15日 02:52
こんにちは。

対人関係などでうまくいかない時には、「原因は相手にある」という被害者意識に
自分自身がなっていないかどうかをまずは考えたいと思います。

被害者意識というのは様々なトラブルの原因となるものでしょうし、日頃から気を
つけていないと、だれしもが陥ってしまう考え方だと思います。

よって、うまくいかない場合でも相手を責めるのではなく、うまくいくようにするには、
自分自身が何ができるのかを主体的に考える事ができるように、様々な原因を作り
だしているのは自分であるという立場に立つ事を忘れないようにしたいです。

ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔