2005年01月08日

コーチングでEQを高めるアプローチ法(1)


ダニエル・ゴールマンによると、優れたリーダーの共通点は「EQが高い」
ことです。
彼の著書「EQリーダーシップ」(日本経済新聞社)には、EQの高いCEO
の方がそうでないCEOよりも業績を上げている、という調査結果も紹介さ
れています。

このEQの向上は、コーチングにおいても、しばしばテーマとして取り上
げられます。

ある会社の営業マネージャーをされているTさんにコーチングを始めた時、
Tさんから次のような話を聞きました。

Tさん「私の欠点は、すぐ部下に腹を立ててしまうことです。部下が結果
    を出せない時にも、腹が立ちます。部下が生意気な態度をとった
    りすると、カッとなって怒鳴りつけてしまいます。もっと寛大な
    上司になって、しっかり部下の話を聞けたらいいと思うのですが、
    どうしても感情をぶつけてしまうのです。」

Tさんは、「上から怒鳴りつけるやり方よりも、尊重心を持って接する方
が、部下のモチベーションも上がるし、信頼関係も築ける」と思っていな
がら、感情的になって部下を怒鳴ってしまう自分を変えることができない
でいたようです。

「感情のコントロール」は、EQの重要な要素の一つです。

このような問題を解決するためのEQ的なアプローチとして、とても有効
な方法が2つあります。



1つは、Tさん自身の中にある根本的原因を解決していく方法。
もう1つは、感情の健全な表現方法をスキルとして覚えて使っていく方法
です。

この両方からアプローチしていくとよいのですが、今回は前者の方法を紹
介します。(続きは明日以降に)


ではまず、Tさん自身の中にある根本的原因を見ていきましょう。

アルバートエリス博士のABC理論というのがあります。
ABCとは、次のことを指します。

A=Affairs(Activating Event)=出来事
B=Belief(ビリーフ)=思い込み、信じ込み
C=Consequence=結果、結果として起きる感情や行動

まず、出来事(A)として「部下が結果を出さない」とか「部下がTさん
に反発的な態度をとる」という出来事があったとします。
その結果(C)、Tさんが腹を立てたり、怒鳴りつけるという行動に出た
とします。

結果として起きた「感情(=腹立ち、怒り)」や「行動(=怒鳴る)」の原
因は何だと思いますか?

Tさんは、「原因は、部下が結果を出さないことです」とか「部下が生意
気な態度を取るから、私は腹が立つのです」と言うかもしれません。

しかし、Tさんの感情や行動の本当の原因は、それらの出来事ではないの
です。
同じ出来事に出会っても、腹を立てない上司もいるのです。

その出来事に対する、Tさんの「受けとめ方」「考え方」こそが、Tさん
の感情や行動を作っているのです。
そして、Tさんの「受けとめ方」「考え方」を作り出しているのが、Tさ
んのビリーフ(思い込み、信じ込み)なのです。

出来事(A)を、自分のビリーフ(B)というフィルターを通して受けと
めた結果、自分特有の感情や行動パターン(C)が起きるのです。
これがABC理論です。

わかりやすい例でビリーフについて考えてみましょう。
ある主婦Aさんの例です。

Aさんは、ある朝ゴミを出しに行きました。
そこで、ご近所の奥さん(Bさん)に会ったので、「おはようございます」
と挨拶をしました。
ところが、そのBさんは、Aさんを無視して、不機嫌な顔で去っていった
のです。

Aさんは非常に不安になりました。「どうしよう!私、嫌われてるんだ!」
Aさんは、その日1日過剰な不安とともに過ごしました。

そして翌朝、Aさんはゴミを出しに行けませんでした。
「また、Bさんに会ったらどうしよう!」と考えると、行けなかったので
す。

ここで、Aさんの感情(過剰な不安)や行動(ゴミを出しに行けない)を作
ったのは、近所の奥さん(Bさん)でもないし、その奥さんに無視された
という出来事でもないのです。
その出来事に対する、Aさんの受けとめ方が作ったのです。
そして、Aさんの受けとめ方の素になっているのが、Aさんのビリーフ
(信じ込み)なのです。

Aさんのビリーフを探った結果、一つのビリーフが見つかりました。
Aさんは、「人に好かれねばならない」と信じていたのです。
このビリーフは、「人に嫌われるべきでない」と言い換える事もできます。

「人に好かれねばならない(人に嫌われるべきでない)」と信じていたの
で、「人に無視される(人に嫌われる)」という現実に直面した時に、過
剰に不安になってしまったたわけです。

このように、Aさんの持っていた「人に好かれねばならない」というビリ
ーフは、人生で起こりうるいろいろな現実に対応できないことが分かりま
す。
客観的に「人に好かれねばならない」という文章を読むと、その内容が現
実的でないし、理にかなってないことも分かります。
このような非現実的で非合理的な思い込み(ビリーフ)のことを、アルバ
ート・エリスは「非合理的ビリーフ」と呼びました。

逆に、健全なビリーフ(合理的ビリーフ)は、「人に好かれるにこしたこ
とはない」という文章になります。
どこか、曖昧さ(ファジーさ)があって、融通が利くのです。
この合理的なビリーフを持っている人であれば、「人に好かれるにこした
ことはないけど、あら残念、Bさんには嫌われたのかもしれないなー」と
その場で健全にがっかりしたり、悲しい気持ちにはなりますが、1日じゅ
う過剰な不安に襲われることもないし、翌日ゴミを出しにいけなくもなり
ません。

「べき」や「ねばならない」という信じ方(ビリーフ)こそが非合理的ビ
リーフで、人生での悩みや問題などを作り出します。

人生では思い通りにならない事や人にたくさん出会いますが、それに対し
て「〜であるべき」で解釈しようとすると、パニックしたり、怒りを抑え
きれなかったり、過剰に落ち込んだりする結果になってしまいます。

以下に、「  」で挙げるのは、典型的な非合理的ビリーフです。
そのビリーフを持っていると、その下(→)に書いてあるような結果になり
やすいのです。

・「相手を不機嫌にするべきでない」
  →いつも相手の機嫌を優先して、自分が我慢をしてしまう。
   NOを言えない。断れない。(ノンアサーティブな生き方)

・「失敗すべきではない」
  →失敗を恐れて行動ができない。したがって、成功することもない。

・「私の配偶者は、私の生き方を理解するべきだ」
  →いつも配偶者に腹が立つ。なぜなら、実際の配偶者は、そうではな
   いことが多いから。

・「子どもは親に対して従順であるべきだ」
  →いつも子どもに腹が立つ。子どもの反抗が許せない。

・「部下は上司の期待に応えねばならない」
  →自分の部下が期待に応えないときは腹が立つ。
   また、自分の上司に対しては、期待に応えようと必死になる。上司
   の期待に応えられなかった時は、過剰に落ち込む。

これらの非合理的ビリーフを合理的なビリーフに書き換えることで、感情
のコントロールが楽にできるようになり、より主体的な行動が取れるよう
になります。
つまり、EQが格段に高まるのです。

ビリーフを書き換える心理手法としては、アルバート・エリス博士が開発し
た「論理療法」の他、アーロン・ベック博士の「認知療法」、それから、
交流分析(TA)の中の「再決断療法」などが効果的です。

今回は、論理療法の本を2冊紹介します。


「負けない自分」をつくる心理学―自分の中にある“本物の強さ”を引き出す法!



「自己発見」の心理学



さて、今日はここまでにして、明日に続けたいと思います。

(ブログ書き始めると異常に集中してしまって、ついついボリュームオー
バーになってしまいます。明日からなるべく、もう少し短めの記事にした
いと思いますが、できますかどうか・・・?)


  今日もひと押し(↓)お願いいたします!
    ★人気blogランキング
  ランキングへのご協力ありがとうございます。(野口)


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. メンタルタフネス強化法  [ 〜人事労務屋のつぶやき〜 ]   2005年01月09日 17:27
昨日の続きです。高杉尚孝先生の「メンタルタフネス強化法」について、簡単にご紹介したいと思います。 メンタルタフネス(MT)とは、考え方を管理することにより、コンピテンシーの持続的な発揮を促すプレッシャー管理能力のことです。すべてのコンピテンシーの基盤と
2. アルバート・エリスのABC理論  [ 自由自在にシステムを構築する者への道 ]   2005年04月28日 18:20
『性格は変えられない、それでも人生は変えられる。』 by アルバート・エリス 性格の基礎は、幼い頃から形成されちゃってます。 性格を変えた方がいいと言われても、そんなのスグにできないしぃ〜、みたいな... 性格曲げてまで自分を変えられなくても、人生は変えられるか

この記事へのコメント

1. Posted by こうき   2005年01月09日 00:11
ためになる記事をありがとうございます。
思い込みって本当に怖いなと思います。
僕も結構短気なのですが、確かに捉え方一つなんだなと感じました。
また遊びに来ます。
2. Posted by 人事労務屋・田代   2005年01月09日 17:36
野口さん、こんばんわ。
人事労務屋の田代です。おじゃまします。
貴ブログの内容、大変興味深いです。相互リンクさせて戴ければ幸甚です。この記事の後半部分に関連する私の記事をトラックバックさせて戴きました。宜しくお願い致します。
私も、人事担当者として、コーチングやメンタルヘルスの問題に興味を持っており、私のブログでも書いております。カテゴリーの中にメンタルヘルス、コーチングがありますので、お時間のあるときに覘いて戴ければ幸いです。
3. Posted by 野口嘉則   2005年01月09日 23:04
こうきさん
コメントありがとうございます。
そうですよね。捉え方一つですよね。
また、遊びに来てくださいね。

田代さん
コメントありがとうございます。
田代さんもコーチングを学ばれてるんですね。
今後も情報交換などよろしくお願いします。
4. Posted by 人事労務屋・田代   2005年01月09日 23:44
野口さん
ありがとうございます。私のブログにリンクを貼らせて戴きました。
今後とも宜しくお願い致します。
5. Posted by 野口嘉則   2005年01月10日 15:42
田代さん
こちらこそ、よろしくお願いします。
私のブログにもリンク貼らせていただきました。
6. Posted by EUREKA   2005年04月28日 18:23
アルバート・エリスでGoogle検索してたら、このブログに来ました。
とっても参考になりました。
Thanks!!!
7. Posted by 野口嘉則   2005年04月29日 23:33
EUREKAさん
コメントありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
8. Posted by イプログダイレクトの店長   2005年08月24日 04:57
(わくチャレ挑戦中)
言われてみると「ビリーフ」ってありますね。
特に「○○しなければならない」というのが
クセモノのようです。
私のビリーフを点検してみようと思います。
9. Posted by Happy   2005年08月26日 16:35
(わくチャレ挑戦中)
ここに来るようになってから 随分自分で心が柔軟になったと思えます
がんじがらめになって 身動きできなくなって息苦しい・・そんな時間がなくなってきました 「力を抜いて 力いっぱいの私でいる」 まだまだ 理想の私には遠いのですが Happyな時間が増えていくのを実感しています
野口さんや皆さんのおかげです 
10. Posted by 奈良NARA   2005年11月23日 17:53
フィルターが在るんですね。
人それぞれ感情の受け止め方が違うのはソレの影響だったんですね
私のビリーフももっとファジーにしたいものです。

本を色々と紹介して下さるんですね
是非読んでみたいと思いつつマダ読めてません
ボチボチ読ませて頂きます
11. Posted by miwa   2005年12月29日 13:39
(チャレンジ中)
ほんとに思い込みって怖いですね・・。
自分も結構レッテル貼ってる事あります。
自分が経験したことで自分の価値観的ビリーブを植えつけてしまう事など、
気をつけなければいけませんね!
いつもありがとうございます!
12. Posted by 睦月   2006年04月26日 07:04
わくチャレ中です。

私のビリーフは今日の例に出てきた主婦Aさんと全く同じです。
実際、私は同じようにゴミ出しに行けなかったり、
仕事を休んだり辞めたり・・・。そういうことの繰り返しです。
ちょっとしたことでものすごく不安になります。怖いんです。
随分と和らいできたような気もしますが、やっぱりまだ解放されてません。
自覚できたことでスタートラインに立てたようです。
これからゆっくりと変わっていきます。
今日もありがとうございます。
13. Posted by チューリップ   2006年09月28日 10:02
「鏡の法則」読みました。
自分が思っている以上に死んだ父親を憎んでいたことがわかりました。
中学生の時に父親が急死( くも膜下出血)した直後からいきなり全てが変わってしまい
マイナスの感情だけが膨らんで今になってしまったような気がします。
自分ではそんなつもりはなかったのですが、、。
どんな状況でも決めるのは自分の心で、父のせいではなかった。
次々に起こる出来事が処理できなくて、「父は家族の為に健康を保つべき」なんて
非合理ビリーフを作ってしまったのかもしれません。
8個のステップを踏みました。5を毎日実行しようと思います。
「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」も読みました。
私は「相手を喜ばせろ」のドライバーが強い気がします。
セルフトークがまだうまく纏まらないのですが、ゆっくり考えようと思います。
14. Posted by チューリップ   2006年09月28日 10:03
<続き>
あと、「自己発見の心理学」も読みました。
「考え方がツボから外れているから落ち込む。人生哲学の検討が足りない。」
自分のツボを探し当てるって難しいですね。
15. Posted by らく   2006年10月26日 18:02
らく@わくチャレ中です!

非合理的ビリーフいっぱい有りま〜す!
(EQノートで見つかりました、ってか知りました〜。)

V(^-^)V←ニコニコしてどうする!

少しずつ弱めていま〜っす!只今、絶好調で〜っすぅ。

何日か前に、尊敬する人にガツンと言われ、チ○ショーっ!て想い、
もう会いたくないって思ったりしたけど、もう大丈夫!

今自分に出来ることを、探せるようになっています(ちと、自分誉めすぎ!(笑))

これからも、点滴のように、絶え間なく、ブログを活用させて頂きます!

有難う御座います!
16. Posted by shino   2006年11月11日 21:16
こんにちわ、野口さん、
Belief(ビリーフ)=思い込み、信じ込みのフィルター。
確実に私の中にあります・・・。
特に“私が正しい”ってフィルターがやっかいな気ですね。
それでムダにイライラしたり悩んだりしちゃうのでしょうか・・・。
だとしたら、このフィルターがなくなったら
私の心は軽くなれそうです。
野口さんの紹介の本、探すぞ〜&読むぞ〜 。

新しい情報、ありがとうございます。
17. Posted by つねさん   2007年02月20日 15:23
人の好き嫌いも「ビリーフ=自分の思い込み」だといことをたくさんの本から知りました。その結果、嫌いな上司に対してもストレスをあまり感じずに対処できつつあります。
今日のお話では、「〜ねばならない」ではなく、「〜に越したことはない」という置き換えがすご〜く参考になりました。これでまた、気を楽に楽しく人生を過ごせます。ありがとうございました。
18. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年03月02日 01:14
「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」を読み、
自分を洗い出して、日々それなりに努力してきて 2ヶ月・・・
私にとってはとても長い2ヶ月でした。
毎日十数分の時間をとって、ブツブツ唱えたりもしてます。
意識をもって一日一日を過ごしているつもりです。

なのに期待するほどの効果が出ないので、自分をちょっと責め始めています。
ビリーフ・・・はやく書き換えたいです。
 嵜佑貿Г瓩蕕譴佑个覆蕕覆ぁ」
◆崋最圓話僂世ら、すべきではない。」
・・・・・・そんなワケないのは分かってる!!!分かってるのに!!!
がんばれ!がんばれ!がんばれ!!
これはきっと好転反応だ!
19. Posted by みぱ   2007年03月14日 09:55
私も非合理なビリーフが強いように思います。
書き換えようと意識的にしているときはいいのですが、
何か事が起きて、とっさに反応したときに起こす行動は
やはり非合理的ビリーフに縛られたままのようです。

まだまだ私は学びが足りない!成長が足りない!
ここに訪れるようになって自分の中では少しづつ
変わり始めている気がするんですが・・

周りにいいアウトプットができるようになるよう
続けていきます。
20. Posted by chiyoko   2007年03月15日 22:51
ワクチャレ62日目。
菊池さんのブログ、「楽しみながら、ズバ抜ける!」の「上を見て生きよう」の内容で紹介されている、ハワード・A・ウォルターの詩が為になりました。
21. Posted by 睦月   2007年03月16日 06:24
ワクチャレ中です。
前回のコメントを読みながら、
相変わらず、ビリーフに振り回されることがあります。
でも、今は自分のビリーフに殊更執着しないというか、
それはそれで、大切な私の一部として、受け入れていこうという
気持ちになっています。

ビリーフに囚われることはあるのですが、
囚われている自分を、「ダメだ」「変えなければ」と思うと
余計に泥沼にはまっていくようです。
どんな自分も、まずは、受け入れていきます。
22. Posted by あや   2007年03月21日 21:21
越したことはない

て思えるようになりたいですねっ
23. Posted by ゆこ   2007年05月04日 22:00
しばらくここのブログからはなれていましたが、また舞い戻ってきました。
今日からまた一日一日こつこつ続けたいと思っています。
さて、今日のお話ですが、私もなかなか自分の価値観を変えることが出来なくて、もう一年になるでしょうか、同じところでぐるぐるととどまりながら悩み続けています。
で、私のビリーフに反する人と衝突が耐えないのですが、私の考えのほうが常識的という思い込みから離れなれず、ということは、非合理的ビリーフに縛られたままなのでしょうね。。。
24. Posted by み〜ぶ〜   2007年06月09日 08:46
野口さん、ありがとうございます☆

人間関係で、毎回、同じことの繰り返しで、
これは、きっと、小さい時からの何かが原因かなと思ってました。
野口さんのブログで、初めて「ビリーフ」を知りました。
Aさんのゴミ出しの話は、とてもわかりやすいです。
「・・にこしたことはない。」のあとに
「そんなふうに思う人もいるかもしれない。それはそれで、しかたがない。」←どこかで読んだ、野口さんの、どなたかへのコメントのお返事が、とてもいいヒントになっています。何かあるたびに、自分に言い聞かせると、随分、楽になります。幸せになれる魔法の言葉ですね。ありがとうございます☆☆
私には、非合理ビリーフがたくさんあります。
「相手を不機嫌にするべきでない」と同じかもしれませんが
"どんな時も、笑顔でいなければならない"
これは、つらかったです。
25. Posted by み〜ぶ〜   2007年06月09日 13:16
野口さん、追伸です(^_^;) さきほどの・・
「そんなふうに思う人もいるかもしれない。それはそれで、しかたがない。」
↑(2005年2月10日の記事のコメントへのお返事でした。)
この時の野口さんの言葉とは違いますが、
私なりに、私の中で、いろいろ応用させていただいています。
ほんとに、救われます☆ありがとうございます。



26. Posted by あきたん   2007年06月26日 22:25
「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」をずいぶん前に購読したときは、「努力しても、変われない」と自分が思っていることに気づいたのですが、よくよく考えると、これは非合理的ビリーフではないですよね。
時間をおいて、改めて今回の記事を読むと、「私は、変わらねばならない」が非合理的ビリーフなんだな、と思いました。
自己受容ができていないということでしょうか・・・。
今の自分じゃだめだ、もっとこうならなきゃ。
思い起こせば、ずっとそうやって生きてきた気がします。ありのままの自分を、もう少し愛してあげたいです。
27. Posted by 願いを実現☆   2007年06月28日 12:42

私は主婦Aさんの状況になりがちです。
Aさんのようにゴミをだせなくはならないけど、
無視されるのはすごくイヤです。
特に自分が好意を持ってる人に対して。
なんとも思ってない人には割り切れるのですが、
好意を持ってる人に無視されると
悲しい気持ちがずっと続き、復活が大変

この非合理的ビリーフ はなんなのでしょう?
昨日からずっと考えてわからず 
きょうやっと書きましたがまだ???(苦笑)

無視されてしまうのは仕方がないのかなぁ
相手にも好みがあるんだし。。。

28. Posted by じゅんこアーティスト   2007年07月14日 06:58
無視されることは、人間にとって最大級の恐怖(ちょっと表現方法が違って
いたかもしれませんが)とマナーに関するコラムで読んだことがあります。
それを知ってビックリしました。無視される不愉快さは、たくさん味わって
きましたが、人間にとってそれほどひどいことだったんだ、と知ったので
す。(どこかで同じコメントを書いた気がします)

そのことに対しては充分気をつけるようにしています。自分が相手に失礼に
ならないように注意はしています。長年生きてきて、かなり図々しさもそな
わってきていますので、無視されてもいちいち気にしないことにしています。
「人に好かれるにこしたことはない」がそうでない場合もあるのはあたりま
え、しかし、時には「失礼ね!無視しないでよ!!」と言いたくなります。
まだまだ人間できてません。(^_^)…
29. Posted by aoiumiaruku-v.v   2007年10月26日 23:38
「人に好かれるにこしたことはないけれど、 
 あら残念、Bさんには嫌われたのかもしれないな〜。」
このフレーズ、なんだか気に入りました。^^
こだわりがなくって、くよくよしてなくって、
楽しむことを一番に味わえる生き方だな〜って思いました。
「柳には雪が積もらないので折れない」
という喩えを思い出しました。
気に障ったり、うじうじ悩んだり・・・
自分のこころなんだから、自由に解放したりワクワクさせたりできるはずですよね。
「みるみる幸せになるにこしたことはないけれど、
 あら残念、いいものほど時間がかかるのかもしれないな〜。」
過程をたっぷり楽しんで、幸せな成功を手に入れますね^^
30. Posted by 蓮きち   2007年11月08日 09:06
「○○にこしたことはない」
を口癖にしようと思います。

なんだか自分の中の可能性が、育ってきている気がします。
いままで、非合理的ビリーフが原因で縮こまっていた心と体が、
もっともっと太陽の光を浴びたいんだ〜
もっともっと羽をのばしたいんだーーって感じ。

主体性を高めれば、他人の意見や感情に振り回されなくて済みますね。
他人に嫌われるにこしたことはない。
それに、友好的な関係に改善できないことでもないし。

明日も楽しみだなー
31. Posted by み〜ぶ〜   2007年11月26日 16:21
野口さん、こんにちは。
私の人生の妨げや成功に対するビリーフもたくさん出てきます。
わくチャレの「言葉」「環境」「行動」の力をやってみて、無意識に思い込んでいたことが信じられないくらい、いっぱい出てきますが、自分のマイナス面ばかりにとらわれずに、できていることにも意識を向けてみようと思います。
訓練という言葉は私には無関係だと思っていましたが、訓練の大切さを感じています。
『これらの非合理的ビリーフを合理的なビリーフに書き換えることで、感情のコントロールが楽にできるようになり、より主体的な行動が取れるようになります。』
はい(^_^)、ありがとうございます☆
32. Posted by ゆういち   2007年12月17日 17:10
「べき」や「ねばならない」という信じ方ってすっごくたくさんある気がします。
これはぜひとも合理的ビリーフに書き換えたいですね。
そのやり方は、本を読めば分かるということですね。
今もここの読みかけの本がありますが、フォトリーディング学んだ方がいいのかな?
とにかく早々に合理的ビリーフに書き換えるようにいたします。
ありがとうございます。
33. Posted by 未来   2007年12月23日 14:03
>「みるみる幸せになるにこしたことはないけれど、
 あら残念、いいものほど時間がかかるのかもしれないな〜。」
過程をたっぷり楽しんで、幸せな成功を手に入れますね

この表現いいですね。
私も日々、自分の信じ込みや考え方、ものの捉え方を意識してはいますが、なかなか思うようには変われずにいます。でもこうやって色々考えながら、自分を大切に、前を向いて生きていることが重要なのかもしれません。

このブログに出会えて、ほんとよかったです。
今年後半からお世話になり、どれだけ心の栄養を頂いたことか分かりません。
自分を否定せず、まずは自己受容を目標にして、これからも一日一日を大切に過ごしていきたいです。
ありがとうございます。
34. Posted by マーガレット   2008年01月21日 09:08
野口さん、おはようございます。
毎日、野口さんの言葉に触れているおかげで、私の中で、言葉にできていなかった非合理的ビリーフが知らない間に(?)書き換えられています。いろんなことに興味が出てきました。自覚できているものは、私の言葉が厳しいからでしょうか、まだ書き換え中です。
野口さんの言葉の力はすごいです☆

>・・どこか、曖昧さ(ファジーさ)があって、融通が利くのです。

中庸な心になって、そんな言葉で話ができれば自分にも他人にも優しくなれるような気がします。
ここは、わくチャレメニューですね。心のふるさとに帰ってきた気分です。
ありがとうございます(^_^)
35. Posted by minny   2008年01月31日 13:27
わたしも人に好かれようと思っているところがありました。Aさんのようなこと自分にも思い当たりますが、
無視されるのも自分にも少し原因があるように思いました。それでもいやな気分で落ち込んでしまうので、
これからは、ファジーな気持ちで良い意味で曖昧に
なるのもいいと思いました。

そして、どんなことでも相手にいい感情でいることも
忘れないでいようと思いました。
有り難うございました。
36. Posted by ようこ   2008年02月03日 16:26
「人に好かれねばならない」
健全な合理的なビリーフ(合理的ビリーフ)は、「人に好かれるにこしたことはない」あら、残念どこか、曖昧さ(ファジーさ)があって、融通が利くのです。
これが、私に必要な事


非合理的ビリーフを合理的なビリーフに書き換えることで、感情のコントロールが楽にできるようになり

「負けない自分」をつくる心理学―自分の中にある“本物の強さ”を引き出す法!の本を読んでみたい
37. Posted by き   2008年03月20日 19:35
〜すべき、〜ねばならない
この言葉が常に私の考えの中にあることに気がつきました。
曖昧なことがダメだと思わず
やわらかく受け止められる人になりたいです。
38. Posted by てるね   2008年07月27日 10:42
「ねばならない」を「こしたことはない」
にするだけで、随分違いますね。
>感情のコントロールが楽にできるようになり、
より主体的な行動が取れるように…
なれそうです!(^^♪
39. Posted by あゆ   2008年09月19日 22:12
読み応えがあるブログをいつもありがとうございます。

そして、たくさんの本の紹介もありがとうございます。

いつも楽しみに読んでいます。
40. Posted by アーナンダ   2010年02月13日 18:36
2月7日にこの文章を読む前。
ある年上の方に強い口調で注意してしまいました。

今回の記事から、
B=Belief はじっくりとやり続ける。
C=Consequence はすぐ起こせる行動が思い浮かびました。

今日は13日。
早速その方のところに行き、自分にできることをやってきました。
喜んでくださいました。

いつもながら
非常にタイムリーでした。

いつもありがとうございます。
41. Posted by aoiumiaruku-v.v   2010年08月19日 16:52
5
3年前に私自身が残したコメントで笑ってしまいました。
「みるみる幸せになるにこしたことはないけれど、
 あら残念、いいものほど時間がかかるのかもしれないな〜。」
本当にそのとおりだと今でも思います。

(真面目さ)が(堅さ)になっていて
窮屈がっていたように思います。
おかげ様で、今はだいぶ軽くなれるようになりました。
本当に感謝しています。ありがとうございます。
42. Posted by 成長ゲームマスター   2011年01月08日 06:37
5 自分の中にも、まだまだ「〜〜するべき」が内在しています。

どんどん、ファジーに変換したいと思います!

今このタイミングで、この記事を読めたことに感謝します!
43. Posted by リリィ♪   2011年01月08日 20:52
野口さんありがとうございます。
お陰様で、白黒はっきりさせたがる二元論的見方を手放すごとに、どんどん楽になりました。
野口さんと学友の皆さまにあらためて感謝です。
44. Posted by Maygreen   2011年01月09日 06:35
「べき」や「ねばならない」という信じ方(ビリーフ)こそが
非合理的ビリーフで、人生での悩みや問題などを作り出します。
 
 健全なビリーフ(合理的ビリーフ)は、「人に好かれるにこした
ことはない」という文章になります。
どこか、曖昧さ(ファジーさ)があって、融通が利くのです。
 BY 野口さん

1月8日 玄侑宗久氏 の「荘子に学ぶ両行という生き方」の講演会で
以下のようなお話がありました。

 どっちでもいい 
「仏祖乞命」 ぶっそめいをこう → 仏祖がいのちごいをする
 ゼッタイのものは この世にはない
   そのときによって 変化することがある。

日本書紀には 「死」という言葉が無く、
古事記には 「去る」 とあり どこかに行って帰ってくる思想。
生と死の 二元論ではなかった。 仏教で初めて死がでてくる。

日本人は 本来 いい加減さ 矛盾を愛する性と言い換えてもいい。 
急がば回れ と 善は急げ   どちらも使う。
これらの言葉は 直感的に取った行動を肯定し前進するためにある と。

したにこしたことはない と、
言葉を意識して変えながら それを無意識になるまで習熟させる。
自分の中にある いい加減さも みとめてあげられそうです。
「ゆるゆる」で
45. Posted by na7me7   2011年01月10日 17:13
「感情のコントロール」は、本当に難しいですよね・・

時間を置いて、自身の中でよくよく考えてみると
どんな気持ちから湧いてきた感情なのか
少しずつ分かるようになってきましたが・・・・

出来事が起こって直ぐに
感情がコントロール出来ているか・・っていうと
まだまだ未熟です。

合理的なビリーフへの書き換え・・私も
もっと、どんどん書き変えていきたいです 。

最近の私、トコチャレをやったかどうか?
ちゃんと自分の行動管理表に
チェックできるようになってきました(^^)

仕事の休み時間利用したりして、なんとか
ついてってます(^^)

とても刺激を受けています。日々感謝
46. Posted by shige   2011年01月19日 01:15
自分の非合理的ビリーフの問題とはいまだに奮闘中です(笑)

仕事のいろんなところで、顔をだしてきます。

その度に、「あ、今非合理的ビリーフにとらわれてる」って
心を落ち着かせて頭を整理してます。

自分のビリーフに気付けても、なかなか思い通りに
ゆるゆるできなくて困っておりますが、
それでも前進しているということで良しとしたいです。

こうやって、改めて記事を拝見すると、あらためて
その大切さを思い出させて頂けます。
感謝です。



47. Posted by 進化   2011年06月07日 08:35
ねばならないがストレスにつながってるんですね。
受け取り方を柔軟に変えていこうと思います^^

62日目ありがとうございました。
48. Posted by 四ひきのこぶた母さん   2011年08月02日 09:46
今日も、ありがとうございました。

子供は、親に対して従順であるべきだ。
私の考えは、正しい!
と、言う非合理的ビリーフに囚われていました。

何でも、正か悪か!白か黒か!
自分には甘いのに・・・
人に対して曖昧を許さない
嫌な奴です〜

自分を見つめ直す機会を
ありがとうございます。

49. Posted by アーナンダ   2011年11月14日 10:56
「私の配偶者は、私の生き方を理解するべきだ」
  →いつも配偶者に腹が立つ。なぜなら、実際の配偶者は、そうではないことが多いから。

わかって欲しい
と思うことで
人生に不具合が出ています。
最近頻発していまして、
考えておりました。

いつもありがとうございます。

50. Posted by 山中一弘   2011年11月14日 16:40

いろんな非合理的ビリーフを並べてもらうことで、
優しい気持ちになれます。

自分の中にある非合理的ビリーフ以上に、
自分が気にもとめていないようなことで、
たくさんの人が捉われて辛い思いをしているんだと
改めて気づくことができました。

些細なことでも、傷ついている人がいる可能性を、
自分自身の捉われにならない程度に気にしていきたいと思いました。

今日もありがとうございます。
 


51. Posted by hide   2011年11月23日 10:38
こんにちは。

ボリュームオーバー大歓迎です。

ビリーフについては、自分から派生する様々な問題の原因である事に
気付きました。

非合理的ビリーフを合理的ビリーフに書き換える為には、プラス思考
で何事も捉える事が大切なのかなと思いました。

ビリーフはその人の行動のきっかけとなるものですので、
非合理的ビリーフで突き進むと怖いなと感じました。

今後、怒りや問題が発生したときには、相手よりも、まずは
自分自身のビリーフについて意識を向けてみたいと思います。

ありがとうございました。
52. Posted by 成長ゲームサポートマスター   2012年04月13日 23:29
5 非合理的ビリーフ・シャドー・嫌い・苦手etc
一見、ネガティブでよくないものに見えそうですが
どれも、自分を磨き上げるもの・境界線など
自分を知るためには欠かせない、宝のようなものだとも思えますね。

ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔